https://fx-dakar.com

FXと外国為替について ドル円チャート ファンダメンタル 窓について

底堅い?下支え?メディアの言い回しとそのイメージについて

投稿日:2016年12月5日 更新日:

冒頭のチャートは、とある日のドル円15分足です。

週明けの窓埋めのタイミングですよね。

この記事では、このチャートにまつわるマスコミの表現について考えていきます。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

底堅いとか下支えされているとか

sokokatai1

では、ネット配信を含めたメディアの記事における表現に注目してみたいとおもいます。

底堅い、過熱感がある、上値が重い、下支えされている、織り込み済み、など株やFX関連のニュースでは一種独特の言い回しがそこかしこで見られますよね。

まだトレードをはじめて間もない方たちにとってはあまり見慣れない言葉たったりします。

ニュアンスの把握がむずかしくてトレードするときの参考にならないんじゃもったいないので、ちょっと読んでみていただければとおもいます。

メモをとりながら言い回しをいろいろとピックアップしてみたら、わりとたくさん見つかったので、今回はとりあえず「底堅い」と「下支え」について書こうとおもいます。

メディアの言う「底堅い」とは?

sokokatai2

まず、底堅い、という表現についてです。

この底堅いという言い回しは主に上昇トレンドや下降トレンドからやや一服気味になり、レンジ相場になったときに言われます。

ニュアンスとしては「相場環境から考えて落ちてもおかしくはないが、わりと落ちない」という感じです。

同じレンジ状態でも積極的に上を狙っているときはあまり底堅いとは言われません。

ちなみにぼくは入社年度にこの「底堅い」という言葉をはじめて見たとき、「そこかたい」と言ったんですが、すぐ上司に「そこがたい、な!」と訂正された苦い記憶があります。笑

そのせいでしょうか。

この記事を書くときにまっさきに思い浮かんだのがこの底堅いという言葉でした(;´∀`)

「底堅い」という表現のうまさ

sokokatai3

底堅い、という言い方、これ直感的にどんなイメージを思い浮かべますでしょうか?

ぼくは最初はうまく読めなかったとはいえ、イメージはとてもしやすかったのを覚えています。

うまい表現だとおもいませんか?

要は落ちようと思ってもわりと下が堅くて落っこちないということです。そのままですよね。

あとぼくとしては「とある水平線が基準になっていて、そこよりは下に行かない」というイメージも持っています。

それはなぜか?

「底堅い」と「下支え」

fx-chart1205

それは堅いという言葉からの連想です。

堅いと言われると、なにか石畳のような道を思い浮かべませんか? ぼくはそんな感じのものを思い浮かべるんですよね。

つまりジャンプとかしながら前に歩いていっても、下にはそれ以上落ちないラインがある感じです。

道ですからね。

そしてこの「底堅い」と比べるとイメージを持ちやすいのが「下支え」という言い方です。

メディアの言う「下支え」

tsukiage

下支えされている、という表現もよく出てくる言葉です。

これも下落方向にアクセントがあるという意味では、ニュアンスは「底堅い」に似ています。

ただ違うのはなにか下から突き上げられるような力が働いている感じがする点です。

それはたとえば何なのか?

これがまさに、とあるメディアの配信でつかわれていたんですよ。

ドル円15分足チャートに下支えが

kinkakuji

再度冒頭のM15ドル円チャートを見てみてください。

朝は大きく下落してますよね。

でもすぐに大量の買い支えが入ってます。

それによって、仲値公示の時間までドル円チャートの上昇は続いた、という展開です。

結果的に、完全にきれいな窓埋めが完了。

なにごともなかったかのように「寄りの前」の価格帯まで復帰してきたわけです。

みずぼ銀行の為替相場見通し

bank

さて、ではこの値動きに関連してつかわれた表現を見てみましょうか。

下の参考記事はこの週のみずぼ銀行週刊為替相場見通しです。

今週の最大の注目材料はイタリア国民投票である。投票結果はリスクセンチメントに対して影響を与え、ドル/円相場も大きく振らされる局面が想定される。結果は憲法改正反対派が勝利しており、リスクセンチメントの後退からドル/円は大きく下落する可能性がある。今月の米利上げを見込む市場参加者による買い支えが入る可能性はあるものの、イタリアの政治が混乱すればEUをはじめとするユーロ圏全体に影響を与えることも考えられる。FRBが今月利上げを行うことへの期待は後退すると考えられ、失望売りには注意が必要だ。

引用元:https://www.mizuhobank.co.jp/rate/market/

ファンダメンタルズの話は今回は無視しましょう。

もうすでに過去のことですからね。

注目すべきはチャート動向の予想です。

さすがみずほ銀行ですよね。

この見通しは当然のように今日の窓埋めの前に配信されていますからね。

ちなみに買い支えも下支えも同じ意味です。

では肝心の中身の考察に入りましょうか。

「下支え」は下落方向に意識有り

italy

要はこの文章をまとめてみれば、「イタリアの選挙結果を受けてたぶんドル円は下落する。でもFRB利上げへの期待で上昇もありえる。」ということです。

さっきのぼくの書いたことを思い出してみてください。

下支えという表現には下落方向にアクセントがあるということを言いました。

このみずほ銀行の見通しがまさにそうです。

つまりみずほ銀行としては、このときはWeeklyベースではドル円は下落すると考えていたんですね。

でも、値動きの見通しというのはあくまで見通しであり、誰もがそのとおりにはいかないことはわかっているわけです。

下落なんだけど下支え

当然みずほ銀行としてもそれは十分わかっています。

なのできちんと逆に行く可能性と、その原因の見通しも記述するんですよ。

これはいわば株やFXの情報を配信する側のお作法です。

「絶対今日は下落します!」みたいな記事など書いたら、それを信じてトレードした結果大負けしたトレーダーから非難の嵐ですからね。

下支えと底堅いのニュアンス

つまりですね、その逆に行く可能性について書くときに、よくこの「下支えされる」「買い支えされる」という言い方がつかわれるんですよ。

完全に上昇基調なのであれば下方向の意識など持たなくていいわけですからね。

そしてもうひとつ重要なのは、この下支えという表現は「とあるキリのいい水準があって、その水準から下に行ったとしてもすぐに上昇する」というニュアンスがあるということです。

対して、「底堅い」というのは「そのキリのいい水準よりもなかなか下に行かない」というようなニュアンスがあります。

今回のケースで言えば、その水準というのは窓で下落した、そのときの水準だったということですね。

どうでしょうか?

ガッテンしていただけましたでしょうか(^^?

「底堅い」と「下支え」 まとめ

こういうニュアンスとかイメージの話ってなかなか書かれてないかなと思い、今回は書いてみました。

ただ書き上げてみておもったのは、ニュアンスとかを伝えるのってなかなかむずかしいなということ。

そもそもぼくがどういう性格でどういうトレードをするのかってところも知っといていただかないと、完全にイメージを共有するのはむずかしいかもしれません。

このブログにはほかにもいろいろ記事はあります。

ぜひ、トレード方法など、他の記事も読んでみてくださいね。

読むことでこの記事についての理解もより深まればうれしいです(^▽^)

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXと外国為替について, ドル円チャート, ファンダメンタル, 窓について
-, ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.