FXと外国為替について

FX教材への投資と自分の手法の確立|時間との戦い?

投稿日:2017年5月1日 更新日:

このブログでは基本的に少ないお金をFXでどんどん増やしていく方法を書いています。

その中でも教材の購入は、誰でもできる方法としてぼくもおすすめしています。

今回は、「時間との戦い」という視点で書いてみたいと思います。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

このブログの存在価値

ぼくのこのブログも、早いもので立ち上げからもう半年が経過しました。

今ではほぼ毎日更新されている記事をいつも読んでくれている方もいらっしゃり、記事を書くのにも以前にも増して気合がのってるところです( `ー´)ノ

と、、、ぼくの話はいいんでした。笑

今回のテーマは時間です。

ぼくは以前、FX初心者の方が稼げるようになる方法4選として、「ネットで情報収集をする」という手段もあるということを書きましたね。

このブログの存在価値はまさにそういう方のためにあるわけです。

なのでどんどん読み進めていただきたいんですよね。

ネット情報収集派に必須の作業

Internet

ただ、こうも書きました。

ネットで情報収集をするのなら、一定期間集中的な努力をする必要もあります、と。

それは、トレードをする方々の個々の生活条件や投入資金など、最終的にご自身で判断してもらわないといけないことがあるからです。

当然、条件によってトレードスタンスはかえるべきですからね。

また、ネットの情報を自身の気の赴くままに取り入れていくと、どうしても主観的になるので、なにか大事なことを吸収しないまま実践に移行してしまう危険性もありますからね。

そういう意味で、一度自分なりに情報をまとめるという作業が必須になってくるわけです。

為替の値動きの把握方法

これ、「なんだそんなことか」と思えるかもしれません。

が、この情報をまとめるという作業はわりと大変なんです。

トレードの拠り所にするテクニカル、経済指標の情報の取り入れ方、監視チャートの分析の仕方、通貨ペアの選び方、など、トレードをするにあたって、ある程度体系化しておくべきことってけっこうあるんです。

これはやっておかないと、いざトレードするときに迷いが生じますからね。

正直、やっておかないとダメなことなんです。

普通に取り組んでも、時間のある学生さんでも1か月くらいはかかるんじゃないかなぁとぼくはおもっています。

最初はどうしても勉強も必要になってきますからね。

時間のないサラリーマンの方なら早くて2か月くらい、現実的には半年くらいは要するかもしれません。

それほどのことなんですよ。

言い方を変えれば、為替の値動きの把握って、それほど普段の生活とはかけ離れた知識体系が必要になってくるものだとおもうんです。

そもそもこの「情報をまとめる」っていうのはどうやってやるのだろう?と感じる方も多いと思います。

そういう方は、まずはそこからになるので、出遅れてしまいますしね。

時間との戦い?

さて、仮に、上述のようにネットであらゆる情報を集めて自分のロジックをつくりあげはじめる時点をA地点としましょう。

一方で、FX初心者の方が稼げるようになる方法4選のうちのひとつ、「情報商材でFX手法を学ぶ」という手段についてです。

ネットで集めた知識を自分のロジックに落とし込むのには、早くても1か月くらいはかかると書きましたね。

一方、情報商材を入手するという選択をすると、クレジットカード決済ならばものの10分ほどで実際にトレードを開始することができます。

同じA地点から10分後にはお金が増えはじめているかもしれないということですね。

このことについて、みなさんはどうおもわれますか?

FX教材への投資と自分の手法の確立

これは大事なことなのでもうちょっと掘り下げます。

ことわっておきますが、ぼくは教材を斡旋しているわけではありません。

ただ、事実を書きます。

教材の持つ即効性

20170424

上のチャート画面を見てみてください。

これは2017年4月21日の夜のある教材実践者の成績です。

この教材は完全にFX初心者のためのものなので、当然このトレードを実践したのもまだFXをはじめて間もない方です。

通貨ペアはポンド円で、時間足は5分ですね。

時期的には、イギリスEU離脱の材料と、北朝鮮絡みの地政学的リスクによって、決してポンド円の相場環境も穏やかではありませんでした。

教材というひとつの指針がない場合は、個人トレーダーとして積極的にこの通貨ペアを選ぶのは難しいでしょう。

それに加え、テクニカルの選択ですよね。

トレンド相場なのかレンジ相場なのか、それによって使用するテクニカルはかわります。

そもそも、トレンド相場かレンジ相場かという判断を先にしなければいけないわけですが、その判断も教材がなければまず難しいです。

このあたりが先ほど書いた点ですよね。

一方、その判断基準を、自分でネットから情報収集する場合は、自分でロジックを構築していくことでつくりあげていくわけです。

どうでしょうか?

この記事を読んでくれている方、もし「このくらいのことなら自分でできそうだ」と感じたようであれば、ぜひ挑戦してみていただきたいです。

FX初心者の方が稼げるようになる方法4選の記事にも書いた通り、理論派の方には、正直、自分のロジックを一から構築していくというやり方がおすすめです。

そのほうが負けた時の言い訳ができないという点でもいいんですよ。

そして、じつは、なかなか「トレード開始」の一歩を踏み出せない方で、ルール構築を「しなければならないこと」だとわかっている方も多いです。

この場合だと、ダラダラと時間だけが過ぎていってしまうので、よくないんですよね。

これに関しては、思い立ったら吉日です。

行動あるのみですね(^^ゞ

まとめ

Time

さて、いかがでしたでしょうか。

今回は、「FX教材への投資と自分の手法の確立」を対比して書いてみました。

この話は実際に稼ぐことができるお金をイメージすると良いとおもいます。

上のチャート画面の成績を出した方の取引通貨単位が、1万だったとしましょうか。

その場合、もし10ロットほど投入できる資金があったのであれば、この初心者トレーダーの方は、1日だけで35,000円ほど稼いだことになります。

どうでしょう?

この話は、個々の性格にもよるかもしれませんね。

近い未来に着実に利益を重ねていく自分をイメージして、今は手法の確立のために日々努力を重ねるという選択がひとつ。

片や、初期投資ができるならば、教材を手にし、どんどん実践していくことで経験値も積み、トレーダーとして成長する。

どちらにしても、すごく夢のある話なんです。

あ、ちなみに教材って3~5万円くらいするのが普通ですが、それくらいは、FXをするなら、すぐに取り返せるので安心してOKですよ( `ー´)ノ

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXと外国為替について

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.