https://fx-dakar.com

ドル円チャート 今日のFXチャート 実需とFX

輸出企業のドル売り円買い!|FXのブログ!チャート11月28日

投稿日:2016年11月28日 更新日:

こんばんは。

今日は為替相場、全体的に急展開でしたね~(^_-)

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

輸出企業の円買いはいつ起こりやすいか

geraku

さて、今日は話題としては輸出企業の円買いはいつ起こりやすいか? というところをちょっと書いていこうとおもいます。

冒頭のチャートは今日のドル円15分足です。

ちょうど今日、ドル円が上昇トレンドの最中急に下落したんですよね。

ロイターの記事に今日は「輸出企業」という言葉が掲載されました。

ロイターの記事を抜粋

reuter

これ、どういう文脈だったか?

抜粋します。

感謝祭の休暇シーズンを経て、投機筋による利益確定売りが先行したほか「仲値公示を挟んで月末の輸出企業による売りもあった」(国内金融機関)という。

引用元:http://jp.reuters.com/article/idJPL4N1DT2LO

これですね。

カッコをつけて国内金融機関と書き、うちの見解ってわけじゃないよ、と言っているのはいつもどおりです(´・ω・`)

月末の輸出企業による売り、とは

kau

さて、今日注目するのはこの「月末の輸出企業による売り」の部分です。

どうしてドル円の下落の理由のひとつに輸出企業による売りが挙げられるのか?

これ、じつは正確に言うと売りじゃなく「買い」なんですね。

つまり「ドル売り円買い」です。

輸出企業はなぜ円を買う?

kyuryo

このへんの話というのはこんな感じです。

まず、ドル建てで契約をする輸出企業というのは輸出した製品の代金はドルで受け取りますよね。

ですが、国内で働いている従業員の給料や、日本国内のサプライヤーへの支払いは円で行います。

こういう背景がまずあります。

輸出企業の収益は絶対値が大きい

engai

そうするとどうする必要性が出てくるか?

当然会社は受け取ったドルを円に両替しなければいけないわけです。

つまり「ドル売り、円買い」の必要性が出てくるわけです。

ここで注目すべきなのがそのタイミングです。従業員の給料や日本国内のサプライヤーへの支払いは、どういうタイミングでされることが多いでしょうか?

輸出企業は月末にドルを売る

yusyutu

ここまで書くと話は見えてきたとおもいます。そう、輸出企業は月末にドル売り円買いをすることが多いんです。

これは年ベースで見た場合は、決算が近いと顕著になる傾向があります。特に年末や年度末ですね。

さて、あとは今回のドル円のチャートのかたちですよね。こっちはどうだったか?

まさかここまでとは思わなかった

naze1

仮に今日のタイミングで大量のドル売り円買いをした輸出企業が多かったとします。

なぜ今回のタイミングなのでしょう。

それはおそらく意外にもトランプノミクスでの上昇がここまでの水準に達したからなんだとおもいます。

月初の大統領選挙のとき、トランプ氏が大統領になることが決まった瞬間、輸出企業の多くが円買いしたんですね。

「もうしばらく100円台にも行かないかもしれない」くらいの衝撃がありましたからね。開票日当日は。

今を逃すべきではない?!

Worker

でもフタをあけてみたら全然そんなことはなかった。

むしろ月中の圧倒的な上昇トレンドを見ていて、給料ゲットのタイミングは今だ!と判断する企業が増えたんですよ。

少なくともわたしはそうおもうんですね。

11月にもかかわらず、こういう現象が起きたことの一因として、絶対に挙げることができる側面です。

輸出企業のドル売り円買い!まとめ

Bank1

もちろんドル円下落の主因はやはり外資の利確ないし仕掛けだとおもいます。

感謝祭明けでここからさらにドル買いの流れに行くぞ、という出鼻をおもいっきりくじいたわけですからね。

損切りの発動もかなり多かったとおもいます。

でも、そういう主だって語られるストーリーの裏に、実需のドル売り円買いもあるんだということを知っておくことは、決して意味のないことではないとおもいます。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-ドル円チャート, 今日のFXチャート, 実需とFX

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.