https://fx-dakar.com

N計算値 チャートパターン トレンド相場

ペナントの使い方|上昇トレンドで買う具体的な戦略とは?

投稿日:

アセンディングトライアングルやディセンディングトライアングルが崩れた結果、よくできあがるチャートパターンがあります。ペナントも、そのひとつなんですね。基本的にペナントは、上にも下にも行かずに「なんだかウロウロしている状態のまま」の形状です。でも、ウロウロしてはいるんですが、トレーダーとしてはわりと近い未来に期待してしまう形状なのも、ペナントの特徴なんですよね。なぜなら、だんだん先細っていく展開なので、「これはそろそろ大きく動きそうだぞ!」と思わせてくれる状態だからです。と、いうことで。今回はそんな「将来が楽しみ」なペナントの使い方について、書いていこうとおもいます(^^)b

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

ペナントの使い方|そもそも?

ペナントの使い方を説明する前に、そもそもペナントとは何ぞや?って話ですよね(^^)b

ペナントって、早い話が冒頭の絵のように、チャートのかたちがペナントのように旗状になっている状態を言います。

チャートは左から右へ推移していくものなので、これはつまりだんだん値幅がなくなってきている状況ですよね。

しかも、上にも下にも偏らず、上下動を繰り返しながらじわじわと中央らへんにとどまっていくような展開。

そういう値動きがかたちづくるチャート形状を、ペナントって呼ぶんですね。

単に、

「はためくペナント」

ということだけしか認知していないと、このかたちを左右真逆のかたちで覚えてしまうFX初心者の方もいます。

そのへんは、気をつけましょう。

ペナントは、左から右に風が吹いている状態の絵ってことですね(^^)b

ペナントの使い方|抜けた後が問題

さてさて。

と、いうことで。

今回も、もうどんどん具体的に掘り下げていきましょう(^^)/

上のぼくのツイートを見てください。

ペナントって、先ほど触れたとおり単なるチャート形状のことを指すんですね。

なので基本的には、トレーダーがこのかたちをトレードに生かしたい場合、何らかのルールを自分なりにつくっていかないといけない類のものになります。

上抜けたり下抜けたりした後なら、上昇ペナントとか下降ペナントとかだれでも言えるんです。

これらは、均衡が崩れた「結果」の名称ですからね。

トレーダーとして問題になってくるのは、抜けたあとにどう攻めるか?

今回は、その点を掘り下げていこうとおもいます(^^)b

ペナントの使い方|具体的には?

今回は上昇トレンドで買うという前提ありきなので、分析の結果、すでに上抜けるだろうというシナリオを描いている段階から、話はスタートです。

ペナントの先っぽで買うという判断をすることは決めたけれど、いったいいつ利確すればいいのか?

スキャルピングならば、いつトレードを終わらせればいいのか?

このへんの話ですよね。

じつはこれ、ちゃんとしたロジックが存在します。

相場において注目されるロジックって、時代と共に変化しています。

これから触れる話は、その類の

「最近の流行りの話」

ですよね。

最近よくプロの世界で使われているのは、

「値幅観測論」

と言われているものなんですよ(^^)

ペナントの使い方|値幅観測論

上のツイートを見てください。

有名な値幅観測論のひとつに

「N計算値」

というものがあるんですね。

N計算値とは?FXでDakarがよくつかうチャートパターン!

N計算値は↑この記事で書いたように、基本的には上昇トレンドでBCラインが押し目をかたちづくる形状になります。

このN計算値を知ると、

「過去の値幅から今後の展開を思い描いていく」

という値幅観測論が、よくわかるかなとおもうんですよね(^^)

要は、このN計算値の押し目部分にペナントを当て込むと、これが流行る理由がわかるってことです。

ちなみにぼくの感覚としては、N計算値の次によく見るのは、V計算値の展開あたりかなと思っています。

ペナントの使い方|これで勝てます!

トレーダー視点の話ですが。

さきほど紹介したツイートで、ぼくは

「ペナントって、上昇トレンドの途中の単なる踊り場になることも多い」

と言っていましたよね?

ペナントが出現してもまだそれまでの上昇トレンドはつづいていくと見込める時は、上のぼくのつぶやきのような絵をぜひ想像してみてほしいんですよ。

一部、字が小さくて見にくい場合は、ツイートをタップしてみてください。拡大できるので(^^)

この絵を見てもらえると、

「踊り場」

という言葉の意味がなんとなくでもわかるかなと思います。

この絵は、ペナントがN計算値の中に内包されている状況なわけですね。

ペナントの使い方|まとめ

さて、いかがでしたか(^^)?

基本的にはペナントは、均衡が崩れてからが勝負です。

前もっての分析において上昇が継続すると判断できる場合は、今回ご紹介した視点で考えていくと、わりと勝てます。

ぜひ、参考にしてみてください。

上昇かどうかは、相場環境認識次第ですね(^^)

キーは、N計算値ですよね。

ペナント形成に至る前段階において、いったいその当該チャートはどれほどの値幅でもって上昇してきていたのか?

ここを振り返っておくと、自然と利確ポイントまで思い描けるわけですね。

なぜならばその値幅を、ペナントを上抜けした後の値幅に当て込むことができるからです。

値幅観測論は、利確水準を考えることができるロジックなんですよ(^^)b

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

XM口座のつくり方!

この記事では、海外FX会社のXMで口座を開設する方法をどこよりもわかりやすくご紹介しています(^^)/ 具体的には、XMの会員ページをつくってログインができるようになるところまでです。本人確認書類を提出して口座を有効化したり、MT4をインストールしたりするためにも、この手順は必須ですよ(^^)b

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

最近よく読まれている記事

1
ポンド円で稼ぐ方法!実戦で役立つリスクオントレードとは?

一般的に、ポンド円で稼ぐ方法ってどんなものなのでしょうか?FXにおいてポンド円という通貨ペアは、とてもよく動くと言われています。これは事実です。今回は、そんな魅力ある通貨ペアであるポンド円で、本当に勝 ...

2
ドル円は水平線が効果的!下落後の反転予測に使えるワザとは?

ドル円チャートって、水平線を引きやすいんですよね。今回は、そんな話をしていきたいなと思います。ぼくはふだん、ツイッターをしているんですが、今回の記事はよりツイッターの内容とリンクした構成にしてみました ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-N計算値, チャートパターン, トレンド相場

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2022 AllRights Reserved.