テクニカル ファンダメンタル

FXにおいてテクニカルとファンダメンタルどちらがより重要か?

投稿日:2017年1月15日 更新日:

テクニカル派という言い方とファンダメンタル派という言い方がありますよね。

株やFXでトレードをするにあたってはどちらをより重視するかによってトレーダーのタイプをこの2つに分けることがあります。

FXにおいてテクニカルとファンダメンタル、どちらがより重要なのでしょうか?

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)


テクニカルとファンダメンタル

そもそもテクニカルとファンダメンタルとはいったい何なのでしょうか?

テクニカル分析とファンダメンタル分析の違いから簡単に説明しますね。

まずテクニカル分析というのは端的に言えば「先行きをチャート分析で占う」ことを指します。

そしてそのテクニカル分析によって実際にトレードがなされた結果、チャートが動くことを「テクニカル要因によって相場が動いた」というように表現します。

対してファンダメンタル分析です。

ファンダメンタル分析は「金利や経済指標の変化の分析」と言えます。言い方を変えれば政治や中央銀行の動向から相場の大きな流れを把握しようとする試みのことですね。

ファンダメンタル要因によって相場が動いたときはトレードによって動いたわけではなく、景気や政策によって動いたということになります。

先行きを占うテクニカル分析

さて、テクニカル分析の重要性についてです。

テクニカル分析は大きく分けてトレンド系指標とオシレーター系指標に分かれます。

この記事ではこの2つについての細かい説明は省きますが、テクニカル分析はトレンド相場とレンジ相場、双方においてつかうテクニカルがわかれるんですね。

ここではトレンド系指標を例にとってみましょう。

たとえばトレンド相場でつかうトレンド系指標のひとつにボリンジャーバンドというテクニカルがあるんですね。

このボリンジャーバンド、トレンド相場でつかい始めたのはいいものの、トレンドの転換のタイミングでは逆方向に行くので損切りせざるを得なくなります。

ですが、よりトレンドの初動に近いタイミングからトレードを開始することができれば、大きな利益につなげることができるんですね。

これは他のテクニカルにおいても同様のことが言えます。

故に、テクニカル分析はFXで稼ぐためには重要ということができます。

ファンダメンタル分析の重要性

つぎにファンダメンタル分析の重要性についてです。

ファンダメンタル分析は金利や経済指標の変化の分析だということは冒頭で書きました。

金利と為替は大きな関係性があると言われています。お金は金利が高いほうに流れる傾向がありますからね。

米国の金利と米ドルの強さは短期的には連動しているとは言い難いこともありますが、為替の大きな流れの変動要因のひとつとして金利政策が挙げられることは間違いありません。

そして経済指標もまた為替と深い関わりがあります。

雇用統計、物価、住宅、所得、消費、製造業の経済指標はまさにファンダメンタルそのものと言ってもいいかもしれません。

なぜなら金利政策はこの経済指標を基に施される中央銀行の判断なわけですから。

以上のことから、ファンダメンタル分析もFXにおいてとても重要なんだということがわかりますね。

発想の転換をおねがいします

ここまでこの記事を読んでいただいている方の多くは、「まだどっちが重要なのか書かないのか?!」という感じになっているかとおもいます。

ここからはいよいよこの記事の本題なので、よく考えながら読み進めていただきたいです。

さて、「FXにおいてテクニカルとファンダメンタルどちらがより重要か?」というタイトルについてですが、さきに答えを書くと「どちらも重要」ということになります。

じつは、このことをぜひわかっていただきたくてあえてこういうタイトルにしたんです。

こういう疑問は初心者の方がよく持ちがちな疑問ですが、発想の転換をしてみてください。

それぞれが機能する時間軸とは

2つのことを書きます。

まずは時間軸についてですね。

今までの説明で勘の良い方はもうわかったかもしれませんが、テクニカル分析というのは長期のチャートでも短期のチャートでも生きるのに対して、ファンダメンタル分析は長期のチャートで生きることが多いものになります。

このブログで推奨しているトレード方法はスキャルピングですので、スキャルピングをするにあたってどちらが重要かという話であれば、断然テクニカル分析ということになるんですね。

でも、ここで一度立ち止まってよく考えてみる必要があります。

たしかに超短期トレードをするにあたってはテクニカル分析のほうが重要なように感じます。

ただエントリー方向と逆にチャートが動くことなんてしょっちゅうですよね。

これは非常に複雑な変動要因によって推移していく為替相場においては致し方ないことです。

じつはこういう状況下においてなるべく損切りしないでもいいようにするための手段がファンダメンタル分析の活用なんですよ。

トレードとチャート変動について

話が宙ぶらりんのままですが先にすすめます。

「2つのこと」のもうひとつはチャート変動についてです。

これは冒頭にも書いた通りですが、トレーダーの取引によって相場が動くということがありえます。これはテクニカル要因です。

対して、ファンダメンタル要因によって動く相場というのはトレードによってではありません。

つまりファンダメンタル要因というのはほぼ絶対的な大きな流れのことなんですね。

たとえ短期で逆に振ることがあったとしても、政治や中央銀行の政策によってもたらされた相場へのインパクトは、そう容易く抗うことができるものではないんです。

テクニカルとファンダメンタルどちらがより重要か

さて、いかがでしたでしょうか?

テクニカルとファンダメンタル、どちらがより重要かという疑問についてきちんと答えるつもりで書いてみました。

ごく一般的に答えるならば、つまりはトレードをする時間軸によって違う、ということになります。

また、分析方法というのはきっかけ探しの道具にすぎない、とも言えるんですよね。

大事なのは資金管理ということです。

ちなみにぼくはファンダメンタル分析のことをほぼほぼ「相場環境認識」と同意義で考えていますので、そのつもりで当ブログを読み進めていただけるとより理解を深めることができるとおもいます。

ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

※記事中のなるべく損切りしないでもいいようにするための手段がファンダメンタル分析の活用という文章の意味ですが、ここはくわしく書けないんです。なぜかというとぼくの手法のほうに記述している内容だからです。この意味を知りたいという方はぜひこちらからぼくの手法を購入してみてくださいね(^^)

⇒【大手企業為替取引担当がご提供】てっとり早くFXでどんどんお金を増やす方法!初心者ほど有利^^

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

XM口座のつくり方!

この記事では、海外FX会社のXMで口座を開設する方法をどこよりもわかりやすくご紹介しています(^^)/ 具体的には、XMの会員ページをつくってログインができるようになるところまでです。本人確認書類を提出して口座を有効化したり、MT4をインストールしたりするためにも、この手順は必須ですよ(^^)b

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

最近よく読まれている記事

1
ドル円は水平線が効果的!下落後の反転予測に使えるワザとは?

ドル円チャートって、水平線を引きやすいんですよね。今回は、そんな話をしていきたいなと思います。ぼくはふだん、ツイッターをしているんですが、今回の記事はよりツイッターの内容とリンクした構成にしてみました ...

gyakubari12 2
ドライバーズFX|ガソリンスタンドから始まる必勝法とは?

FXで勝っていくにあたっては、毎日のようにクルマを走らせている方々だけが持ち得る優位性が存在します。それは、資源国通貨トレードのひとつです。たまにいただくお問い合わせの中には、「いつも運転しているんじ ...

3
雑誌外国為替にFXトレーダーDakarを掲載いただきました。

2022年8月31日に、FX情報誌「外国為替」の創刊号が発売されました。ぼく、Dakarも僭越ながらその創刊号に他のFXトレーダーの方々といっしょに掲載いただきました。それにあたって、ちょっとブログ記 ...

-テクニカル, ファンダメンタル

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2022 AllRights Reserved.