N計算値 テクニカル トレード方法 ドル円チャート 一目均衡表

N計算値とは?FXでDakarがよくつかうチャートパターン!

投稿日:2016年12月12日 更新日:

N計算値について書きます。

N計算値とはそもそもどんなものなのでしょうか?

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

Nのかたちを描くからN計算値

nkeisanchi

引用元:http://www.fxtrade-lab.com/

N計算値を図解すると上の図のようなものになります。

上昇トレンドならば、要は前回上がった分だけ今回も上がるよ、ということを示すものです。

かみ砕いて言ってみればそういうことになります。

ただ、問題なのはこれをどうやって日々のトレードに生かしていくか?ですよね。

N計算値のおおまかな定義

本題に入る前に念のためN計算値のだいたいの定義もちょっとちゃんと書いておきます。

ずばり、N計算値の定義とは、「一目均衡表の値幅観測論のひとつで、たとえば上昇トレンドの場合、一番最近の上昇の上げ幅と同じ上げ幅で上昇が終わりやすい」というものです。

書籍や専門家ごとに微妙に解釈や表現がちがいますが、おおまかに言うとこういうことなんですね。

ちなみに下降トレンドにおいては、「一番最近の下げ幅と同じ下げ幅で下落が終わりやすい」動きだということになります。

N計算値はいつ使ったらいいか?

さて、それでは本題に入りましょうか。

問題は日々のトレードの中でどういうタイミングでN計算値をつかうか?です。

これについてはぼくはけっこう明確な方針を持っています。

上昇トレンドという仮定において、ぼくがN計算値をつかうタイミングは、ずばり2回目の上昇の出口戦略を考えるとき、です。

N計算値を実際のチャートで見てみよう

nkeisan

これを実際のチャートで見るとこのようなことになります。

このチャートは2016年末のドル円週足です。

どうでしょうか?

かなりおおざっぱですが、おおざっぱでも手を動かすことはけっこう大事なんですね。

この引き方は一応テクニカル的に節目になっている価格からそれぞれ引いてみた平行線です。

もしこの矢印2本がN計算値にのっとって同じ長さになるのだとしたら、この日のスキャルピングはまだまだ買いから入れるという見方ができるわけです。

N計算値と一目均衡表

ちなみにN計算値というのは一目均衡表の値幅観測論のひとつだということはさきほど書きました。

むずかしい話はいろいろありますが、実際にトレードをするにあたってはそういうトレード理論詳細はそんなに重要ではありません。

ここではN計算値と一目均衡表は密接な関係があるんだということがわかっていれば大丈夫です。

実際に見てみましょうか。どうでしょう? これが同じ日のドル円週足チャートの一目均衡表です。

ichimoku1212

ちょうど雲を上抜けたように見えませんか?

ちなみに一目均衡表をつかったテッパントレードについてはこちらの記事にくわしく書いています。

N計算値と一目均衡表、この2つの考え方から、これはけっこう「買い」で入るために条件がそろったように感じられませんか?

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-N計算値, テクニカル, トレード方法, ドル円チャート, 一目均衡表

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.