FXの時間 スキャルピング 相場環境認識

スキャルピングの時間幅|秒スキャになる理由と為替相場環境認識

投稿日:2017年3月18日 更新日:

FXでスキャルピングをする上でぼくがトレードをしている時間幅を書きます。

今回の記事でぼくが書く「FXでスキャルピングをする」ということについての時間感覚は、あくまでぼくの感覚です。

故に「これが普通のスキャルピングなのだ」という認識はしないようにしてください。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします👇(^^)

スキャルピングの時間幅って?

eurusd1207

スキャルピングってそもそも超短期のトレード故、具体的なやり方ってあんまり決まっていないんですよね。

なので冒頭で書いたような、「FXにおける普通のスキャルピング方法」なるものはないと思っていていいとおもいます。

さて、そんな中でも、ぼくのスキャルピングの時間感覚の話です。

ぼくがFXでスキャルピングをするにあたって持っている時間感覚は、かなり幅があります。

その間、数秒から数時間です。

スキャルピングとデイトレード

厳密に言うと何時間もホールドしていたら、それはスキャルピングではなくデイトレードの範疇に入るぞと言われたこともあります。

これ、見る人からすればそう見えることなんですね。

たしかに世の中的にはデイトレードというものの定義を「数時間から1日のうちで取引を終えるトレード方法」という区切り方にするのが一般的なので。

この点についてはぼくは特にこだわりはないので、「ダカールはスキャルピングとデイトレードを主体にするトレーダーなんだな」と認識いただいても全然大丈夫です( ^^)v

FXの秒スキャってカッコいい響きですが

さて、時間幅についてですが、やはりスキャルピングと言えば数秒で終わるトレードですよね。

ぼくとかぼくのトレード仲間の間では、よく「秒スキャ」なんて言ったりします。

数秒で終わるトレードになる理由なんですが、これは「そのときの相場環境認識に自信がないから」です。

え? と思われる方もいるとおもいますが、これは実際のところです。

ちなみに「一定の手法をマスターするために、初心者の方はまずは数秒のみホールドするトレードがおすすめ」という話とは、これは意味合いがちがいますので言い添えておきますね。

あくまである程度のトレードスキルを身に着けているぼく自身が、今現在行っているスキャルピングの話なんです。

FXは水物

borinja1

これはそもそも為替の値動きというものを信用していないからこうなる、とも言えます。

そもそも為替相場というものは何が起こるかわからないんですよ。

「でも為替取引が仕事なんでしょ?」と言われてしまいそうですね。

たしかにそうなんですが、逆に仕事にしているから感じるんですね。

為替相場の未来予測の難しさを。

いろいろあふれている為替情報の中でも、信憑性のある情報というのはほんの一握りだったりするんです。

テクニカル分析だって、機能しないこともけっこうありますからね。

ダカールの相場環境認識の実態

ぼくが毎日帰宅後に個人PCをオンにしてからやっていることと言えば、じつは大半は「チャートを眺める」という作業のみなんです。

眺めているだけじゃお金は増やせないでしょ! と、またもや言われてしまいそうですね(*´ω`*)

でも本当にそうなんですよ。

要はいきなり相場に参加しないんです。

まず為替相場という海を自分の目の前に広げるんですね。

これ、本当に大事だとおもっていることで。

ちなみに当然職場でも毎日チャートを見ているんですよ?

でも帰宅してからも眺めるんです。

だいたいどんなに短くても、いつも30分くらいは「ただ眺めているだけ」なんです。

すべては良いトレードをするため

ただ眺める理由は、今現在の相場環境をできる限り隅々まで把握するためです。

複数の通貨ペアの現状把握はもちろんのこと、商品や株もです。

何をどのように見ているかについてはぼくの手法のほうでくわしく解説しているのでこの記事での言及は避けますが、とにかく自分の今現在の相場に対しての感覚をなるべく鋭くしておくんですよ。

これは何のためかというと、もちろんトレードのためですね。

すべてはトレードでより良い結果を出すための下準備なわけです。

まとめ

Pc

さて、いかがでしたでしょうか?

今回の記事はぼくの手法絡みの話の中でも、核心に触れる話のひとつです。

このブログのメインの記事のひとつと言ってもいいですね。

ちょっとした注目記事のつもりで書きました。

スキャルピングの話はまだまだこんなもんじゃ終わらないですよ。

これからもこの流れの記事はつづきます。

そうそう、これから綴られていくスキャルピング絡みの話を待つ間に、ぜひこちらの記事も読んでおいてください👇

FXでスキャルピング|利益になる確率が高いトレード方法はコレだ!

FXでスキャルピング|不鮮明な為替の値動きにうってつけのトレード

理解が早まるとおもいますよ(^^)

P.S

ブログの記事、いよいよという感じです。

そろそろぼくの脳みその一番奥の方から「スキャルピングとは何ぞや?」という部分にたいしての答えを引っ張り出しはじめないといけなくなってきました。

ブログってすごいですよね。

本当に多くの方に読んでいただいています。

多くの方の期待を裏切らぬよう、ぼくも全力で記事の更新を続けていきますので、よろしくおねがいしますね。

ということで、今後も乞うご期待っ( `ー´)ノ

※記事更新しました。

次の記事はこちらになります👇

為替の値動きを信用しないならスキャルピングをしよう!

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXの時間, スキャルピング, 相場環境認識
-, , , ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.