https://fx-dakar.com

トレード方法

ロットを増やすということ|トレードで悔しい思いをしたときの対処法

投稿日:2017年10月17日 更新日:

たとえば、ロットを増やしてトレードをするということは、それだけ相場にリスクをさらしているということです。

勝つときは大きく勝ちますし、負けるときは大きく負けるんですよ。

つまり、たくさんお金を稼ぐか、たくさんお金を失うか。

このどちらかになるということですよね。

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

積極的なトレードと消極的なトレード

ロットを増やすと、それだけ積極的なトレードができます。

これはいわば、攻撃的なスタンスですよね。

リスクを承知で、果敢に相場に挑んでいくということが、「ロットを増やす」ということです。

逆に、ロットを抑えて「控えめな」トレードをするということは、リスクを小さくしているということです。

勝つときは小さくしか勝てないですが、負けるときも小さな負けですますことができます。

つまり、この場合は少しのお金を稼ぐか、少しのお金を失うか。

このどちらかになるってことですよね。

控えめトレードもトレーダーの判断

控えめなトレードというのは、ややもすると、「度胸がない」トレードなんじゃないか?という疑念が生じるトレードです。

これは特に自分が「こっち方向にチャートは動くんじゃないか?」というアテが、実際に合っていたときなんかは、よく感じることです。

「なんであのとき、もっと多くロットを投じておかなかったんだ!」という感覚ですよね。

でも、そのときに、「控えめなトレード」を選択したのは、何を隠そう、トレーダーとしての自分自身なわけです。

このことについては、ぼくなんかは、なるべく「よかったじゃん」と考えることにしています。

どんなときでも前向きになれる?

終わったことをいつまでも悔やんでいてもしょうがないですからね。

生産性を高めるためには、現状の相場の分析を、未来に向けて継続していくことの方が大事。

そういう意味では、FXは落ち込んでいる暇もないという点はいいところかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

これ、簡単に書いてますが、実際にトレードをしているときって、そんな簡単に切り替えられます?

普通の感覚の持ち主ならば

「こうしておけばよかった!」なんておもうことがあると、やはりあんまり気分はいいものじゃないです。

同じチャート画面を見ながらトレードをつづけるのは、やっぱり普通の人間ならばちょっと苦痛です。

この心境は、実際にトレードをしたことがある人ならば大抵の人が共感できるものだとおもいます。

じつはぼくも、こういうときは多々あります。

「よかったじゃん」だけですむときは、やっぱり調子がいいときですよね。

こういうとき、いったいどうしたらいいんでしょう?

必見!悔しい思いをした時の対処法

あくまでぼくの場合、の話ですが、ぼくはこういうときはよく通貨ペアをかえます。

ぼくの場合は、帰宅してトレードをはじめる前に、小一時間ほどじーっとチャートを「眺めつくす」時間をとっています。

このことについては スキャルピングの時間幅|秒スキャになる理由と為替相場環境認識 の記事で書いた通りです。

この時間で粗方、その日の為替相場環境を把握しているんですね。

なので、ひとつのチャートでウマい具合に勝てなかったとしても、さっさと他のチャートでトレードを再開できるような体勢を整え終わっているんです。

臨戦態勢と言ったらいいでしょうか。

ちなみに冒頭の写真はひっかけでした。

お酒を飲んで忘れましょう、ということではないです。笑

過去をもみ消せ!

トレードをする通貨ペアを変えるだけ、なんてものすごく単純なことです。

が、これが思いのほか効果があるものなんですよね。

自宅の部屋でひとりでトレードをしていると、自分の目の前にデカデカとチャート画面をひろげることになるじゃないですか。

自分の視野いっぱいに、「自分の後悔の歴史」がひろがったまんまになっていると、なんだかやりきれない気持ちになるんですよね。

これって普通の人ならばすごく当たり前のことと言ってもいいとおもうんです。

それを根性で乗り切れ!とアドバイスすることも、しようとおもえばできます。

が、さすがにそれは現実的じゃないなぁ、とおもうわけです。

なにより、ぼく自身がその辛さをよくわかっているので。

重要なポイントを最後に

と、いうわけで、「トレードで悔しい思いをしたときの対処法」のひとつとして、ぼくは通貨ペアを変えることをおすすめします。

その場合、ポイントが2つあるので、最後に書いてこの記事を終わりますね。

1つめのポイントは、「後悔トレード」のチャートの時間足と同じ時間足を表示するということ。

これはスキャルピングやデイトレといった短い時間軸でのトレードをする場合は特に重要です。

相場環境認識を、それまでと連続させるためにも、同じ時間足のちがう通貨ペアのチャートを見るようにしてください。

5分足ならば5分足ということですね。

それから、2つめ。

2つめのポイントは、ずばり、気持ちの整理はきちんとしてからトレードを再開するということです。

目の前のチャート画面を変えるのは、さくっと次に移行するためです。

それなのに、いつまでも引きずっていたら意味がありません。

さきほども書きましたが、トレードを未来に向けて継続していくことが大事。

落ち込むこともあるけれど、そういうときはできるだけ早く気持ちを切り替えて、次のトレードのシナリオを描きはじめるようにしましょう(^^♪

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-トレード方法

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.