https://fx-dakar.com

トレード方法 相場環境認識

正しいライン引きとは何なのか?勝ちへ向かうべきトレーダー

投稿日:

誰でも正しいラインを引きたいものですよね。特にFX初心者の方は、実際に自分でラインを引いてみても、そのラインが果たして本当に引くべきラインなのかどうかがわからないものです。今回は、正しいライン引きっていったいどんなものなのか?というところを掘り下げてみようと思います(^^)

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

正しいライン引きとは?

正しいラインって、どんなものなんでしょう?

結論から言うと、FXをしていくにあたって、正しいライン引きなんて無いです。

これ、「えぇ?!!」みたいに思う方も多いかもしれません。笑

それを書く記事じゃないの?!という話ですよね(^^;)

が、実際に少なくともぼくは毎日チャートを見ていて、そう思います。

なぜこういうタイトルにしたかっていうと、こういう風にライン引きを考えるFX初心者の方がわりと多いからです。

「その考え方は違う」というところの理解からはじめて、腕を上げていくという道筋もあるかな、と。

そう思っているんですよね。

じゃあ、何が違うか?という話なんですが。

正しいラインは無いけれど?

そもそも正しいラインの引き方なんていうものがあるのなら、だれでも億万長者になれます。

常にそのラインは相場をつくるということになるわけですからね。

ライントレード基礎知識

もちろん、↑この記事に書いたように、ラインの引き方についての基本知識は重要です。

が、引くべきは、正しいラインではなく、「より勝ちに近いライン」なんですよ。

これは、短期トレーダーとしてはけっこう大事な意識になります。

ここまで、どうでしょうか?

ちょっとまだ「???」という感じだと思います。

書いてるぼくも、これじゃあ伝わらないだろうなぁと思ってるくらいなので。笑

ただ、これがすべてです。

結論まで言い切ってます。

ここからは、じゃあ具体的に、それってどういうことなのか?っていう点を書いていこうかなと思います。

ことごとく綺麗なラインは存在せず

このツイートを見てください。

このチャートは、ユーロドルの日足ですね。

このときは、ぼくはまず「なんとなく支持線が引けそうだなぁ」という感覚でこのチャートに下書きの支持線を引いたんです。

そして引くことにしたのが、この2本のトレンドラインだったんですね。

なぜ2本だったかというと、1本だけだとどうしてもなんだかうまく引けなかったからです。

たしか別の日にはこのラインを「底」と「大底」なんて言い方をしていたかと思いますが、実質は単にどっちつかずだったからとりあえず引いていたという話ですよね。

これ、ぼくはよくやるんです。

ラインなんて、いろいろな引き方があるわけですね。

ピボットみたいにガッチガチにルールが決まっているならば、世界中のトレーダーが全く同じ水準にこのテクニカルの水平線を引くことになります。

が、トレンドラインは個々のトレーダーが引くものであるため、「これが正解」というものは存在しないんです。

とにかく引く

このツイートに関して、もうひとつのことを書きます。

抵抗線ではなく、支持線を引くことにした理由はなにか?という点です。

これもたまにお問い合わせをいただくことなんですが、この質問に対するぼくの答えは、かなりシンプルです。

それはずばり、

「見た感じ引けそうだから」

です。

これだけなんですね。

基本、ラインを下書きする時には、その後どうなるかとか、全然考えてません。

まずは、引くんですよ。

この時点では、そのライン引きが正しいかどうかなんて、全然興味がないわけです。

相場環境認識はどうだったのか?

つまり、その後にようやく、そのラインが「勝ちに向かって行くのかどうか?」を考え始めるわけですね。

要は、ここが、この下書きのラインが本書きのラインになるのかどうか?の瀬戸際なわけです。

その、「勝ちに向かって行くのかどうか?」の判断基準は、相場環境認識ですよね。

基本的には、そのラインに沿うかたちで相場が展開していく方向に、自身の相場環境認識が合致しているのならば、そのチャートは、即トレード対象チャートになっていきます。

こういうのなんか、その時点で、自分の手数が増えた瞬間ですよね。

手数って、つまりは攻めていくチャートってことです。

「トレードで勝つための優位性が存在するチャート展開」をいかにたくさん集めることができるか?

これは、時間にあまり余裕の無い副業FXトレーダーの、重要なテーマのひとつですからね(^^)b

下落相場のレジスタンスライン

「より勝ちに近いライン」をもうちょっと深く考えてもらうために、あと2つほどトレードの例を紹介しますね。

まず、このツイートのトレードです。

この時はぼくは下落トレンドで抵抗線を引いてたんですが、この時も、引いた理由は、単にきれいに引けそうな感じがしたからというだけです。

この時のこのチャートは、中期で下落だと思っていたんですよね。

だから、逆に上方向にブレイクした時のインパクトが比較的大きなものになった、という話です。

4つあるうちの左上のチャートが最終的な絵ですよね。

やや浅いですが、ちゃんとプルバックを挟んで上昇したところも教科書通りという感じがします。

この時は、当初はラインから遠いほうにローソク足があった時にラインを引いたんですよね。

下落相場なので、普通はその時に抵抗線に回帰してくることは想像しにくいんです。

でもとにかく引いておいたことで、上昇してきた時は「待ってました」の心構えで相場を見ることができたわけですね。

2つ目の話

また、2つ目の話としてはこれですよね。

この時なんかは、チャネルラインを引いていたわけです。

これは今回の記事では強調しておきたいことなんですが、チャネルが引けたらトレーダーとしてはチャンスだと感じたほうがいいです。

パチンコ好きな方は、アタッカーががっつり開いたイメージを持ちましょう。笑

主婦の方は、閉店間際のお惣菜に値引きシールが貼られたものと解釈ください(^^)

要は、チャネルラインって、普通のラインよりも2倍、トレードチャンスがあるってことです。

これは普通に考えてわかるかなと思うんですよね。

1本だと、一度跳ね返ってローソク足がv字を描いて、またそのラインまで回帰してくるまで、待たないとエントリーチャンスになりません。

でも、チャネルラインっていうのは、一度跳ね返った後に、「向こう側」のラインでもエントリーするチャンスがある展開なわけですね。

しかも、このツイートの時なんかは、4時間足でチャネルラインが引けたわけです。

感覚的には、こういう相場は、もう3日に1回くらいはエントリーまで考えますよね。

個人トレーダーにとっては、かなり「お得な」相場だったわけです。

正しいライン引きとは?まとめ

さて、いかがでしたか?

今回は、正しいライン引きとは何なのか?というテーマで記事を書いてみました。

今回知ってほしかったのは、

「正しいライン引きなんてできない」

ということ。

そして、引くべきは、

「より勝ちに近いライン」

なんですよ、ってことでした。

読んでみていただくとわかると思うんですが、より勝ちに近いラインっていうのは、トレーディングに積極的に向かっていくラインなんですよね。

たまに、「これから勝っていく」ためのラインではなく、単なる「過去の値動きの総まとめ」的なラインを引いてしまう方がいます。

総まとめのラインって、見た目はとても綺麗にまとまっていて文句のつけようがない感じがするんですが、トレーダー目線で考えると、

「で、どうやってそのラインで勝つの?」

という話になってくるんですね。

ラインは、それ自体は目的ではありません。

あくまでトレーダーの目的は、トレードで勝つことです。

ラインは、そのための道具のひとつに過ぎません。

ぜひ、このことを念頭において、効果的なラインを引く努力を継続するようにしてみてくださいね(^^)

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-トレード方法, 相場環境認識

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2020 AllRights Reserved.