https://fx-dakar.com

AUDUSDチャート 資源国通貨

FXチャート2016年11月16日18:10_Dakar

投稿日:2016年11月16日 更新日:

こんばんは。

今日は商品とFXについてです。

AUD/USDの中期はどうなっている?

audusd2

まずは冒頭のチャートですね。これは今現在のAUD/USDのWeeklyチャートです。

みなさんご存知の通り、トランプ氏の大統領就任を受けてのドル買いが進む中でも、わりとレンジを保っている通貨ペアですね。

ドル円を見てからこちらをみるととても平和に見えます。笑

オーストラリアドルは資源国通貨

aud

さて、そのAUD/USDですが、オーストラリアドルについては「資源国通貨」だ、という点がよく言われるところですよね。

これ、またなにやらむずかしい話がはじまるんじゃ?と思われる方もいるかもしれないのでとっとと先にすすもうとおもいます。

理解をてっとり早くすすめるためには視覚的にインパクトあるものを見るのが一番です。

同じチャート?いえいえ違います

fx-chart-blog2-1116-2

上のチャートを見てみてください。

これなんですよ。

「え?AUD/USDのWeeklyチャートの色を反転させただけでしょ?」とおもった方、お目がたかいです。

そのフィーリングを忘れないでください。

これはじつは、WTIのチャート、つまり石油のチャートなんですよ。

OPECのニュースはAUDに響く、とか

opec

ここで言っている石油のチャートというのはWTIのチャートのことです。

短期で見た場合はそんなに同調しているように見えなくても、中期で見ればほぼ同じと言ってもいいくらい似通ったかたちになるんですね。

この点がオーストラリアドルの一番の特徴です。

11月16日FXチャートまとめ

audusd1

さて、いかがでしたか? 今日は見た目イッパツ、オーストラリアドルとオイルの相関についてでした。

こういう相関関係から、「すでに下げ止まっているオイルを考えれば、USDが買われてもAUD/USDはそんなに落ちないだろう」というように考えるのも良い方向性だとおもいます。

その場合はオーストラリア中銀の緩和政策との兼ね合いがポイントになってきます。

であれば、、、

と、いうような感じでトレードプランを練っていく感じですね。

Dakar

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ポンド円で稼ぐ方法!実戦で役立つリスクオントレードとは?

一般的に、ポンド円で稼ぐ方法ってどんなものなのでしょうか?FXにおいてポンド円という通貨ペアは、とてもよく動くと言われています。これは事実です。今回は、そんな魅力ある通貨ペアであるポンド円で、本当に勝 ...

2
ドル円は水平線が効果的!下落後の反転予測に使えるワザとは?

ドル円チャートって、水平線を引きやすいんですよね。今回は、そんな話をしていきたいなと思います。ぼくはふだん、ツイッターをしているんですが、今回の記事はよりツイッターの内容とリンクした構成にしてみました ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-AUDUSDチャート, 資源国通貨

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2022 AllRights Reserved.