FXと外国為替について はじめての方へ 資金管理

重要!リスクリワードレシオ・勝率と投入量を考えた資金管理!その2

投稿日:2017年1月1日 更新日:

重要!リスクリワードレシオ・勝率と投入量を考えた資金管理!その1

の記事からのつづきです。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

破産確率を確認してトレードせよ!

バルサラの破産確率表(%)

勝 率(%)
 

 

 

 

10 20 30 40 50 60 70 80 90 100
0.2 100 100 100 100 100 100 98 72.2 5.8 0
0.4 100 100 100 100 99.9 95 58.7 6.5 0 0
0.6 100 100 100 99.9 96.1 64.1 12.4 0.1 0 0
0.8 100 100 100 98.8 78.4 26.1 1.3 0 0 0
1 100 100 99.9 92.6 50 7.4 0.1 0 0 0
1.2 100 100 99.1 78.4 26 1.8 0 0 0 0
1.4 100 100 96.4 59.5 11.9 0.4 0 0 0 0
1.6 100 99.9 90.4 41.2 5.1 0.1 0 0 0 0
1.8 100 99.7 80.1 26.8 2.2 0 0 0 0 0
2 100 99.1 69.6 16.8 0.9 0 0 0 0 0

この表はバルサラの破産確率表と言います。

バルサラの破産確率表は縦軸が勝率、横軸が損益率になっています。リスクリワードレシオはこの損益率です。

たとえばリスクリワードレシオ「1.6」という状態ならば勝率50%でも破産する確率はわずか5.1%にとどまるということがこのバルサラの破産確率表からわかるんですね。

1.6ということはドル円で言ったら10銭勝つトレードと6銭負けるトレードが半分ずつでもOKということですからね。

だんだんイメージついてきたでしょうか?

勝率を追求することは正しいのか?

Bank1

リスクリワードレシオですが、勝率が高ければ破産確率を抑えることができます。

ただ、かと言って高確率で勝てるトレードは特に初心者の方にとっては難しいものです。勝率を追求するトレード方法というのも確かにあります。ただそういう方法というのは効率的に少ないお金を増やしていく方法ではないんですね。

相場に絶対はないですが、より確実なやり方というのはある程度リスクリワードレシオが高いトレードということになるんです。そしてこれは長期的に継続可能なトレード方法になるということも言えます。

では、その理想的なリスクリワードレシオはいったいどのあたりになるのでしょうか。

統計の数字は分母が大きいほど正確

このへんの話は、ぼくの職場情報も少し取り入れちゃいます。

あ、勘違いしないでいただきたいのはあくまでトレード手法に関してはぼく自身が考えたやり方だって点です。決してコンプライアンス違反ではありません。

どういう話かと言うと、日本が変動相場制に移行したときからの統計的な数字です。ニクソンショックが起きた1971年からの為替取引の記録がぼくの職場にはあるんですね。

通貨ペアのトレードの記録ではありませんが、この記録はデータベース上で管理されてるんです。

理想的なリスクリワードレシオ

そのデータベースで条件を設定すると、その日の仲値での為替取引が仮に数日ずれた場合に損したか得したかを計算することが可能なんですね。

これ以上の細かい説明は省きますが、要はこれをトレードにあてはめた場合、条件を少しいじれば損益率を計算しているのとほぼ同じことになるんですよ。

このDBでぼくが算出した理想的なリスクリワードレシオは、1.2~1.5でした。

一応情報として書いておきますね。

この数字については、イメージからそんなに大きなズレはないように感じています。

あまりリスクリワードレシオが大きすぎても現実的じゃないんですよ。損切りを最小限におさえて最大幅で利確するトレードができれば「2」くらいはいけるのかもしれないですが、それだってかなり超人的なセンスが必要な領域なんですね。

さて、次でいよいよ資金管理についての記事は完結です。最後は資金の投入量についてです。

リスクリワードレシオと勝率のバランスも大事ですが、資金を管理する上で一番ダイレクトに響いてくるのがこの資金の投入量です。

⇒重要!リスクリワードレシオ・勝率と投入量を考えた資金管理!その3 へつづく

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXと外国為替について, はじめての方へ, 資金管理

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.