https://fx-dakar.com

スキャルピング 資金管理

FXのロットコントロールとは|勝率にこだわらずに行こう!

投稿日:2021年5月23日 更新日:

基本的に、ぼくは自信を持てたらもうどんどんロットコントロール込みのトレードをしていってください、と伝えるんですね。これはつまり、自分の勝ちパターンの局面ではもうガンガンロットを増やしていくべき、ということです。稼げるときに稼いでおくことは、いずれ必ず執行することになる損切りトレードへの備えにもなるんですね。なにも負ける時のために勝っておこう、と言うつもりはさらさらないですが、これはトレードを続けていくのなら自然とこういうことにもなってくるんです。なんですが。じつは、ここにFX初心者さんがハマってしまう話が存在するんです。

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

FXにおけるロットコントロールとは?

単純に資金の出し入れを考える場合、ロットをコントロールするという言い回しは、上のツイートのような意味合いにもなります。

つまり、ある通貨ペアに自己資金を投入して、利確後にまた違う通貨ペアで稼ぎにいく、というような意味ですよね。

こういうのもロット(=自己資金)の運用先を変えて、さらに勝てそうなチャートに照準を定めてエントリーしていく、という意味で、ロットコントロールですよね。

でも、今回の記事では、そういう話よりもうちょっと手前の段階、つまり、

「ロットコントロールをするというのはいったいどういうことなのか?」

という話を展開してみたいと思います。

それはつまり、コントロールをすることで勝てるようになるんですよ、という話をするということではなく、「そもそも論」ですよね。

あえて、勝てそうなのにブレイクイーブンで終わることになるトレードの話なんかも、書いていこうかな。

そうすることで、ロットコントロールの本質的な部分が伝わればいいなと思うので(^^)b

FXのロットコントロール|計画性が大事!

トレードで実際に資金投下をする局面においては、計画性がとても大事になってきます。

FXって、うまくいかなくても、自己資金が少ないうちはそれほどダメージを負わないんですよね。

でも、数百万分、数千万分と、ロットが大きくなっていくにつれて、それこそ1回1回のロット量が家1件買えるくらいの規模になっていくわけです。

考えてみてください。

普通は、マイホームを購入するのに、その時の気分だけで決断するなんてことはしないですよね?

夫婦それぞれの実家との距離、通勤距離、生活圏内の治安、駅から近いか、組めるローンの種類などなど、さまざまな諸条件を考えた上で、ようやく決断を下す類のものなわけです。

また、いくら自己資金が少ないうちはダメージが大きくないと言っても、いつまでたっても小さな負けを繰り返していたんじゃあ、もったいないってものです。

小さな負けが繰り返された結果、ふと気づいてみたらその合計額がとんでもないことになっていた、なんて話もよく聞きます。

複利で効率よくお金を増やしていくためには、トレードをはじめる最初の段階から、ロットコントロールについてきちんと学び、これを実行していくことが大事になってくるんですね(^^)

FXのロットコントロール|量的?

じゃあ、ロットコントロールって、具体的にはいったいどんな行為なのか?

この記事のテーマは、ここですよね。

ロットコントロールって、端的に言ってみれば

「自己資金を相場に投下する際の、量的なさじ加減」

です。

量的ってところがポイントですよね。

つまり、上下動するチャートのリアルタイムの価格水準を見る行為ではなく、あくまで自分のお金の制御具合ってことです。

もちろん、ロットのコントロールの仕方も、当然戦略に組み込んでいくべきなんですね。

上のツイートで触れたように、ロットコントロール上の戦略をきちんと練れば、当初描いたシナリオの数倍の利益をもぎとってくることも可能になってくるんです。

こう書くと、ナンピンなんかもロットコントロールのように感じるかもしれませんが、ナンピンはシナリオから逆行したときの対応のひとつなので、ロットコントロールではありません。

具体的に考えてみる

具体的に考えてみます。

たとえばドル円で、時系列順にトレード履歴を並べてみましょうか。

  • 10ロットで10銭の値幅を抜く
  • 10ロットで10銭の値幅を抜く
  • 10ロットで10銭の値幅を抜く
  • 30ロットで10銭の値幅分負ける

あくまで例ですが、こんな感じでトレードをしたとします。

これはつまり、合計4回のトレードをしたってことですね。

最初の3回は上昇トレンド相場でコンスタントに利益を積み上げていたのに、気分良くロット上げた途端にチャートが逆行して損切りになった、みたいなトレードです(^^;)

いわゆる高値づかみですよね。

どうでしょう?

実際にこんな経験ある、という人は、多いんじゃないかなとおもいます。

なんと勝率は75パーセント!

話をシンプルにするためにすべてのトレードの値幅を同じにしているんですが、この話、ちょっと興味深くないです?

これって、4回のトレードのうち、3回勝って1回負けた、ということなので、3勝1敗です。

なんと、勝率は75%なんですよ。

75%って、だいぶ高いですよね。

例えば、朝のニュースで降水確率75%だったら、その日はだれでも傘を持っていくと思うんです。

洗濯物も干さないと思うんです。

でも、このトレードをした結果、このトレーダーの口座残高はどうなったかというと、4回のトレードをする前と全く同じなわけです。

単純に値幅で考えると、「Break Even」ってチャート上に可視化できるポイントですよね?

いわゆる、同値撤退のラインがそれにあたるわけです。

一方、このロットコントロールの話は、その類の話とはまたちょっとちがうわけですね。

効果的なロットコントロール

さまざまな角度からロットコントロールについては考察してみてほしいので、今度は勝率ベースで考えてみましょうか。

たった今書いたように、その場の感情に流されてトレードをすると、勝率が50%を上回っても稼げないことがあるわけです。

でも、この話って、考え方を変えてみると、勝率はお金を増やしていくにあたって、じつはそんなに追及していかなくてもいいってことでもあるんですね。

例えば、今度は5回トレードをするとします。

  • 10ロットで10銭の値幅分負ける
  • 10ロットで10銭の値幅分負ける
  • 10ロットで10銭の値幅分負ける
  • 10ロットで10銭の値幅分負ける
  • 40ロットで10銭の値幅を抜く

今回のトレードを時系列順に並べると、こんな感じですね。

つまり、今回に関しては、勝率20%のトレードだったわけです。

トレードを考察してみる

この話、どう思います?

繰り返しますが、このトレードに関しては、勝率がたったの20%なわけです。

でも、この5回のトレードをすべて終えた時点で、このトレーダーの口座残高は、これまたトレードをする前と同じになっているわけですね。

もし最後のトレードを、41ロット以上にしていたら、利益が出ていたことにもなるわけです。

今回のトレードも、すべてのトレードにおいて値幅は同じ10銭。

なので、この話をチャート上に可視化してみても、値幅を見る限りはなぜ損失を被っていないのかがわからないトレードになるんですね。

どう考えてみても、

「半分以上負けてるじゃん!」

という話にしかならないんです。

でも、実際に相場に向き合っていたトレーダーとしては、全く傷を負っていないトレードだった、みたいな話。

ロットコントロールって、そういう類の話なんですよ。

FXのロットコントロール|まとめ

seiji

さて、いかがでしたか(^^)?

今回の話は、

プロのFXトレーダーの特徴|トレンド相場で買い増すのは鉄則?

この記事↑で書いた、買い増し、売り増しの話につながっていくことになります。

もしまだ読んだことがない場合は、ぜひ読んでみてくださいね。

トレンド相場でロットコントロールをしていくにあたっては、とあるタイミングでロットを増やしていくと、効率的に稼いでいけるんです。

じつは、この上の記事では、そのタイミングについて触れています。

その拠り所は、ダウ理論。

為替チャートって、トレンドの傾向がいったんあらわれたら、一定のタイミングまで継続することがわりとあるわけです。

例えば上昇トレンドならば、安値切り上げのタイミングが非常に重要なポイントになってくるわけですね。

いわゆる、Higher Low です。

英語圏では、HL なんて略称で表現されたりするものですね(^^)b

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-スキャルピング, 資金管理

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2021 AllRights Reserved.