https://fx-dakar.com

Dakarの手法 マネーゲーム

トレーダーK、馬を語る!アプローチが秀逸なDakarの手法

投稿日:

※この記事は、Dakarのトレード仲間のヘッジファンドトレーダーKさんの語りと、ぼくとの対話をメインに構成しています。KさんがLINEみたいな感じが好きなので、この記事はLINE的な感じにしてます。

これまでの流れは、こちら↓の記事群を参考にしてみてください。

トレーダーKの記事 1回目
トレーダーKの記事 2回目
トレーダーKの記事 3回目

-----------

ごぶさた!Kだ!あのKさんが、帰ってきたぜ!

(↓ブログランキング、気が向いたら押しといてやってくれ!)

来たぜー!Kだ!

トレーダーK
ひさしぶりの登場だからな。俺のことを知らない奴も多いと思う。
ダカール
そうですね。
トレーダーK
てことでまた自己紹介しておく。俺はヘッジファンドで金融取引の執行判断まで自分でやってるKってもんだ。わかりやすく言えばプロップってやつだな。

※プロップ:プロップトレーダーのこと。職制柄、会社に属しつつも自身のトレードにおける稼ぎ分が自身が受け取る報酬に直接響く。良くも悪くも、自分の腕次第で毎年の年収が激しく上下動する。

ダカール
はい(^^)b
トレーダーK
ちなみに、好きな大根は三浦大根だ!
ダカール
好きな大根、、、三浦大根って、あの三浦半島のやつです?
トレーダーK
お、知ってるな?そうだ。ブリ大根にするとうまいやつな。
ダカール
そうなんですか。
トレーダーK
そうだ。お前は大根と言えばカイワレ大根くらいしか食べないと聞いたが??
ダカール
それはいったい誰からの情報なんですか。笑
トレーダーK
ま、それは冗談として、お前は?好きな大根は?
ダカール
好きな大根と言われてパッと思いつくような大根がないです、、、
トレーダーK
・・・お前、変わってるな。
ダカール
変わってるのは、ぼくのほうなんですかね?笑

ソーサートップを知ってるか?

トレーダーK
そういや、最近職場で競馬好きな同僚が言ってたんだがな。
ダカール
ん?どんな話です?
トレーダーK
Dakar的には、どんな名前の競走馬が速そうだと思う?
ダカール
うーん。
トレーダーK
そういう話になったのよ、この前。ま、ほんの雑談だけど。
ダカール
なるほどですね。
トレーダーK
俺なんかはな、たぶん「ソーサートップ」って名前の競走馬とかいたら、だいぶ速いと思うんだ。

※ソーサートップ:緩やかな勾配の山状のチャート形状のこと。

ダカール
何言ってるんですか。笑
トレーダーK
最後の下落が早いわけだから、追い込み馬だよな。
ダカール
・・・。
トレーダーK
末脚切れるぜ、たぶん。
ダカール
・・・。
トレーダーK
俺なら単勝で狙う。チャート形状的に、最初は神経質そうだから18頭立てなら紛れに配慮して後ろにつく。そんで最後コーナー回ったときにいっきに・・・
ダカール
名前だけでそこまでイメージふくらませるんですね(^^;)
トレーダーK
「神奈川で1番速い馬ってのは君のことかね?」「ソーサー!」みたいな。
ダカール
はいはい。笑
トレーダーK
神奈川No.1競走馬。
ダカール
はいはいはい。笑

そろそろ本題だ

トレーダーK
ま、ソーサートップの話はとりあえず置いておこうか。
ダカール
なんか今回も完全に振り回されてますね、ぼくは。笑
トレーダーK
今回はお前のやり方を俺の視点で解説してみようと思う。
ダカール
おー、それはなかなか面白そうですね(^^)
トレーダーK
耳をかっぽじってよく聞け。
ダカール
はい(^^)
トレーダーK
お前の個人FXのやり方は、ヘッジファンド的に説明するとディレクショナル型ってやつなんだな。
ダカール
あ、はい、それはぼくがぼくのFXの師匠に弟子入りした時にベースになる理論としてちょっと教わりましたね。
トレーダーK
戦略ってのは、大別するとアービトラージ型とディレクショナル型にわかれる。
ダカール
はい。
トレーダーK
まぁ、イベントドリブンも入れて3つという論調もあるけど、あれはあれでかなり特殊だからな。おれは一般的には2つに分けられると考えていいと思っている。
ダカール
そこは、いろいろな考え方がありますからね。
トレーダーK
んで、アービトラージ型に関してはまた別の機会に話すとして、今回はディレクショナル型についてだな。
ダカール
はい。
トレーダーK
じつは、お前の個人としての為替相場の攻め方って、ヘッジファンド的な見方からしてもかなりツボをついたやり方なんだな。
ダカール
そこは、ぼくのFXの師匠は偉大な人なので、そうでしょう。
トレーダーK
ま、順序立てて話すとするか。

2つのアプローチ方法

トレーダーK
おれは、ふだんは金融市場全体を舞台にして戦ってる。Forexだけでなく、StockMarketを攻めることも多い。
ダカール
はい。
トレーダーK
だからディレクショナル型についても、その戦略の本当の意味での強みを一応そのへんの奴よりは知っているつもりだ。
ダカール
ディレクショナル型に関して体系的に理解している立場ですよね。
トレーダーK
そうだ。
ダカール
ぼくにとっては、あくまでFXで勝つための方法を学ぶ過程の中で知るにいたっただけの言葉でした。
トレーダーK
話の都合、株の個別銘柄を攻めるときのディレクショナル型の特徴から話を展開していこうと思う。
ダカール
はい。
トレーダーK
株を攻めるときのディレクショナル型戦略ってよ、トップダウンアプローチとボトムアップアプローチがあるのよ。
ダカール
それは、ぼくははじめて聞く話のような気がしますね。
トレーダーK
だろうな。まずトップダウンアプローチだが、これはいわゆるマクロ経済的な視点からのアプローチな。
ダカール
というと?
トレーダーK
ま、早い話が、政権交代による国内株式相場への影響とか、自国の経済指標なんかの数字からこれからの経済の流れを予測してシナリオを打ち立てていくような視点だ。
ダカール
なるほど、理解しました。
トレーダーK
トレンド方向を予測できたのなら、「そっち方向」にポジションを積み上げていくわけだな。
ダカール
はい。
トレーダーK
対して、ボトムアップアプローチってのは、指標とかは関係ないわけだ。あくまで個別企業の決算の結果を見て、今後伸びそうなのをスクリーニングしていくのがボトムアップアプローチだな。やり方によっては、業種ごとの指数とかも全然考慮しなかったりする。

※スクリーニング:さまざまな条件をつけて銘柄を絞り込むこと。

ダカール
なるほどなるほど。

DakarのFX手法のアプローチ

トレーダーK
それで、だ。ここで話は戻るが、お前の個人戦略だよな。
ダカール
はい。
トレーダーK
お前の個人としての為替相場の攻め方、つまりFXの戦略は、ヘッジファンド的に言うとトップダウンアプローチのディレクショナル型ってことになるわけだ。
ダカール
ですね。
トレーダーK
ディレクショナル型で為替相場を攻めるときにトップダウンアプローチになるのは当たり前で、要はこれはマクロの視点から攻め上げていくやり方ってことだよな。為替相場においてはそもそもチャート構成要素が2つある。
ダカール
Kさんの言うチャート構成要素というのは、つまり通貨のことですね。為替相場では1つのチャートに2つの通貨がかかわっているということを言っているわけですね。
トレーダーK
そうだ。だが、その2つ、つまり2つの通貨ってのは、それそのものの価値がマクロの視点で上下動するものだ。だから、為替相場においてはボトムアップアプローチのディレクショナル型というものが成り立たないわけだな。
ダカール
はい。
トレーダーK
もちろん、他社では解釈を変えてその種のものが存在するものとして戦い方を編み出しているところもあるが。まぁその話はややこしくなるからとりあえず今は触れない。要は俺が言いたいのは、為替相場においては、新興国通貨を攻めることまで考えないならば通貨選定を重要なファクターとして捕らえるような戦略はほぼないってことだ。
ダカール
なるほど、そういう話ですね。
トレーダーK
チャート構成要素の双方がメジャー通貨である場合、その2つの通貨動向は自国経済の状態にも影響を受けるが、基本的には世界経済全体の流れの中で同じように推移していくからな。選択することが、稼ぐにあたってそんなに大きな価値を生まないわけだ。株ではどちらかのアプローチを主軸にして戦っていくとしても、もう片方のアプローチも補完的に行っていくことが多い。
ダカール
あ、だんだんわかってきました、話の方向が。そういう話であれば、おそらくぼくのやり方で補完しているのは・・・
トレーダーK
ん?
ダカール
相関を見る視点?
トレーダーK
あ~、、、言いたいことはなんとなくわかるが、ちょっと飛躍してるな。
ダカール
・・・話の続きをおねがいします。

「前乗り」の話

トレーダーK
わかった、話を戻す。つまり、StockMarketではトップダウンアプローチを主軸にして戦っていくとしても、ボトムアップアプローチも並行して取り入れていくもんなんだよ。これは、相場から1円でも多く稼ぎ出すことが至上命題のファンドにとっちゃ、いわば当たり前の方針だ。顧客からカネ預かってるわけだからな。増やさなきゃならねえ。
ダカール
はい。
トレーダーK
為替相場を攻めるにあたっては一方のアプローチ、つまりボトムアップアプローチができないわけだから、不確定要素が増えたように感じるトレーダーもいる。例えば、株を攻めることが多いプロがそういう考え方になってしまうことがある。
ダカール
なるほど。
トレーダーK
だが、実際はちがうわけだ。為替相場では為替相場なりのディレクショナル型があるってことだな。それは、いわゆる「一攫千金」を狙うための選択肢だ。なぜかというと、突如として相対的にでかいボラティリティを伴う可能性がより高い為替相場でディレクショナル型を選ぶってことは、かなり大きく稼げる可能性があるからだ。
ダカール
アービトラージ型は両建てですからねー。
トレーダーK
そうだ。つまり、アービトラージ型は保険をかけるように逆のポジションもとっていくわけだが、ディレクショナル型ってのは「チャートの右側」を常に想像してあらかじめそっち方向に前乗りしていくような手法ってことだな。お前の個人戦略は、その「前乗り」に至るまでのプロセスの踏み方が、わりと秀でていると感じている。
ダカール
ありがとうございます。
トレーダーK
しかも誰でもそのへんの店で買える一般家電のPC1台で可能な戦略に仕上がっているってのは、たいしたもんだと思うぞ。
ダカール
はい、全部師匠のおかげですね。それで、なんですが。
トレーダーK
なんだ?
ダカール
さっきの「補完」の話なんですが、やっぱりあれは相関をチェックしていく視点じゃないんです?
トレーダーK
あぁ、その話な。おれはそこはそもそもさっき言ったとおり「為替相場では為替相場なりのディレクショナル型がある」と思ってる。お前のやり方の強みは、MTFだと思ってるな。

※MTF:Multi Time Frameのこと。異なる時間軸のチャートを見て、現在の相場状況やトレンドを把握したうえでエントリーポイントを探るために有効。

ダカール
あー、そういうことですか。
トレーダーK
ディレクショナル型ってトレンドに強いじゃん?でもトレンド相場なんて短期でも中期でもそんなに多くはないわけだ。だから、エントリー機会をなるべく逃したくない。
ダカール
はい。
トレーダーK
逃したくない場合は、なるべくトレンド発動のタイミングを目撃する回数を増やしたいわけだが、お前の戦略はそこをきちんとMTFで対策しているように感じる。
ダカール
そういうことですね。それにしても、ぼくはぼくのFXの師匠から教わったことそのままに自分でぼく自身の弟子のみなさんにも伝えてますが、ヘッジファンドのトレーダーに解説してもらうとこういうことになるんですね。ちょっと今回はいろいろと考えさせられましたよ。
トレーダーK
まぁ、プロップは自身のロジックを自身でつくり上げてる奴らばっかりだ。だから他のプロップはまたちがう説明をすると思うけどな。このブログの読者に、ちょっとでも参考になればいんじゃね?

終わるぜー。

トレーダーK
今日もつくるの~♪つくらないの~♪
ダカール
??急にどうしたんです?
トレーダーK
つくる!つくらない!つくるたー!
ダカール
???
トレーダーK
知らんか。最近俺がたまに見てるYoutubeのチャンネルのテーマソング。
ダカール
そうでしたか(^^;)
トレーダーK
喉痛くなってきた・・・
ダカール
そういえば。
トレーダーK
あん?
ダカール
さっき競走馬の名前の話してましたけど、チャート形状のネーミングの馬がいるかは知らないですけど、「リンシャンカイホウ」っていう馬は昔いたみたいですよ。
トレーダーK
マージャン用語か。笑
ダカール
今もいるのかな?
トレーダーK
メンタンピンドラドラ、とかは?
ダカール
さぁ。笑
トレーダーK
あ、いっけね!これだと10文字だ。競走馬ってのはよ、名前に使える文字数が決まってるらしくてよ、、、
ダカール
はい!長くなりそうなので、この続きはまた今度にしましょう!笑
トレーダーK
あぁ~、俺の記事なのに・・・

(つづく)

トレーダーK

----------------------

トレーダーK

 既婚(バツイチ)
 一男一女の父
 ツテを頼って学生時代から私募ファンドに出入り。
 某超有名ファンドのマネージャーに見い出され、2012年に転職。
 その結果、年収が1300万円アップしたという経歴の持ち主。
 トレンド相場における独特なライン引きの評価が高い。
 慶應大学卒
 神奈川県横須賀市出身
 1979年生まれ

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

XM口座のつくり方!

この記事では、海外FX会社のXMで口座を開設する方法をどこよりもわかりやすくご紹介しています(^^)/ 具体的には、XMの会員ページをつくってログインができるようになるところまでです。本人確認書類を提出して口座を有効化したり、MT4をインストールしたりするためにも、この手順は必須ですよ(^^)b

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

最近よく読まれている記事

1
ポンド円で稼ぐ方法!実戦で役立つリスクオントレードとは?

一般的に、ポンド円で稼ぐ方法ってどんなものなのでしょうか?FXにおいてポンド円という通貨ペアは、とてもよく動くと言われています。これは事実です。今回は、そんな魅力ある通貨ペアであるポンド円で、本当に勝 ...

2
ドル円は水平線が効果的!下落後の反転予測に使えるワザとは?

ドル円チャートって、水平線を引きやすいんですよね。今回は、そんな話をしていきたいなと思います。ぼくはふだん、ツイッターをしているんですが、今回の記事はよりツイッターの内容とリンクした構成にしてみました ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-Dakarの手法, マネーゲーム

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2022 AllRights Reserved.