エリオット波動

エリオット波動で稼ぐ|自信を持って買うための戦略とは?

投稿日:

今回は、FXをするにあたってエリオット波動で稼ぐ具体的な方法について書いていこうと思います。エリオット波動は、正真正銘のトレードで勝つための分析理論です。エリオット波動は他のチャートパターンを内包していたり、途中でローソク足の法則を活用したり、いろいろな使い方ができるんですよね。あまり話を広げすぎても抽象的な記事になっちゃうので、今回はひとつのトレードを切り取って解説していこうかなと思います。この分析理論の構造をちゃんと理解すれば、自信を持ってトレードできるようになれます。ではでは、いってみましょう(^^)/

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

エリオット波動で稼ぐ|知るべきこと

エリオット波動で稼ぐためには、フラクタル構造を知るとよりいいんですよね。

エリオット波動は、フラクタル構造に近い状態になりやすいんですよ。

あるチャートパターンが一定の時間足だけにあてはまっているかと思いきや、さらにその同じ通貨ペアチャートの短時間足においても同時にあてはまっていることって、あるんです。

そういう状況を、

「フラクタル構造になっている」

って言うんです。

常にキレイな上昇5波、下降3波が出現するとは限りませんが、そういう傾向があるということを認識しておくことは意外と大事なので、まずはこのことを知っておいてください。

トレードをするときにおいては、フラクタル構造を見つけにいく道筋はどちらかというとむしろトレードで勝ちにいくことから遠ざかる行為です。

どちらかというとそれは、視野を広げにいく行為ですからね。

でも、構造を認識しておくことで、木を見て森を見ず、の状態にハマってしまうのを避けることができますからね(^^)b

エリオット波動で稼ぐ|初心を貫こう!

完璧ではないにしても、フラクタル構造になりやすいエリオット波動においては、トレーディングチャートにする時間足をきちんと決めることがわりと重要なんですよね。

なぜかというと、他の時間足でも同じような構造になっているからです。

当初は1時間足にエリオット波動の形状を見出していたのに、いざ買ったら5分足のエリオット波動が気になってきた。

そして、エントリー根拠をいつのまにか5分足にすり替えてしまっていた。

なんてことは、わりとありがちなんですよ。

このあたりは、トレーダーとしては初志貫徹の精神が大事になってきます。

この場合、ボラティリティ、ロットコントロール、利確と損切りの水準など、トレード条件は元々1時間足を前提にして決めていたわけじゃないですか。

でも、ホールドをはじめたあとに見る時間足を変えてしまうと、その元々の計画が全部意味のないものになってしまうんですね。

それじゃあ、ちょっともったいないじゃないですか。

せっかくがんばって分析してきたのに。

エリオット波動で稼ぐ|局所的に攻める

仮に、そのトレーディングチャートを1時間足に定めるとしましょうか(^^)

上昇基調ならば、その絵は上のツイートのような形状になっているか、もしくはその途中であるはずですよね?

エリオット波動をちょっと細かく見ていくと、Impulse Phase と Corrective Phase に分けることができます。

Impulse Phase が、いわゆる上昇5波、Corrective Phase が、いわゆる下降3波ですね。

この話は上昇していくという相場環境認識ありきなので、今回は上昇で稼ぐ話に特化してみましょうか。

そうすると、冒頭の絵の赤字の5のところまでの値動きで稼いでいくことになります。

エリオット波動って、全体を考えていくと

「なにやらちょっと複雑な動きをしているなぁ」

みたいに感じてしまう方も多いんですよね。

なので、最初は局所的に攻めていくことをおすすめします(^^)b

エリオット波動で稼ぐ|初期段階

さて。

と、いうことで。

局所的に見ていきましょうか(^^)b

見ていくのは上昇局面なので、第1波から第5波を集中的に見ていきます。

まず第1波ですが、これはシンプルに上げている絵ですよね。

上昇トレンドの最中で、その時に出ている材料が示す方向に素直に向かっていっている絵です。

そして第2波は、プルバックですよね。

世の多くの機関投資家はトレンドが出ていると見るや即参戦してくるわけです。

投下された資金は、いつか必ず引き上げられます。

なぜかというと、値幅を抜くことで彼らは顧客の資産を膨らませているからですね。

利確の動きにより、チャートが一度下落した展開が、この第2波になるってことです。

エリオット波動で稼ぐ|狙うべき波動

プルバックのあとは、再度上昇に転じます。

これが、第3波です。

現代為替相場においては、この第3波がかなり長くなる傾向が強いんですよね。

なので、ここは特に狙っていきます。

ロットを上げれば大きく稼ぐことも可能ですよね。

ある意味、エリオット波動において一番狙うべき波動は、この第3波になるかなと思います。

ピラミッティングが効果的になってくるのが、この波動ですよね。

場合によっては、まるでロケットが発射されたような超大陽線が出現することもあります。

そして、一度突き抜けたチャートは、最終的には大陽線を伴っていったん終わることが多いです。

こういうときによくあるのは、左が陽線のパターンの切り込み線とかですよね。

さんざん上がってきたチャートが、ようやく小休止を迎えるタイミングが、第4波のはじまりになります。

エリオット波動で稼ぐ|終わらせる

一度小休止を挟みながら、だいたいのチャートはさらに高値を試しにいくんですよね。

なぜかというと、まだ材料の効果がなくなったとは判断されていないからです。

こういう展開は、いかにも欧米のトレーダーが好きな展開になります。

いわゆる、追い打ちですよね。

変に、

「そろそろ逆行するだろう」

などとは微塵も思わない彼ら。

目の前のチャートが上昇基調ならば、まだ買うのみという判断をしてくるわけです。

そうして三度上値を試すのが、第5波ということですよね。

さすがに彼らも、すでにこの上昇トレンドが一番熱気に満ちていたタイミングだった第3波の存在は認知しているんですけどね。

それでも、もうちょっと買ってくるってことです。

このあたりの話は、スキャルピングでもスイングでも似通った事情になります。

エリオット波動で稼ぐ|効率良く勝つには?

第5波に関しては、第3波の終わりとほぼ同水準か、ややそれよりも上回る水準で終わります。

第5波は、上昇トレンドが終わりを迎えるタイミングなんですね。

こういう形状って、現在、為替相場ではよく見かける光景です。

なので、よーく咀嚼するようにしてみてください(^^)b

理論上は、上の絵の「①」のタイミングで第3波をとらえるのが一番効率がいいトレードということになります。

が、実際にやってみるとわかるかなと思いますが、第2波が終わるタイミングをリアルタイムで見定めるのはなかなかむずかしいです。

なので実際には、この第2波から第3波の流れをプルバックと考えて、第3波がはじまった後に再度第1波が終わった水準あたりまで来たら買うと間違いが少ないかなと思います。

つまり、ブレイクアウトを狙うってことですよね。

ブレイクアウトで勝つ方法|初動をがっつり狙い撃ち?!

そのへんの話については、別に記事↑を書いているので、読んでみてくださいね(^^)/

エリオット波動で稼ぐ|まとめ

shimauma

さて、いかがでしたか(^^)?

今回は、エリオット波動で稼ぐ方法のひとつを紹介してみました。

今回の話、さらに余裕があれば、ぜひフラクタル構造の認識も生かしてトレードするようにしてみてください。

具体的には、冒頭の絵で考えれば、赤字の2と赤字の3をつなぐラインがキモですよね。

ここは大きな視点で見ればエリオット波動の第3波になるじゃないですか。

この第3波に絡む青い点線、つまり小さなほうのチャートの上昇5波に、今回解説してきた流れをあてこむんですよ。

そうすると、地合い認識まで生かした強力なエントリー根拠を得ることができるということが、わかります?

ここの上昇はつまり、大きなエリオット波動の第3波であり、且つ小さなエリオット波動の第3波も含まれている局面ってことです。

この局面で、小さなエリオット波動の第3波に乗れれば、けっこうしっかりと自信を持って、

「強い握力」

のトレードができるかなとおもいますよ(^^)b

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

XM口座のつくり方!

この記事では、海外FX会社のXMで口座を開設する方法をどこよりもわかりやすくご紹介しています(^^)/ 具体的には、XMの会員ページをつくってログインができるようになるところまでです。本人確認書類を提出して口座を有効化したり、MT4をインストールしたりするためにも、この手順は必須ですよ(^^)b

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

最近よく読まれている記事

1
ポンド円で稼ぐ方法!実戦で役立つリスクオントレードとは?

一般的に、ポンド円で稼ぐ方法ってどんなものなのでしょうか?FXにおいてポンド円という通貨ペアは、とてもよく動くと言われています。これは事実です。今回は、そんな魅力ある通貨ペアであるポンド円で、本当に勝 ...

2
ドル円は水平線が効果的!下落後の反転予測に使えるワザとは?

ドル円チャートって、水平線を引きやすいんですよね。今回は、そんな話をしていきたいなと思います。ぼくはふだん、ツイッターをしているんですが、今回の記事はよりツイッターの内容とリンクした構成にしてみました ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-エリオット波動

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2022 AllRights Reserved.