https://fx-dakar.com

トレンド相場 トレード方法 ポンドドルチャート

トレンドフォローについて|ポンドドルチャートからの考察

投稿日:2016年11月29日 更新日:

この記事では、ポンドドルのチャートからトレンドフォローについて考察していきます。欧米では、トレードと言えばトレンドフォロー、というくらい、ポピュラーなトレードスタンスです。

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

大陰線もあった下落からの調整

trendfollow1

冒頭のチャートは、ポンドドルの4時間足です。

とある日の4時間足ですが、今回の話では時間軸は特に関係ありません。

このチャートをピックアップしてみたのは、どーんと落ちてからの買い戻しの流れが、顕著に出ているチャートだなぁとおもったからです。

どうでしょうか?

サポ-トラインをおおざっぱに引いてみました。

これにのるか? そるか?

トレードの真骨頂はトレンドフォロー

wagamama

ポンドはこのチャートにおいては、回復基調に移ってきている段階なんですね。

要はそろそろ上がり始めるんじゃないか、という漠然とした期待が相場にみなぎってきているわけです。

このとても扱いにくいわがまま通貨でいかにトレードしていくか(*'▽')?

その神髄はずばりトレンドフォローにあります。

トレンドフォローは欧米では当たり前

Pari

基本的には欧州の通貨は特に、トレンドフォローが良いと言われています。

これは世界的に見ても極当たり前のことなんですね。

どちらかというと逆張りにこだわり、さらには「買い」だけにこだわるような見方は日本だけです。

いかにも極東の島国根性らしい発想です。

相場に対して謙虚であれ!

トレンドフォロー

相場に対して謙虚なのは、みなさんはどちらだとおもいますか?

片やトレンドにのっかりたいとおもっている。

片や逆張りで一番良いかたちで根こそぎ利益を刈り取ろうとする。

明らかに欧米の人たちの風潮のほうが相場をよく理解し、謙虚な姿勢で向き合っているんですよ。

頭と尻尾はくれてやれ、とはよく言ったものです。

ポンドドルから学ぶ相場への向き合い方

トレンドフォロー2

よく考えればわかることなのですが、逆張りというのは大勢に逆らったエントリーなんです。

自身の持つ微々たる資金が、この壮大な為替相場という舞台における流れを動かせるなんてことは全く、いっさい、絶対に、ありえないことです。

金融教育後進国に自分はいるということの認識をあらためて持ち、チャートを眺めましょう。

そうすることで見えてくる景色もかわってくるかもしれません。

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-トレンド相場, トレード方法, ポンドドルチャート
-

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.