相場環境認識

恋スキャFXの無料特典|相場環境認識のノウハウとは?

投稿日:2017年4月14日 更新日:

さて、入手した方からはかなり評価が高いぼくからの恋スキャFXの無料特典。相場環境認識のノウハウのことですね。我ながら、予想をはるかに上回る激励の言葉や感謝のメールをいただいていて、恐縮しています。スキャルピングってあまり世に出ていなかった手法ですからね。そんな中、この恋スキャというツールによって、一定の投資者層の中へスキャルピングの知識は広がっていったんです。特に史上最高のツールとかいうわけではないですが、この点は、事実です。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

良いサインツールなんて存在しない?

正直なところ、ぼくは現在、FXのいわゆるサインツールについては、本当に良いものはないと思っています。

「現在」という意味合いは、トレーダーとして駆け出しのころは、ツールというものを使ってみたいと思っていたこともあったからです。

でも、億を稼いでいるトレーダーの方と出会い、ツールをつかっていくということは、完全に辞めたんですね。

いわば、ぼくはトレーダーとして成長していく過程で、一時的にツールを使うことに没頭したことはある、という程度ということです。

なんですが、ブログを書くようになって、たまに「なにか良いサインツールを紹介してくれませんか?」というお問い合わせをいただくようになったんですよ。

そういう時に一貫してぼくが答えているのが、恋スキャFXって話なんです。

一定期間きちんと検証して実際につかったこともあるサインツールは、ぼくは後にも先にもこの恋スキャだけです。

だから恋スキャをとりあえずおすすめしているわけで、なにもものすごいヘビーユーザーとかいうわけでは決してないんですね。

少なからず、こういうサインツールを必要としている方がいる、ということがわかったので、記事で扱わせていただいてるんです。

サインツールのつくられ方

サインツールって、けっこう乱暴につくられていることが多いです。

恋スキャもそうです。

例えば、アメリカの大統領が変わるタイミングで、「アメリカの大統領が変わる」という、まさにその材料を、サインツールは加味しているのか?

これは、大概のサインツールは、そういう材料なんて加味しない、ということになるんですね。

これ、だから、きちんとサインツールの説明書には、こういうことは書いてあるんですね。

ここ、大事です。

じつは、書いてあるんですよ。

「相場が大きく変動することがあらかじめ予想される場合、本ツールは使用しないでください」

みたいな感じですよね。

でも、本当に多くの人が、そういう警告に近い説明を、きちんと聞かずにトレードをするんです。

なんというか、ツールを提供する側も、このへんはズルいんですけどね。

あんまり、「こういう時は使えない」「そういう時も使えない」なんて注意書きばかりだと、結果は目に見えてるじゃないですか。

「じゃあいつつかえばいいんだ!」というユーザーの反応ですよね。

だから、そんなに目立ったところには、こういうことは書かないんですよ。

負けないためには、ツールに頼ることなく、自分自身が相場環境認識を継続していかなければいけないんですね。

相場環境認識とは?

EURUSD-DAILY

この記事を読んでいただいているみなさんの中には、まだこちらの記事を読んだこともない方もいらっしゃるとおもいます↓

相場環境認識とは?FXでは視野を広く持とう

これ、相場環境認識についてぼくが書いた記事です。

相場環境認識を深めることについては多視点的な考え方が必要です。

なので、とりあえず相場環境認識についての知識を自分なりに吸収していこうという気持ちがまずは大事です。

この記事は、そのちょうどいいきっかけになる記事とおもいますので、ぜひ読んでみてください。

相場環境認識の重要性を理解いただければ、いかにサインツールが陳腐なものなのかという点を、思い知ると思うんですね。

ちゃんとした分析方法を学んだのならば、おそらく、単体でサインツールを使うなんて、本当に馬鹿げたことだな、とすら思うようになるはずなんです。

今見ている時間軸より長い時間軸を見る

恋スキャFXの無料特典にしている相場環境認識のノウハウは、この記事で書いている内容と密接なつながりがあります。

どういうことかというと、いろいろ相場環境を認識する方法がある中で、「今見ている時間軸より長い時間軸を見る」ということが、大事な点のひとつだということです。

上記の記事でも書きましたが、今現在方向感がないと感じるチャートでも、もっと長い時間軸で考えてみれば、明らかなトレンド相場の最中だったということがありえるんですね。

今より長い時間軸のチャートを見るようにするというようなことは、経験や技術がなくても、誰でもできることです。

いわば知っているか、知らないかという、それだけでトレード結果に差がつくことなんですよ。

これってすごくもったいないと思いませんか?

だって、知っているだけで余計な損失を避けて、あわよくば利益にかえることができる知識なわけなので。

専業FXトレーダーの苦悩

ところが、幸か不幸か、この相場環境認識を深めるやり方については、不思議なほど世の中に知れ渡っていません。

これは、ひとつには、日本国内においてはFXという投資をギャンブル的に考える風潮があるという点があります。

これは否定できない事実です。

故に、専業FXトレーダーの方々の中には、世間的にはわりと身を隠すように毎日をおくっている方も多いです。

家族にも専業でやっていることを言わなかったりしますからね。

そして、結果的に、世界的な視点で見れば、投資をする人間の間ではとてもポピュラーな話も、静かに自分だけの職人的な技術のひとつの要素として隠し続ける傾向が強いんですね。

これは具体的に言えばどういうことかというと、使用しているテクニカル、その時における稼ぎやすい通貨ペア、情報源などです。

そしてその中に、「トレード環境」も、当然のようにリストアップされてくるわけです。

相場環境認識とはトレード環境なのか

kankyo

トレード環境って、ほぼイコール相場環境の認識方法だということができます。

だってそうですよね。

今現在自分の目の前に広がっている画面が、自分が認識できる為替情報のすべてなので。

これは、考えてみれば当たり前のことです。

ポジショントレードやスイングトレードでは、そんなにトレード環境にこだわる必要はないです。

それは、手を動かせばいくらでもネットで情報を検索できるからですね。

数十分、情報入手のタイミングが違かったとしても、トレード結果にさほどの影響はありません。

でも、スキャルピングは違うってことですよね。

むしろ特典がメイン?

基本的に、サインツールって、使う人間に最終的にサインを出すことに焦点があてられているので、そこに至るまでのプロセスは、多少おざなりでも見て見ぬふりがなされる傾向があるんですよ。

逆に、相場分析だけきちんとしてくれても、「今、ココです!」というエントリーポイントを示すものでなかったら、サインツールじゃないじゃん、という話になるわけで。

どうしても、それだけは避けなければいけないですからね。

こういうのは、開発者の視点になってみればわかります。

「とりあえず、何もわからない初心者に指図するツールをつくればいいんだろう?」というところが、最低ラインになるわけですよ。

本当は、そこに至るまでの相場解析は、プロ視点でなされていなければいけないんですけどね。

その道のプロじゃない限り、分析に茶々を入れるっていうのは、なかなか難しいんです。

だから、ぼくからの無料特典のほうが、むしろメインですよね。

恋スキャというツールは、後づけという感じになります。

どんなツールでも、そこに至る前には、このぼくの相場環境認識ノウハウをセットでつけたい、という心持ちなんですよ。

ぼくの場合はたまたま、自分で使ったことがあるのが恋スキャなので、そこをゴールにしてその前のステップになる相場環境認識の方法を、逆算した、という経緯です。

恋スキャならわかるから自分でやっていたことをそのままノウハウとしてお渡ししている、と言ったほうが伝わるかな。

そういう感じですよね(^^)

恋スキャFX無料特典の存在意義

さて、いかがでしたでしょうか?

恋スキャFXの無料特典に相場環境認識を付けた理由について、なんとなくでも認知していただけていたらうれしいです。

スキャルピングについては、「秒スキャ」という言葉もあります。

これは読んで字のごとく、「数秒でEntryからExitまでをこなす超短期トレード」のことです。

こういうまさに超短期のトレードを何回も、何十回も繰り返していくトレードって、ただ闇雲にやっていたんでは効率がとても悪いんですね。

次の記事に、そのへんの事情を書きました。

次の記事はこちらですね↓

恋スキャFXの無料特典|より利益率の良い通貨ペアを選べる!

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-相場環境認識
-, , , ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.