はじめての方へ スキャルピング トレード方法

FX初心者の方へ!最初はスキャルピングでトレードしよう!

投稿日:2016年11月27日 更新日:

スキャルピングってなんだかあやしいイメージがあります。

FXで利益をあげるにはいろいろな手法がありますが、スキャルピングについてはあまりはっきりとした説明がなされていない感じがありますよね。

その理由のひとつは、理論を実践できるほどに時間的な余裕がないことだったりします。

つまりは秒スキャです。

最初にやりがちなこと

sukyaruping4

はじめてFXをするときって、やっぱりいろいろと不安なんですよね。

業者さんのトレードツールの説明をひととおり読んで、いざ「買い」だ、「売り」だと思ってみても、そもそもおもったとおりに買ったり売ったりできなかったりするんです。

「このボタンを押せば買えるのかな?」とおもってやってみても買えてない。それで絶好のエントリーポイントを逃してしまってイライラ。いろいろと試行錯誤をして操作を続けていたらいつの間にか思ってもいないポイントで買ってしまっていた、なんて話はよく聞きます。

さらに追い打ちをかけるように思っていた方向と逆にチャートが動き出し、マイナス圏内に。すぐに損切りしたいのにこれもどのボタンを押せばいいのかわからなくなっちゃうんですよね。あせっているとそうなります。

そうして「FXなんてもうまっぴら!」っていう結論にいたっちゃうんです。

でも、これじゃあとってももったいないです。

FXは稼げるということをわかってもらうためにも

sukyaruping3

ただこういう話って、なんというか、はじめてFXをやる方のためには考えておいてあげなくちゃ、とも思うんです。

たしかにこういう事態にはなりやすいんですよね。

やっぱりたとえ余裕資金だとしても、自分の資産をリスクにさらすわけですから。

じゃあどうすれば「はじめの1歩」でこういう事態になる可能性を極力少なくすることができるのか?

EntryしたあとExitする、これでお金を増やす

sukyaruping2

その答えのひとつがスキャルピングです。

おもったように操作ができなくてアタフタしてしまう理由のひとつに、あらかじめトレードの手法なんかを勉強していてようやくココだ!とおもったところでエントリーしている、という点が挙げられます。

要はちょっと頭でっかちになっちゃってるんですよ。

しかも時間足は4時間足とか、わりと長い時間足で見ている方が多いです。

わりと長い時間足で見ているのにエントリー直後のチャートの上下にも過剰なくらい反応してしまうんですよね。

スキャルピングのいろは

chart-fx

そうなってしまうのを避けるには、スキャルピングベースで構えてエントリーするのが一番です。

ではなぜスキャルピングが良いのか?

次の記事 でこのへんをご説明させていただきたいとおもいます。

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-はじめての方へ, スキャルピング, トレード方法
-

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.