https://fx-dakar.com

ユーロドルチャート 相場環境認識

通貨の相関を見る|株の相場環境認識から為替を考える

投稿日:2017年7月14日 更新日:

相場環境認識|3通貨の相関を均等に見ていく

の記事のつづきを書きます。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

相場環境認識にからむ記事紹介

sto

相場環境認識のためには、通貨の相関を見ることも大事という点で、じつはぼくは他にも単発で記事を書いています。

たとえば☟これですね。

FXチャート2016年11月11日19:55_Dakar   

この記事などは、まだぼく自身がブログを書き始めたばかりで、どうやってみなさんにFXでてっとり早く稼ぐ方法を伝えていけばいいのかを模索していた時期のものです。

なので、とりあえず「今日のFXチャート」というカテゴリーをつくって、そういうテーマで書いた感じです。

でも、基本的にぼくは、このブログのタイトルのとおり、最初から「てっとり早くFXで稼ぐ方法」を伝授するという目標を定めていたので、内容としてはみなさんに本当にお伝えしたい内容になっています。

ぜひこの記事、読んでみてください。

株の相場環境認識

st

この、相場環境認識のポイント3、「通貨の相関を見る」ということに関してなんですが、たとえば株との比較ですよね。

株を取引する場合って、みなさんはどのようにトレード環境を整備しています?

この記事を読んでくれている方々の中には、株の取引はしたことがないという方もいるとおもいます。

そういう方は、ぜひちょっと想像してみてほしいです。

もし自分が、株の取引きで生計を立てるプロのトレーダーならば、どういうチャートを自分の目の前にひろげるか?

日経平均はだれでも見る?

もし株であれば、きっと多くの方は、自分がトレードをする(もしくは、これからする)個別銘柄のチャートを、まずは監視することでしょう。

次に、何を見るか?

ここからが大事です。

なぜならば、為替で言う相場環境にあたるものが、これから書くことだからです。

では、書きます。

まずは日経平均ですよね。

日経平均チャートは、国内の代表的な個別銘柄の225銘柄の平均値なわけです。

これは世界中のトレーダーが注目しているチャートですからね。

この日経平均ははずせません。

さて、次です。

業種別という相場環境

eurusd-ougi

次は、たとえば監視している個別銘柄が属する業種のチャートでしょうか。

業種別指数というチャートが、たしかあったとおもいます。

そういうチャートを見るというのも、自分のトレードのためには必要に感じることでしょう。

じゃあ、いったいなぜ日経平均や業種別指数も監視するのでしょう?

無意識的に相場環境を認識

じつは、これこそが相場環境認識なんですね。

言葉として、「自分は相場環境認識のために日経平均を見ている」という自覚はないかもしれません。

でも、とても多くのひとがやっていることなんですね。

つまり、日経平均というチャートを見ることで、その日の相場の全体観を把握しようとしているわけです。

なぜこういう行動をとるかというと、個別銘柄の動きだけ見ていても、その個別銘柄の値動きは、その銘柄に特有のものかもしれないからです。

これ、けっこうきちんと、多くのひとが実際に実践できていることみたいなんですよね。

FXに持ち込むべき株の相場環境認識

EUR

つまりですね、為替相場にもそういう感覚を持ち込んでほしいってことなんですよ。

為替相場においては、この日経平均にあたるものは、ほぼユーロドルだと考えていいでしょう。

なぜかというと、米ドルとユーロは、取引高世界1位と2位の通貨だからです。

もちろん、日経平均のように、個別のチャートの平均値をとったチャートではなく、単体の通貨のペアのチャートだという点はおさえておかなければいけませんが。

でも、このユーロドルを起点に、いろいろとそのときの相場環境を類推していくことは可能です。

ぜひ、通貨の相関を見るという視点においては、こういう株からのイメージも持ってみるようにしてくださいね(^^♪

FX相場環境認識|投資マネーの流れを考える

の記事につづきます。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-ユーロドルチャート, 相場環境認識
-

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.