経済指標

FXの経済指標|小売売上高、消費動向とファンダメンタル

投稿日:2017年1月9日 更新日:

さて、この記事ではFXの経済指標の中でも小売売上高、ミシガン大学消費者信頼感指数、消費者信頼感指数の3つの指標について書きました。

製造業の経済指標の記事から読み進めていただくと話の流れがつかみやすいとおもいます。

なぜならば、これら所得・消費に関わる経済指標は、製造業の企業がつくったものを消費する側の指数だからですね。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)


所得・消費に関わる経済指標とは

個人所得とは社会保険料を控除した後、実際に個人が受け取った所得のことですね。

所得が増えれば消費も増えると考えられていて、個人所得は消費動向を決定づける大きな要因になります。

また、景気がどうなっているかを考えるときには、住宅などの金額の大きなもの以外にも日用品などの購入がどうなっているかを見ることも重要なんですよ。

スーパーやデパートなどの小売の売上が落ちてきたら、景気が悪くなっているのではないかと考えることができるんです。

小売売上高とは

個人消費が米経済に与える影響は非常に大きいため、アメリカの景気を予想する上で小売売上高は重要な指標です。

小売売上高は百貨店や総合スーパーの売上のサンプル調査を基にして発表され、米国内で「モノ」として販売された小売業の売上が推計されます。

大きく分けると耐久財と非耐久財に分かれます。

耐久財に関してはこちらの記事を参考にしてくださいね 👇

【FXの経済指標】製造業の動向から景気を先読みしよう!

消費者の動向を見るためには、消費者が実際にどのように感じているかを知ることも大切です。

景気の先行きの不安を感じはじめているかどうかが株式や為替の動きにも影響を与えるんですね。

ミシガン大学消費者信頼感指数とは

ミシガン大学消費者信頼感指数とは、ミシガン大学のサーベイ・リサーチセンターが実施している、消費者のマインド調査を指数化したものです。

ミシガン大学消費者信頼感指数で強めの数値が出ると、貯蓄率が低下し個人の消費が増える傾向があります。

この指数は1966年を100としているんですね。

速報は300人を対象、確報は500人を対象に調査を行います。この指数のうち先行きに関する回答は景気先行指数に消費者期待指数として採用されています。

景気低迷期には製造業関連の指標よりも消費者マインドを知るほうが景気動向を占う上で重要視されています。

なぜならば需要があってはじめてモノはつくられるからですね。

消費者信頼感指数とは

消費者信頼感指数とは、カンファレンスボードという民間の調査機関が発表する消費者マインドを指数化したものです。

カンファレンスボードは日本語でいうと「全米産業審議会」ですね。

経済・雇用の2項目からなる現在の状況と、経済・雇用・所得の3項目からなる半年後の予想を季節調整し指数化した上で、この5項目の平均値で発表されます。

消費者信頼感指数はNYダウと非常に相関関係が強く、半年程度の先行性を有しているとも言われているんですね。

消費者信頼感指数という表現からするとちょっと漠然とした指標のようにも思えますが、ディーラーの中には雇用統計と同じくらい重要視する人もいるほどです。

所得・消費関連の経済指標 まとめ

さて、いかがでしたか?

小売売上高、ミシガン大学消費者信頼感指数、消費者信頼感指数の3つの指標についてまとめてみました。

どれも常にものすごく注目されているわけではないですが、予想をはるかに上回る数字や極端に悪い数字が出た場合は、相場は敏感に反応することも多いです。

トレーダーとしては、他の経済指標と同様に前々から発表時間を確認してチャートで市場の反応を追うようにしましょう。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-経済指標
-, , ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.