http://fx-dakar.com

FXと外国為替について FX用語 はじめての方へ 豪ドル円チャート

スポット損益とスワップ損益|FXで稼ぐ仕組みについて

投稿日:

ようこそダカールのブログへ!

このブログではてっとり早くFXで稼ぐ方法を、多面的に紹介しています。

ぜひいろんな記事に目をとおしてみてください(^^ゞ

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

FXの損益の仕組み

さて、この記事ではFXの損益の仕組みについて書いていきます。

FXの損益の仕組み

〇スポット損益

〇スワップ損益

FXには上の2つの収益をあげる仕組みがあるんですね。

大まかに言うと、スポット損益は短中期中心でリスクも高め。

スワップ損益は長期的な投資に視野をおいたリスクが少なめの投資方法です。

スポット損益

まずはスポット損益についてです。

スポット損益は為替損益とも言います。

大部分の個人投資家の方はこっちのタイプがFXのイメージなのではないでしょうか。

かく言うぼくも、100パーセントこのスポット損益だけを考えて毎日トレードしています。

なので、このブログをはじめて訪問したという方は、このブログはスポットの利益を追求して稼ぐ方法が書いてあるものと考えていただいてけっこうです。

スポット損益|為替レートの差分で稼ぐ

audjpy3

スポット損益は、2国間の通貨を売り買いして、その為替レートの差分で収益を狙っていくものです。

ドル円で例をあげましょうか。

たとえば手元に100円持っているとします。

その状態で、1ドル=100円の時に100円を売って1ドルを買います。

しばらくすると1ドル=101円になりました。

その相場の変化から判断して、保有していた1ドルを売って101円を買い戻します。

そうすると手元には101円が残るんですね。

つまり、101円-100円=1円の利益が出たことになるんです。

スポット損益|円高になった場合

逆を考えます。

この場合の逆を考えると、反対に、1ドルが99円になってしまうということになります。

そこで仕方なく保有していた1ドルを売って99円に換えました。

手元には99円残ります。

つまりこちらは99円-100円=-1円で1円の損失がでてしまうことになるんです。

簡単にいうとFXの為替差益は、こういう仕組みです。

スワップ損益

さて、FXの損益の仕組みの2点目は、スワップポイントによる損益でしたね。

スワップ利益を目的にFXをする方は、低いレバレッジで長期的な視点から取引する方が多いです。

このスワップ利益を求めて口座をつくる方に、とても人気な通貨ペアがあります。

豪ドル円です。

スワップ金利は2国間の政策金利によって決まってきます。

2国間というのはたとえば、豪ドル/円なら、オーストラリアと日本の政策金利の差ということです。

その金利差によって生み出されるスワップ金利を考えて、豪ドル円がとても「おいしい」通貨ペアだと判断されることが多いんですね。

スワップと言えば豪ドル円?

nzdjpy1

さて、ちょっとぼくは今、ゆがんだ書き方をしました。

「判断されることが多い」ということは、「じつはちがうのか?」という話ですよね。

これなんですが、じつはFX会社によってスワップ損益はちがうんですね。

しかも、結局は通貨の信用って国に紐づきます。

資源国通貨のオーストラリアという大国が安全だから、という理由で「スワップやるなら豪ドル円」みたいな神話ができあがっちゃってるような面が強いんですよね。

これは銀行の戦略もあるんですが。

たとえば、実際のところは、ニュージーランドドル円のほうが、年間金利は良かったりします。

スワップ損益|資金運用を考える

さて、スワップの運用を具体的にみていきましょう。

せっかくなので元の話のまま、豪ドル円ベースで考えましょうか。

豪ドル円をスワップ運用しているとします。

為替損益(=スポット損益)の話とからめるので、さきほどのスポット損益の話よりちょっと複雑になります。

よく考えてみてください。

相場が下落したら?

1豪ドル=80円のポジションを1万通貨持っているとします。

1年程度運用し、スワップ益も4万円になりました。

ところが、相場が大きく下落して、現在のレートが70円になったとします。

この場合の損益は

スワップ益 4万円

為替差損益 -10万円

合計 -6万円

・・・どうでしょうか?

この収支の意味がわかりましたか?

あ、勘違いしないでいただきたいのは、スワップでは稼げませんと言っているわけではないという点ですね。

むしろこの場合だと、為替損益(=スポット損益)で10万円負けてしまっているのに、スワップで4万円分助けられた、とも言えますからね。

スワップ損益を掘り下げる

audjpy1

スワップ損益についてもうちょっと掘り下げて考えてみます。

スワップ損益は、「スワップポイント」、「スワップ金利」と呼ばれることもあります。

これは毎日、受け取ったり支払ったりするものです。

なので、「1日いくら」で表示されるんですね。

さきほど書いた通り、通貨ペアの2つの国の金利によって、スワップポイントは決まります。

豪ドル円という通貨ペアの場合、豪州と日本の金利が関係します。

2国の金利差が大きければスワップポイントもたくさんもらえるわけですね。

金利といってもいろいろな金利がありますが、スワップ損益にかかわるのは、一般に「政策金利」と呼ばれる銀行間の短期金利のことなんです。

スワップ損益と政策金利

政策金利は、各国の中央銀行が誘導する金利です。

中央銀行はこの金利を操作することでお金の流れを調節しています。

先ほどの豪ドル円の場合だと、豪州が4.5%で、日本が0.1%の金利の場合、その差が4.4%もあります。

だいたいこれに相当する金利がもらえるということなんですね。

ちなみに、ぼくのトレード仲間がFX会社に聞いたところ、スワップポイントの計算式は、以下のようになるということです。

ちょっと貴重な話なので、情報共有させてもらいますね。

「通貨A・通貨B」のスワップポイント=

(A国の金利-B国の金利)÷100×1万×為替レート÷360

2国の金利は先ほどと同じ仮定で、1豪ドル=75円の相場とすると

(4.5-0.1)÷100×1万×75÷360=91.6666…

この式でいくと、豪ドル円1万通貨のスワップポイントは、1日、91~92円くらいということになるんですね。

スポット損益とスワップ損益 まとめ

Direct

さて、いかがでしたでしょうか。

今回はFXにおける利益を、スポット損益とスワップ損益について書いてみました。

前述のとおり、このぼくのブログは為替損益で稼ぐための方法について多面的に書いているブログです。

「FXのトレード」と言った場合は、基本的にはスポットで利益を得ていく取引のことを指します。

今回の記事で書いた内容は、基本的なFXの損益の仕組みとして、ぜひおぼえておくようにしてしてくださいね(^^♪

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

おすすめの国内FX会社ランキング

数あるFXの口座を開設できる証券会社の中から、おすすめの会社をランキングにしてみました(^^)/

第1位 DMMFX

ぼくが一番おすすめするFX会社はなんといってもDMMFXになります。証券会社として常に顧客満足度を重視している姿勢が評価高いです。スリッページ、スプレッドなど、あとになってこのFX会社でよかったと感じるのがDMMFXだとおもいます。口座開設は下の緑のボタンから無料でできますよ(^^)

第2位 インヴァスト証券 トライオートFX

トライオート

自動売買ができるFX口座ならばトライオートFXがおすすめです。もちろん通常の取引もできます。今現在、最先端のレンジ追尾システムなのではないでしょうか。口座は複数持っておくのが良いという点で、DMMFXに次ぐ第2の口座に、このトライオートFX口座をつくっておくと良いとおもいます。

第3位 FOREX.com MT4口座


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆未来予測チャート

フォレックスで口座開設することのメリットはやはりMT4がつかえることです。世界中のFXトレーダーから支持されているMT4でトレードしたいならばFOREXで決まりです。このリンクから申し込むと無料でもらえる「未来予測チャート」もかなりおすすめです。本来有料なので、これは口座開設する意味があります(^^♪

-FXと外国為替について, FX用語, はじめての方へ, 豪ドル円チャート

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2017 AllRights Reserved.