https://fx-dakar.com

テクニカル ボリンジャーバンド

FXボリンジャーバンド|スクイーズとエクスパンション

投稿日:2017年5月20日 更新日:

さて、FXのボリンジャーバンドというテーマです。

FXにおけるボリンジャーバンドについてちょっと掘り下げて書こうとおもいます。

果たしてFXでのボリンジャーバンドってどういうものなのでしょうか?

FXにおいてのボリンジャーバンドで、どうやって稼げばいいのでしょうか?

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

FXボリンジャーバンド|ボラティリティを計測する

ボリンジャーバンドは本来、相場のボラティリティを計測するためのテクニカルです。

ボリンジャーバンドというテクニカルは、相場は「スクイーズ(停滞)→エクスパンション(停滞)」の繰り返しなのだという考えに基づいています。

この、スクイーズの場所を探すために作成されたテクニカルがボリンジャーバンドなんですね。

FXボリンジャーバンド|縮小する相場はスクイーズ

つまり、ボリンジャーバンドは、ラインの内や外での、逆張りのトレードとか順張りのトレードとかは、意図されていないんです。

相場のボラティリティを測るのが主目的のテクニカルなんですよ。

FXでトレードをするにあたって、エントリーのポイントを示してくれるテクニカルというわけではないということですね。

ボリンジャーバンドが縮小していれば相場はスクイーズ、ボリンジャーバンドが膨らんでいればエクスパンション。

それを視覚化してくれるのがボリンジャーバンドということです。

FXとボリンジャーバンドの定義

スクイーズをいち早く見つけて、次に来るであろうエクスパンションに乗るためには、FXトレーダーとしてはそれをわかりやすく認識するためのテクニカルがあるとやりやすいわけです。

ボリンジャーバンドはそのためのテクニカルなんです。

これは株においてもFXにおいても同じですね。

なので、一般的に言われているボリンジャーバンドの〇σに当ったらエントリーとか決済とかって、実は厳密に言えば、本来のボリンジャーバンドの存在意義ではありません。

それは、「ボリンジャーバンドはこういう風につかうものだ」という体裁で書かれていたとしても、実際はちがうということです。

実のところは、そのブログなり教材なりを書いている作者の人が、「自分はボリンジャーバンドはこういう風につかうと良いと思っている」ということでしかありません。

ご存知でしたか?

ボリンジャーバンドの持つ意味合い

細かい計算方法は後で説明しますが、まずはこのラインの意味合いについて説明していきましょう。

過去の一定期間のローソク足の終値を統計学的に分析した結果を表示しているのが、ボリンジャーバンドです。

まず、基本となるのがミドルラインで、テストで言うと偏差値50、つまり平均点ですね。

実際に、ボリンジャーバンドを検索して調べてみるとわかりますが、このテクニカルの説明においては、必ず「偏差値」という言葉がでてきます。

このミドルラインについての認識は、ボリンジャーバンドというテクニカルを理解する上で、とても重要です。

つまり、今までの値動きの中における、「平均点の点」を結んで構築されたものがミドルラインということです。

チャートは右にすすむほど時間が経過しているので、平均点の点を結ぶということは、ボリンジャーバンドにおけるミドルラインは、常にその時間足における平均の為替取引の価格を示しているということですね。

ボリンジャーバンドのミドルラインの理解

Holiday

ぼくは株についてはあまりちゃんとした知識がありません。

なので株のトレーダーの方がボリンジャーバンドをどう理解しているかについてはよく知らないんです。

でも、株のトレードにおいてボリンジャーバンドがどういう風につかわれているかを知らずとも、これは声を大にして言いたいです。

それはずばり、ボリンジャーバンドのミドルラインについての認識はとても重要な知識だということ。

ぜひ、この記事で書いたことを、ご自身なりにもっと深めて勉強するようにしてみてください。

インターネットで調べるようでもいいです。

あえて間をおくためにも、この記事はここで終わりにしておきますね。

FXボリンジャーバンド|トレンドの方向はわからない?

の記事につづきます。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-テクニカル, ボリンジャーバンド

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.