https://fx-dakar.com

FXと外国為替について

FXで大事なことはみんなスラムダンクから教わった

投稿日:2019年7月8日 更新日:

そんなこともないか。笑 いきなりタイトルに突っ込みですが(^^;) ただ、ぼくはもうこのバスケットボール漫画以上の漫画はこの先でてこないんじゃないかと思っている人間でして。今回の記事は、国内すべての1980年代生まれ男性のブログ読者さんに贈る、珠玉の大作として書き上げてみました。笑

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

スキャルピングはPGが有利?

まず、いきなりですが白状させてください。

じつはたまにつぶやくこれは、ただ単にこの宮城のノールックが好きなだけでツイートしてるんですよ。笑

なんかちょっと、それとなく無理矢理FXの話にこじつけたかったからこんな内容になっているのであって。

べつに元ポイントガードのスキャルパーは成績が良い、みたいな話じゃないです。

あ、もちろん意味のない話じゃないですけどね。

複数通貨ペア同時監視をしていると、実際に間接視野を働かせているなって感じるときはあるので。

複数通貨ペア同時監視っていうのは、さまざまな通貨ペアのチャートを同時に展開して見ることです。

たまに誤解する方がいますが、マルチタイムフレームではありません。

簡単に複数通貨ペア同時監視の環境を見る方法としては、ヤフーファイナンスですよね。

ヤフーファイナンスは、ぼくもたまに出張の時とかに見てます。

ゲートボールで目覚めよう

このツイートなんかは、新装再編版の表紙の1コマです。

おそらく、この場面はゴール下のシュートを即席の練習で身に着けようとしていた時に、ストバスのコートで1人で練習しているところなんですよね。

武里戦当日の朝かもしれませんね。

この時もそうですが、合宿シュート2万本のエピソードも含め、徹底的な反復練習って、単純だけどかなり効果的なんですよ。

もちろん、バスケとちがって、為替相場は常にゴールの位置が変動します。

環境が常に変化していますからね。

でも、そういう中でも、しつこくトレードをし続けることで、日々の時間帯ごとの特徴なんかはなんとなく把握できるようになっていくんです。

合宿中に桜木は、大楠から「縦にズレるのはいいが、横にズレるのはダメだ」と言われています。

何が良くて何がダメなのかがわからなくなります、とつぶやいたのは、じつはこのへんからの引用です。

どんなセリフを叫びたかった?

ところで、週刊ジャンプでスラムダンク人気が全盛期だった時、当時の小学生はどんな言葉を一番多用していたと思います?

これはシチュエーションによっていろいろあるんですよね。

ぼくなんかは、休み時間にバスケやりすぎて、そのまま中学校ではバスケ部に入部したという、とてもわかりやすい当時の王道ルートを歩んでました。

なのでここでは、実際に休み時間にバスケをしていた時という前提で書きます。

これ、やっぱり「スラムダンク!」と言いたいところなんですが、そうはいかないんですよね。

リングに手が届くわけがないので。

じゃあ、現実的なやつとして、「庶民シュート(レイアップ)!」とか、「合宿シュート(ジャンプショット)!」とかって叫ぶのかっていうと、じつはそうでもないんですよ。

もちろん、君が好きだと叫びたいわけでもありません。

このへんはやっぱり真剣なんですね、シュートを入れることに。

だから、全然真顔でシュートするんです。

真剣に、真顔で、無言で、ですよね。

マグレだとしても

そして、「その言葉」を発するのが、まさにこの後。

はずれるんですね、だいたいのシュートは。

まぁ、小学生なんてそんなうまくないですからね。

その時に当時、一番よく叫ばれたのが、「自らとーる!」です。

これ、全国的にも、けっこう当たってるんじゃないかなと思うんですよね。

まさに隠れた名言だと思っています。

やっぱり、特に完全フリーで真剣に打ったシュートなんかが外れたりすると、ちょっと恥ずかしいわけですよ。

そういう時にお道化て自分からリバウンド取りに行くシーンなんかでは、ちょうどいいセリフだったわけです。

もちろん、ぼくもよく言ってました。

もう、リングに触れるまでは祈り倒しているわけですからね、「入れ!」という気持ちで。

それこそ、入る前から三井ばりにこぶしを高々と上げていたりするわけです。

やっぱり、スウィッシュの3ポイントなんかは、入ると気持ちがいいですからね。

マグレだとしても。

劣勢のときにこそ

ぼくがスラダンの言葉で好きな言葉って、いろいろあるんですが、なんだかそんな中でも多いのが、劣勢の時に発せられる言葉なんですよね。

これは、特に励ましや慰めの言葉ってわけじゃないです。

そうじゃなくて、自身を奮い立たせたり、「この野郎、気合で乗り切りやがれ!」というような類の言葉で。

この清田の言葉なんかもそうですよね。

普段はむしろ「嫌いなやつら」の部類に属する流川、桜木に、しびれを切らして言い放つ場面がココです。

山王戦ですよね。

清田の名前って信長なんですよね。

井上雄彦は絶対日本史が好きですよね。

ブザービーターの主人公もヒデヨシですし。

FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

FXで、全然稼げない状況をなんとか打破するには、4つほど選択肢があります。

劣勢のときには、この記事に書かれている4つのうちのどれかに舵を切ってみるといいかもしれません。

このまま引き下がるわけにはいかないときには、ぜひ参考にしてみてください(^^)

河田雅史は住む世界が違う

劣勢のときにもがく場面描写で好きなところのひとつが、赤木の対河田の戦いです。

河田に1対1で遮二無二挑んでいかないと湘北は負けると思っていた赤木が、試合中に自ら方針転換に至った流れは、結果的に湘北に再度流れを引き寄せました。

「その時点」で本当にその選択が最良なのか?っていうのは、誰にもわかりませんよね?

これは、スポーツでもFXでも同じだと思っています。

ひょっとしたらあのままがむしゃらに河田に挑み続けても、1対1に勝つ回数がだんだん増えていったかもしれないじゃないですか。

偶然だとしてもです。

もしそうなったら、三井にスクリーンをかけて3ポイントを打たせるよりもそっちのほうがよかったかもしれないわけです。

どうしても3ポイントは確率が低いですからね。

FXも同じで、負け続けている現状を変えるための方法は、必ずしもみんな同じ方法とは限りません。

ただ、ドル円だけにこだわりを持っている方に関しては、ぜひこの赤木の記事は読んてみていただきたいです。

億トレーダーなんて、住む世界がちがうんだ、なんていつまでも思っているだけじゃ、いつまでたっても進歩はありません。

意外と、「まず打ち壊すべき壁」は、ドル円トレーダーとしての変なこだわりだったりするんですよ。

スラムダンクを知らない方々へ

スラムダンクを知らないっていう人は、ぜひとりあえず読んでみてください(^^)

なんだかんだ言っても、この漫画はバスケットボール漫画です。

まず普通に読んでみて感じるのは、きっと「筋肉の描写がうまいなぁ」とか、そういうあたりだと思います。

そうやって絵だけを見ていくだけでも、だんだんストーリーに引き込まれていきますし、そうなってくると、最終的にはやっぱり場面場面での言葉が深く印象に残るようになっていくんですよ。

これは、多くの読者がこれまでそうなっているので、まず間違いないと思います。

メガバンク勤めのHくんみたいに、池上も仙道も知らない人が増えているのが現状ですし、そういう意味ではわりと世代的にピンポイントで有名な漫画、みたいな感じにもなってきています。

だからこそ、ぼく的にはこうして記事も書いてみたんですよ。

良さを伝えるために、ですよね。

スラムダンク以降のバスケ漫画は、バスケットボールの試合が表現されるにあたっては、少なからずスラムダンクの描写の影響が見てとれるんですよね。

このへん、やっぱりすごい漫画なんですよ。

こういうことを言うと、自分もトシとったなぁと思いますが。笑

まとめ

さて、いかがでしたか?

そういえば、山王戦で「あきらめの悪い男」と答える三井は、安西先生の名言、「あきらめたらそこで~」があったからこそのセリフかもしれない、なんて、意識したことあります?

単に松本に対してカッコつけただけではないと思うんですよね。

ぼくなんかは、「うえっぷ」の極限状態になっているからこそ、三井は自然に「あきらめたらそこで~」を思い出しているんだと考えているほうです。

この漫画に関しては、スラムダンク勝利学という本も出されているくらい、勝負に勝つことに関して本当に至言が多いんですよ。

この本は、スポーツ心理学の本ですね。

同窓で、ベンチャー企業でバリバリ役員やってる友人なんかも、スラムダンクの言葉を糧にしていたりしますからね。

今、ようやく日の目を見るようになった世代に、じつはスラムダンク通は多いです。

今回はちょっとFXからは遠い話題でしたが、スラムダンクの影響力って、かなりのものがあると思っています。

それこそ、ファンドトレーダーKさんのちょっとした野望みたいに、スラムダンクバーみたいなお店が今後ちょこちょこできてきても、全然おかしくないですからね。

財を成したスラムダンク世代が、今後どんな投資をしていくのか?っていうのは、ちょっと見物だと思っています(^^)

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXと外国為替について

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.