https://fx-dakar.com

FXと外国為替について

都内某所にてFX攻略.comエビサワ編集長と密会?!

投稿日:

※この記事は、FX攻略.comエビサワ編集長に取材いただいた時の雑談をメインに構成しています。尚、取材の内容に関しては↓こちらになります。

大手企業為替担当Dakarさんに仲値公示トレードを聞いてきた!

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

多忙なFX攻略.comエビサワ編集長

エビサワ編集長
さて、こんなところですかね、取材でお聞きしたかったことは以上ですよ。
Dakar
ふー、毎度緊張しますね(^^;)
エビサワ編集長
今日は帰宅後、トレードされるんですか?
Dakar
そうですねー、折りを見て入れたら入ろうかなとは思ってますが。
エビサワ編集長
相変わらず精力的ですね。
Dakar
エビサワさんこそ、ちょっと痩せました?
エビサワ編集長
心労ですかね。笑 まぁいろいろあるんですよ。
Dakar
いろいろですか、気になりますね。笑 出版関係の方ってわりと朝遅く出社して夜も遅くまで仕事されてるようなイメージがありますが。
エビサワ編集長
夜は遅いですが、朝もわりと普通ですね。8時くらいには会社着いてます。そうじゃない時もありますけど。
Dakar
なるほどですね。ちょっとだけ大変さがわかった気はしますね(・・;)

FXだけではない専業スタイル?

エビサワ編集長
まぁでも、取材で専業トレーダーの方と話したりすると、専業の方ほどではないですよ。専業でFXしてる方は文字通り寝る暇がないらしくて。
Dakar
なるほど。
エビサワ編集長
Dakarさんは専業で寝る間を惜しんでやってるトレーダー仲間の方なんかはいるんですか?
Dakar
ぼくはそういう人脈はほぼないですね。
エビサワ編集長
あ、そうなんですか、それはちょっと意外です。
Dakar
会社員を辞めた、というトレード仲間は一定数いますが、みんなFXだけではないんです。元々の職場で築いた人脈で仕事をもらっていたり、事業を起こしていたり、安定した不動産収入を得ていたり、という感じですね。
エビサワ編集長
なるほど。そういう中で、FXもやっているという感じですね?

Dakar
あくまでFXを中心にしている人はいますけどね。ただ、FXだけというスタイルでは収入が安定しないことをよくわかっているから、そういう方は、最低限の生活のための収入源は確保しているということが多い、ということです。そうするからこそ、相場に挑んでいける、と。

エビサワ編集長
はい。

Dakar
そういうスタイルの方は、あくまで「安定しない」というだけで、微々たる数字でもけっこう確実に自己資金を増やしているので、さすがだなと思っています。1か月単位とかであれば、マイナス収支がほぼないですからね。
エビサワ編集長
それはすごいですね。

ポンド1か月分を考える?

Dakar
すごいですけど、このややディフェンシブなスタイルでさえ、実現しつづけていくためには、相場分析のための時間がかなり必要になってきますけどね。
エビサワ編集長
そうなんですか。

Dakar
仲間内でも、情報を得るためだけに輪の中に入ってくる方もいますが、そういう方は大抵は長くは持ちません。売買のタイミングの情報を得る→トレードする、だけのサイクルは、楽そうですが、見る人が見れば、もう破滅に向かって行っているようにしか見えないんですよね。

エビサワ編集長
厳しい世界ですね。

Dakar
副業であればまだ大丈夫かもしれませんが、こういう「FXだけではない専業スタイル」の場合、絶対的に自身の分析が必要になります。そういう方のアウトプットは、やっぱり毎回一見の価値がありますよね。
エビサワ編集長
なるほど。

Dakar
そういう人たちのアウトプットって、もはや、「ヨコのつながりへ情報提供することで自分も情報を得たい」みたいなせせこましい目的が微塵もないんですよね。「ちょっと今日はポンド1か月分を考えようぜ。」みたいな話にも、よくなります。

エビサワ編集長
そうなんですね。

Dakar
ちなみに、そういう人達のスタンスは、圧倒的にレンジ狙いが多いです。ここは、かなり特徴が出ているところだと思っています。日本人トレーダーは、国内でFXが解禁になったあと、大きな相場変動で揉まれたトレーダーが多くて、そういう中でレンジ狙いにこだわりを持つようになっている方が多いですね。

FX攻略.com掲載の真の理由

エビサワ編集長
なるほど、そこを考えていくと、いわゆる「毎日仮眠は2~3時間程度で、風呂の時間以外は全部トレード。食べてるときもトレード。」みたいな人は、そのさらに上を行っているってことですね? 相当に「勝負をかけてる」感じ?
Dakar
そうですね。ただ、専業トレーダーも行き過ぎると、人と話すよりチャート見てたい、みたいになるんですよね。ぼく的には、そういう感じもちょっとなーという思いがあって。
エビサワ編集長
なるほど。

Dakar
ぼくも一時的にですが、専業を考えたことがあったんですが、こういう方みたいな専業トレーダーになりたい、というような人物像になかなかぶちあたらなくて。やっぱりそういう「一世一代の判断」って、強烈な具体像がないとなかなか踏み切れなくないです?

エビサワ編集長
専業を考えたことがあったんですか。

Dakar
2日くらいで、考えることをやめましたけどね。笑
エビサワ編集長
そうなんですか。笑 でも言ってること、わかります。脱サラして起業するみたいなものですからね、専業は。
Dakar
そうですそうです。だから副業、という感じで。つまりぼくの場合は消去法ですよね。
エビサワ編集長
副業っていうワードは2018年後半あたりで、かなりホットだったんです。なので弊誌としても、「副業でFX」という枠をつくって、時代の波に乗ろうと。だからDakarさんにも「副業トレーダー」という肩書で登場していただいたんですよ。
Dakar
そうだったんですねー。副業へのこだわりは、FX初心者さんへの説明にも一定の説得力を付加できてると思ってます。初心者さんは絶対に生活をかけてFXしちゃダメですからね。

有効な人脈の築き方とは

Dakar
よく人脈ってどうやって築けばいいんですか?という質問をいただくんですね。じつは、ぼくにとって仲値公示FX戦略って、結果的に人脈が広がったパターンも含めて、人脈構築においてキーになったものなんですよね。
エビサワ編集長
というと?
Dakar
まず、ぼくがまだFXトレーダーとして駆け出しの頃のことなんですけど、師匠が弟子入りを受け入れてくれたのが、仲値の情報を「包んで渡した」からです。
エビサワ編集長
なるほど。
Dakar
それから、リアルタイムで相場観のやりとりができる間柄を構築していくにあたっても、名前の売れてない時期は、仲値戦略がぼくの生命線でした。
エビサワ編集長
ギブアンドテイクができないと人脈構築は進まないということですね?
Dakar
そうです。だからそこはかなり神経使いましたよ。信用に関わりますからね。

Kさんとの出会い

エビサワ編集長
ファンドトレーダーのKさんなんかも、そうやって知り合ったんですか?
Dakar
いや。笑
エビサワ編集長
??
Dakar
Kさんは逆ですね(^^;)初対面の時から「おー仲値くわしいらしいなー!ちょい教えろやー!」的な感じで。
エビサワ編集長
Kさんのほうからだったんですね。笑

Dakar
そうです。ぼくのKさんの第一印象は、正直「なんだ?!この軽いにーさんは?!」的な感じで。もうわりとボチボチトレード仲間の間でも良い位置まで来てた時でしたね、Kさんに会ったのは。今でもトレーダー同士、ほぼ対等な関係でやりとりできてるのは、そういう背景もあると思ってます。

エビサワ編集長
なるほど。Dakarさん的にはいい意味でもうあまり気を使わないでよくなってきた時期に、仲値の値動きの情報を欲していたKさんから声をかけられた、と。

Dakar
正確に言うとKさんは実需視点を埋めたがってましたね。Kさんの言葉で言うと、「自分に足りてねー部分は、買い切り売り切りの機関投資家視点だった」ということです。買い切り売り切りっていうのは、値幅を抜くのではなく、必要性で為替取引を行うってことを意味してます。

エビサワ編集長
つまり、Kさんの需要にDakarさんがフィットしたってことですね。

Dakar
そんな感じですね。トレーダーって、多視点で相場を分析していく姿勢が絶対的に求められるものです。それを経験上よーくわかっていたKさんは、大きく構えつつ、機をとらえて動こうと思っていたらしいんです。
エビサワ編集長
なるほど、そんな時期に、Dakarさんがあらわれたと。

Dakar
ですね。さきほどエビサワさんが言われたことが、まさに核心をついてます。Kさんも「ギブアンドテイクができる奴」を探してたんですね。この世界の基本的な構造です。

エビサワ編集長
だからこそ変に下手(したて)に出ることもなく、堂々と渡り歩いてるのでしょうね。

Dakar
三十路に入ってここまでの関係に発展する間柄って珍しいと思います。ぼく的にも普段なかなかヘッジファンドの情報なんて仕入れることはできないので、今では本当に頼りにしてます。気兼ねなくやりとりできる間柄って、案外意図的に構築するものではないのかもしれませんね。
エビサワ編集長
人生わからないものですね。一期一会ですね。

仲値トレードとエビサワ編集長

エビサワ編集長
仲値公示トレードですが、どんな人にオススメなんですか?

Dakar
そうですねー、やっぱりザラ場見れる人ですね。

エビサワ編集長
ザラ場見れないと厳しいです?やってみたいんですけど。じつはぼく、今ゴトー日のチャートを保存して記録し続けてるんですよ。仲値公示トレードに興味があって。

Dakar
おー!蛯沢さんもそんなことをしてたんですね!
エビサワ編集長
はい。
Dakar
そしたら、「20代30代の時はさんざん遊んでたけどようやく40才になって結婚したという奥さん」にやってもらうっていうのも手ですね。
エビサワ編集長
なにやらいらない修飾語がついてますが。笑

Dakar
ん?そうです?笑 仲値公示トレードはザラ場見れてる人にオススメって言いましたけど、機械的にエントリーできる戦略なんですよ。

エビサワ編集長
というと?

Dakar
くわしいことは今回取材いただいた投資ナビの記事に掲載いただくと思うんですが、仲値公示FX戦略のスタンダードスタイルは、「午前中のドル円」が舞台になります。つまり、ここめがけて準備ができるってことですね。

エビサワ編集長
時間が決まっていることに利がある、と?

Dakar
そうです。だから変に迷いません。勝率に頼るトレードなので、数をこなしさえすれば、自ずと結果はついてくるんです。なのであれば、やるのみですよね?

エビサワ編集長
なるほどですね。なんかやる気出てきました。ちょっと考えてみますよ( ^ω^ )

まとめ

エビサワ編集長
さてと、ラストオーダーみたいなんで最後、なんか頼みます?ぼくはおにぎりたのもうかな。
Dakar
じゃあぼくも同じで。
エビサワ編集長
外で食うおにぎりってめちゃくちゃウマくないです?

Dakar
たしかに。笑 そういえば、さっきご実家の話しましたけど、エビサワさんが実家に帰る時に乗る電車は、Kさんが実家に帰る時に乗る電車と同じなんですよね。

エビサワ編集長
そうなんですか。

Dakar
あ、こう書くと、熱心なブログ読者さんはたぶんわかっちゃいますね。笑 あの辺は税務署が近いから、税理士事務所が多いですよね。

エビサワ編集長
はい、個人事業主も多いですね。

Dakar
ちなみにぼくがお世話になってる税理士も、独立して税務署近くに事務所構えてる、けっこう「やり手」な人なんですよ。
エビサワ編集長
なるほど、税務署近いとなにかと仕事しやすいですからね、税理士は。

Dakar
時間効率いいみたいですね。じつは同い年で、いろいろとやりやすいです。まぁやっぱり、ぼくあたりの年齢って、いろんな意味で「勝負」の年齢ですよね。もう事務所立ち上げたばっかりで、すごくやる気満々ですもん。

エビサワ編集長
熱いですねー、ぼくも仕事がんばらないと( ^ω^ )!

※この記事は、FX攻略.comエビサワ編集長に事前に内容を確認いただき、掲載しています。

Dakar

----------------------

エビサワさん

FX攻略.com編集長
2018年3号連続の取材がDakarとの縁のはじまり
ご自身も中期ポジションでFXをしている
ツイッターのフォロワーさん募集中
Dakarの大学の先輩

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXと外国為替について

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.