https://fx-dakar.com

テクニカル トレンド相場 トレード方法 一目均衡表 今日のFXチャート 豪ドル円チャート

エントリーポイントはかまえて待て!拠り所はテクニカル!

投稿日:2016年12月18日 更新日:

上のチャートは、とある日のAUDJPYのチャート、4時間足です。

このチャートにはぼくは一目均衡表をずっと表示していました。

それはなぜだとおもいますか?

この記事ではそのへんから話をはじめていきたいとおもいます。

テーマはタイトルのとおり、「エントリーポイントはかまえて待て!拠り所はテクニカル!」という点です。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

相場環境認識からすべてははじまる

まずテクニカルの説明なのですが、一目均衡表というのは基本的にはトレンド相場においてつかうものなんですね。

この当時の相場環境というのは、アメリカ大統領選挙開票日から、いわゆるトランプノミクスの流れがまだつづいているような状態だったんです。

OPECの減産の判断や、FOMCでの結果を受けてこそ、それがつづいているという見方もありました。

でも根っこはやはりトランプ大統領の話題だったんですね。

トレーダーがとるべき行動とは?

なぜトレンドが発生しているかについてはこの記事ではこれ以上掘り下げません。

大事なのはトレンド相場になっているという事実です。

この状況下で、トレーダーはできるだけ多くの利益を得るためにどのように考え、どのような行動をとるべきか? 知りたいのはそこですよね。

ぼくなどは限られた時間の中で最大限その時間を有効的につかう必要がある兼業トレーダーです。

この記事を読んでくださっている方々の中にも、そういう方は多いのではないかと察します。

テクニカルの表示がトレードを導く

そういう条件でおすすめなのがあらかじめエントリーポイントを見つけやすい状態をつくっておくということなんです。

エントリーポイントが見つけやすいというのはいったいどういうことでしょうか?

それはずばりテクニカルを表示しておくということです。

エントリーポイントというのはまさにその「瞬間」です。1秒ずれればエントリーの価格というのは変わるわけです。

ファンダメンタルと相場環境認識

テクニカル要因に対してファンダメンタル要因というものがありますよね。

ファンダメンタルに関しては基本的には相場環境認識をきちんとするためにつかうべきだとぼくは考えています。

つまりファンダメンタルをその時々においてきちんと分析しておくことは重要ですが、ファンダメンタルがエントリーポイントを決めるための材料になるということはないということですね。

ファンダメンタルについては、くわしくは別の記事で書こうとおもいますが、基本的にファンダメンタルというものは「相場の大きな流れ」です。

テクニカルという武器を生かそう

レンジ相場においてもトレンド相場においても、テクニカルを表示しておくことで「構えて待つ」ということが可能になるんですね。

冒頭のチャートに戻れば、この場合は一目均衡表の雲へのタッチを確認してからの逆張りです。

一目均衡表についてはこちらの記事もぜひ見てみてください 👇

⇒一目均衡表の雲はわかりやすいので注目!突き抜けたらエントリーで!

あらかじめ一目均衡表というテクニカルを表示させておいたからこそこの判断ができるわけです。

会社から帰宅してPCの画面をつけてすぐの時間帯だとしても、前もって一目均衡表を表示させておけばあせることはありません。

エントリーポイントはかまえて待て!

ずっとチャートを眺めていることができて、しかもトレードも24時間可能という方は別です。

でももしそういうスタイルでチャートに向き合うことができるとしても、それってとても体力的に厳しいんですよね。

なのであればやはりオススメなのはこういうスタイルです。

相場環境をきちんと正確に認識した上で、ぜひテクニカルを表示させてみてください。

そこからトレードのスタート地点が見えてきます。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-テクニカル, トレンド相場, トレード方法, 一目均衡表, 今日のFXチャート, 豪ドル円チャート

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.