一目均衡表

一目均衡表の雲はわかりやすいので注目!突き抜けたらエントリーで!

投稿日:2016年11月6日 更新日:

FXトレードで一目均衡表は欠かせません。

一目均衡表は細田悟一という人が考案したチャート分析法です。

この人のペンネームが「一目山人(いちもくさんじん)」だったので一目均衡表と名づけられました。

この一目均衡表、実際にチャート上に描いてみるとかなりフクザツそうに見えるんですよね。

hukuzatsu

でも安心してください。

とりあえずは「雲」にだけ注目してみましょう。雲だけ見ていても、かなり価値のある情報を提供してくれます。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

結局「雲」はどうつかえばいいの?

wakaranai

結論から言うと、「雲を突き抜けたときに、突き抜けた方向にエントリーする」のがテッパンの使い方です。

ものすごく手短に言ってみました。笑

でもこれだけじゃあまだちょっとわかりにくいですよね。もうすこし説明します。

チャート上の一目均衡表

kumo-ichimokukinkohyo1

上のチャートを見てください。

このチャート上の緑のところが「雲」です。

こうして見てみるとロウソク足の上にいつもふわふわ浮かんでいる雲みたいですよね。

突き抜けるというのはつまり、この画面のようにロウソク足が雲の方向に向かっていき、やがてその上に出てくることを意味します。

このチャートはポン円なのですが、もしAで買い、Bで売り抜けることができれば約7円分をとったことになります。

Aがだいたい131.5円、Bが138.5円のときなので。

一目均衡表の雲をつかうときのコツ

kumo

でもそういつもうまくはいかないんですよね。

例えば雲抜けのときには抜けたとおもっても逆戻りすることがあるんです。

そうなるとせっかくエントリーしたのにすぐに損失を抱えることになっちゃうんですよね。

ちなみにそういう事態を防ぐための方法としてオススメなのは、「いったん雲抜けしたあとの押し目でエントリーする」、というやり方です。

kumo-ichimokukinkohyo2

このチャートは前述のチャートを拡大したものです。黄色い線のほうで買うほうがより安全ということですね。

この例の場合は突き抜けたあとの戻りが浅いので「A」で入っても深手は負いませんが、用心に越したはありません。

一目均衡表の雲 まとめ

matome

さて、いかがでしたか? かいつまんで一目均衡表の雲について書いてみました。

ちなみに今回の説明は「買い」でエントリーする場合でしたが、もちろん「売り」から入るときにもつかえます。

kumo-ichimokukinkohyo3

その場合は雲が下にある状況で、下に突き抜けることになります。

最後にひとことアドバイスです。雲は細いときほど突き抜けたときのロウソク足に勢いがあることが多いです。

ぜひ一目均衡表の雲に注目してみてくださいね (^^♪

FX一目均衡表をどこよりも詳しく説明した記事!

☝ちなみに、一目均衡表については、こちらの記事にくわしく計算方法やトレード方法を書いています。

ぜひ読んでみてください(^^ゞ

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-一目均衡表

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.