FXと外国為替について FX用語

EBSとは?FXをするにあたっては知っておいてもいいかも

投稿日:2017年3月19日 更新日:

FXをはじめていろいろと情報収集して勉強していると「EBS」という言葉に遭遇したりします。

このEBS、通常のFXトレードのときにはそんなに気にもとめない言葉かもしれません。

が、現在の外国為替取引において、EBSシステムはなくてはならないものなんですね。

FXの取引で直接個人が関係してくる話ではないですが、EBSについては知っておいて損はありません。

今回は「EBS」とは何なのかという点について書いてみたいとおもいます。

もちろん、掘り下げて考えていくことで、個人のFXトレードに生きる知識も身につく記事ですよ(^^)

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします👇(^^)

EBSとは電子ブローキングシステムのこと

eurusd0227

まずはぼくがアルファベットの略称を説明するときのいつもの説明です( `ー´)ノ

「EBS」はElectronic Broking System の略です。

日本語で言うと「電子ブローキングシステム」と言うんですね。

つまりは言葉のとおり、EBSというのは電子的に取引を行うことができるシステムのことなんです。

もっと実務的に言えば、各銀行などに設置された端末から直接為替取引の注文を出すことができる仲介方法のことなんですね。

人を介さず電子システムで取引のすべてが出来る仕組みになっている点、導入された当初は非常に画期的なシステムとして話題になったそうです。

電子システムに売買注文をインプットさせちゃうんですからね。

それまでは人が取引をするのが当たり前だったわけです。

ちなみにアルゴリスム取引なんかはこのEBSがあるが故に可能なものということになります。

現在はEBSが実質的な取引所

なんとなくイメージとしてある取引の光景って、ディーリングルームで目まぐるしく変わる数値だったりしませんか?

そういうような、オペレーターがずらっとならんで注文のやり取りをするような光景は、今はほとんど見ることはないんですね。

ぼくも銀行のディーリングルームには何回かお邪魔したことがあるんですが、みなさん「PCを眺めている」という感じです。

つまり今はEBSが実質的な取引所と言っても言い過ぎではないんですよ。

現在の東京市場において、主要な通貨ペアの取引のほとんどがEBSのシステムを通じて行われているんですね。

JAPANESE

さて、ところで今ぼくは「東京市場において」と書きました。

このへんで、勘の良い方は何か感じたかもしれませんね。

いったいどんな話だとおもいます?

EBSは単体の会社が提供しているサービス

じつはこのEBS、EBSサービス社という会社のシステムなんですね。

つまり一般的なシステムの総称ではなく、単体の会社が提供しているサービスなんです。

そうなってくるといわゆる業界におけるシェアが気になりますよね。

さきほどの「東京市場においてはEBSが大半」という話はこのあたりの話につながってきます。

世界的な規模で考えて、いったいEBSはどれほどの競争力を有しているんでしょうか。

もったいぶっても仕方がないので書きますが、EBSは現在アメリカやヨーロッパ、それから日本においてシェアが高いです。

当該国の自国通貨はそれぞれ米ドル、ユーロ、円ですね。

つまり通貨ペアベースで考えると、ユーロドルやドル円といった世界の主要通貨ペアの取引はEBSで行われているということになります。

為替取引を職業としている人間で、EBSというものを知らない人はいません。

EBSの唯一の対抗馬?

dakarfxchart

こうなってくると知りたいのは主要じゃない通貨ペアの現状ですよね。

これはぼくが職業柄把握しているものとしてはD2というシステムがあります。

これは旧大英帝国圏でわりとシェアがあるようなんですね。

このシステムは金融マスコミの雄、ロイターが絡んでいるのでその関係もあるのでしょう。

国で言うとイギリス、オーストラリアなどになります。

さきほどEBSの説明でヨーロッパという括り方をしましたが、イギリスはやはり独自路線ですからね。

この国々の自国通貨はポンド、豪ドル。

同様に、通貨ペアとしてはGBPAUDですね。

さて、この点ですが他の通貨も絡んでくるとやはりシェア的にはEBSが勝っているようです。

たとえばGBPUSDやAUDJPYではEBSのシェアの方が大きいということですね。

歴史的な背景としては現在EBSを採用している国も基はD2だったりしているので、イギリスやオーストラリアが遅れているという見方もできます。

EBSが普及してきたのは1990年代の後半ぐらいからなので。

が、このへんはそんなに詳細に知っておかなくも普段のトレードには影響はないとおもいます。

EBSとスイスフランショック

EBSサービス社についてですが、この会社はスイスの会社になります。

EBSサービス社はロンドンに本社を置き金融分野で様々なサービスを提供しているICAPグループに属しています。

この会社の信用力はかなりのものなんですね。

現在、このEBSというシステムより高精度で且つリスク管理のレベルが高いシステムはないと言われています。

EBSはその特徴から、EBSサービス社がひとつの市場を仕切っていると言ってもいい状況です。

EBSでは一対一の取引も可能ですが、インターバンク市場の参加者ならどの銀行も利用しているためですね。

ちなみに2015年1月にスイスフランショックが起きたときもインターバンク市場は機能不全に陥りましたが、最も早く取引が復活したのがEBSでした。

スイスフランショックはスイス中央銀行が突然対ユーロの防衛ラインを放棄するという為替相場界における一大ニュースでした。

このあたりはスイスの会社故、ひょっとすると自国通貨の危機管理の仕方など、事前に他社よりも優れた対策を講じることができていたのかもしれませんね。

EBSとは? まとめ

Silver

さて、いかがでしたでしょうか。

今回はEBSについて書いてみました。

ちなみにEBS絡みでFXトレードに生かせることとしては通貨ペアの選択という観点です。

機械というのは急な注文の殺到やサーバーダウンなど予期せぬトラブルがあるものなんですね。

これは仕方ないことです。

されど、さきほど書いたとおり現在EBSを上回る安全性を有するシステムはありません。

なので基本的には上述したような主要通貨ペアでトレードをする限り、システム上できうるリスク対策はとれていると言えます。

ただ、ひとつだけあるとすればそれは1社集中という点の怖さですよね。

もし、なんらかの理由でEBSが突然機能しなくなったらどうすればいいのか?

そもそも機能停止をリアルタイムでより早く知るにはどうすればいいのか?

ぼくはこのあたりへのリスク管理としては、監視チャートにGBPAUDを入れておくという対策を講じています。

まぁでも、このリスクというのはかなり低いものなんですけどね (^^;)b

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXと外国為替について, FX用語
-,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.