スキャルピング

FXでスキャルピング|利益になる確率が高いトレード方法はコレだ!

投稿日:2017年3月9日 更新日:

FXのスキャルピングについての情報を求めている方、ようこそダカールのブログへ(#^^#)

このブログはFXでスキャルピングをするにあたってためになる話が盛りだくさんです。

ぜひFXでスキャルピングをするのであれば参考にしてくださいね。

それでは、FXのスキャルピングのあれこれについて、どんどん話を展開していきましょうか。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします👇(^^)

頭の皮を薄く剥ぐのがスキャルピング

gold

そもそもスキャルピングという言葉の意味は、「頭の皮を薄く剥ぐ」という意味です。

頭蓋骨の英語がスカルですね。

市場から薄い利益をはぎ取るようなイメージです。

為替相場というものは一定期間一定方向に動く習性があります。

そういう中、トレードの方法として「一定方向に動く最小の時間単位で利益を薄く確実にもぎ取ろう」というのがスキャルピングという技法の方向性なんですね。

実際の時間単位で考えると、その間数秒から数分間のみの取引ということになります。

まさに薄い利益なんですね。

見方によってはデイトレードのトレード期間を最小化したものと考えても良いでしょう。

FXのスキャルピングは利益幅は小さいけど?

さて、そのスキャルピング、トレード時間が短い分利益幅も小さくなります。

が、短い時間一定方向に動くところを狙うため、利益幅は小さいながらも一回あたりのトレードは利益になる確率が高くなります。

なぜ利益になる確率が高くなるかというと、チャート変動というのは絶えず上下を繰り返しているからですね。

どんなに「底」のように見えるポイントで売ってしまったように感じたとしても、スキャルピングベースでトレードをしていればほぼ必ずそのポイントよりもさらに下で利確することができます。

これがスイングトレードやポジショントレードのスタンスでエントリーしようものなら、ちょっとわからないですからね。

もう二度と戻ってこない可能性だってあるわけです。

ちなみにこの事実について飲み込みが早い方は、自信を持ってトレードができるようになるのも早いです。

早いとFXをはじめて1か月半後くらいにはかなり安定したトレードができるようになります。

安定してくるとロットを増やしてもブレずにトレードをすることができるようになるので、さらに加速度的に利益を積み重ねていけるようになるんですね。

もちろん毎日本気でチャートに向き合えば、ですが。

スキャルピングに特有の用語

スキャルピングの説明をするにあたってひとつ特徴的な用語を紹介しますね。

スキャルピングで利幅をとることを、「抜く」と言います。

これはけっこう昔からある表現のようです。

たとえば「今日は15pips抜いた」というようにつかいます。

つまりは絶えず上下を繰り返す為替レートの動きの中に自らの資金を果敢に投じ、瞬間的に利益を抜き取ってくる、というようなイメージです。

どうでしょうか?

ちょっとカッコいいとおもいませんか( `ー´)ノ?

カッコいいだけではありません。

この「抜く」という表現はスキャルピングをするにあたって大事なルールを意識させてくれるんですね。

「それはダラダラといつまでもホールドしない」ということです。

なぜならばスキャルピングという手法は利益を得ても損失を抱えても超短期の時間軸でトレードを終えるトレード方法だからです。

これはわりと理解していない方が多いですが、とても重要なことです。

損失を抱えたときに「いつか戻るだろう」と考えていつまでもホールドする方が非常に多いんですね。

これは、そういうスタンスになりはじめた時点でスキャルピングのルールから逸脱していることになります。

スキャルピングのメリットをわかっていないということもできます。

こういうトレードは絶対にやめましょう。

FXでスキャルピングをするのに向いている性格

さて、スキャルピングは利益になる確率が高いということはわかっていただけたかと思います。

つまりはスキャルピングは瞬間の値動きを利用するんですよ。

ポジションを持つべきタイミングで持つ、相場がポジションとは逆の方向に行った場合には素早く損切りをする、といった反射神経を要するトレード技法です。

故に即決力がモノを言うんですね。

普段から決断力に定評がある方は向いていると言っていいとおもいます。

それからさらに言うと、ぼくのまわりではゲーム好きの方がスキャルピングがうまい傾向があります。

これはどういうことなんでしょうかね。

ぼくなりに想像するに、おそらくトレードそのものを楽しんでしまうような思考の持ち主がスキャルピングに向いている方なのかな、と。

細かいことはいちいち気にしないで、どんどん Entry と Exit を繰り返すことができる方が向いているんじゃないかとおもいます。

それともうひとつ。

「自らの経験を次に生かすことができる方」も、非常にスキャルピングに向いています。

これはほぼ絶対だとおもいます。

これはぼくがツイッターで何回かつぶやいたことがあることなんですが、FXトレードをするにあたっては必ずPDCAサイクルを絶え間なく回していく必要があるんですね。

スキャルピングとPDCA

PDCAサイクルについて少し説明します。

そもそもなんですが、PDCAという表現は、サイクルを構成する次の4段階の頭文字をつなげたものなんですね。

Plan(計画):テクニカル分析や収集した情報などをもとにしてトレードプランを練る。

Do(実行):トレードプランに沿ってトレードを行う。

Check(評価):トレードの実施がトレードプランに沿っていたかどうかを評価する。

Act(改善):実施がトレードプランに沿っていなかった部分を調べて改善する。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/PDCA

こういうことになります。

この4段階を順次まわっていって1周したら、最後のActを次のPDCAサイクルにつなげるんですね。

つまり最後のActの次は、次のサイクルのPlanということです。

螺旋を描くように1周ごとに各段階のレベルを向上させて、継続的に状態を改善していくのがこのPDCAサイクルの醍醐味です。

これをスパイラルアップ(spiral up)と言います。

PDCAサイクルについて興味のある方はぜひもっと掘り下げてリサーチしてみてください。

きっとスキャルピングをするにあたって、ヒントになることもいくつか得ることができるとおもいますよ。

ちなみにPDCAサイクルについてはこちらの記事にも書いていますので合わせて読んでみてください👇

FXでスキャルピング|不鮮明な為替の値動きにうってつけのトレード

FXでスキャルピング まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

スキャルピングはぼく自身がFXトレードの指針にしている技法です。

故に、実は書きたいことは山ほどあります。

でもさすがにいっきにひとつの記事に書くわけにもいかないので、とりあえず今回はプロローグとしておもいつくままに書いてみました。

徒然なるままに、日暮らし硯に向かいて、心に映り行く由無し事を、そこはかとなく書き尽くした感じです。

これからこの記事に紐づいてさまざまなスキャルピングに関する話を書いていこうとおもいます。

今後ともよろしくおねがいします(*^^)v

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-スキャルピング
-, , ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.