https://fx-dakar.com

トレンド相場 ドル円チャート レンジ相場

FXチャート2016年11月15日18:25_Dakar

投稿日:2016年11月15日 更新日:

こんばんは。

さぁドル円はこれからどうなるでしょうか。

そろそろ大統領選挙後一連のドル買いの勢いは終わりなのかなという感じがします。

さぁ、今現在のドル円について考えてみよう

kangaeru

冒頭のチャートは今の時点での15分足のドル円です。

レンジに入った感じがしますよね。

でも、みなさんちょっと考えてみましょう。

この「15分足のドル円がレンジ」という状態について考えるだけでも、人によって分析の仕方はさまざまです。

なにを考え、次になにをやるか?

imasara

わたしであれば次に4時間足を見ます。

チャートは毎日見ているんだから今更見るまでもないでしょ? と言われそうですが、チャートのかたちは毎日かわります。

止まった状態のチャートを前にしてあれやこれや分析に励むよりも「今現在のチャート」を見ることには数倍の価値があります。

これは入社年度に職場の先輩から教わったことです。

ドル円を一歩引いて見てみた

fx-dakar1115-2

さて、そのドル円4時間足です。

どうでしょうか。トレーダーのみなさんであれば先週に一大イベント、米大統領選挙があったことなどは百も承知ですね。

まさかのトランプ新大統領誕生の報を受け、一時は大きく101円台まで下落したのはご存知の通り。

そしてそこからは一転して上昇。Short勢の損切りを巻き込んで、ついに108円台にまで到達しました。

この流れが如実にあらわれているのが4時間足です。

4時間足は「上昇トレンド相場」です。

さらに引いて見てみた

wakatteru
そしてさらにWeeklyチャートに移行します。

Weeklyベースだとドル円は2016年の年明けからいっきに下降トレンドですよね。

わかっているんです。

わかっているんですけど見るんです。

見るのは自身に再認識させるためなんですよね。そして再認識することで、「ドル円は中期では下落している」というだけの感覚から一歩突っ込んだ情報も思い返すことができるんです。

ふつうの人よりもちょっとだけ思考を深くする

fx-dakar1115-3

実際、今日もあらためて思い返すことができたことがありました。

それは自身が引いていた下降のトレンドラインです。上のチャートでいうと緑のラインですね。

落ち着いてよく見るともうこのトレンドラインから転換しているように見えます。

この認識によって、スキャルピングでまだ「買い」だ、という判断にひとつの大きな理由をくっつけることができるんです。

11月15日Dakarのまとめ

pc
さて、いかがでしたか?

今日はさまざまな時間足について考え、書いてみました。

クリックひとつ、タップ1回で時間足はかわります。

それだけで同じ通貨ペアでもレンジ、上昇、下降と、全然ちがうチャートが出現するんですよ。

「視野は広く持つべき」というのが今日の学びのひとつかもしれませんね。

Dakar

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-トレンド相場, ドル円チャート, レンジ相場

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.