http://fx-dakar.com

スキャルピング ドル円チャート

感謝祭前の過熱感?11月にFXトレーダーがするべき相場分析

投稿日:2016年11月21日 更新日:

月ごとに為替相場の傾向をなんとなくイメージしておくことは大事です。

1月は~に気をつけるべき、とか、6月は~になることが多い、とかですよね。

そういう中で、今回の記事は11月の相場傾向について書いてみようと思います。

過熱感があると言われると・・・

tukaretahato

例えば、冒頭のチャートなんかは、とある年のドル円チャートです。

このときは、上昇トレンド真っ只中のドル円が、いよいよ過熱感を醸し出してきたような状態だったんですね。

このチャートの時間足は、1時間足です。

個人的に、メディアで「過熱感」が出てきたと言われはじめたときに限って暴落などは起きず、むしろジワジワと上昇をつづけるようなイメージがあります。

なんとなくそういうときが多いんですよね。笑

過熱と言われ Short してみるんですが、何とも言えない微妙なリズムで上がりつづけるんです。

だから損切りしようにもなかなか踏み切れないという(;´∀`)

過熱感のある11月第4週という時期

mori_sasupensu

さて、そんな個人的な印象の話はさておき、この記事ではきちんと一般的な感謝祭の時期の傾向について、考察していきましょう。

感謝祭のシーズンにスキャルピングをするなのならいったいどういう視点でのぞめばいいのでしょうか?

これですが、やはり大事なのは「木を見て森を見ず」の状態にならないことです。

すなわち相場を俯瞰する目を持つこと。

これがやっぱりとても大事なんですね。

感謝祭の前に過熱感があるという状況

kotatu

サラリーマンが週末、くつろぎながら考えるべきなのは、翌週にどんなイベントが控えているかです。

感謝祭っていうのは、11月の第4木曜日なんですね。

11月の第3週が終わったら、そのときの土日で考えるべきなのが、この感謝祭という材料なわけです。

宗教観がない日本人にはちょっと想像しにくいかもしれませんが、アメリカではこの感謝祭のときは家族で過ごすという慣習があるんですね。

ちなみにアメリカではクリスマスも家族で過ごすことが多いです。

感謝祭は実家に帰ろう!

jyuutai

ちょっと想像してみてください。

日本でさえ盆暮正月の帰省ラッシュとかでは、都心から地方への移動に半日とかかかったりしますよね。

正月だったら大晦日と三が日だけ休みなのであれば、実質家族でゆっくり過ごせるのは2日間だけ、なんてこともめずらしくありません。

この話をあの広大なアメリカ合衆国という国にあてはめてみたらどうなるか?

感謝祭 = ゴールデンウィーク?

Depot

当然スケール観がちがいます。

ウォール街勤めのエリートがアイダホの実家に帰ったり、シリコンバレーの会社に勤める新入社員が地元テキサスに戻ったりすれば、片道だけで丸1日かかったりすることもめずらしくありません。

そうするとどうなるか?

会社は社員のために、感謝祭翌日の金曜日まで休みにして4連休にしてあげるんですよ。

連休前の仕事のやり方

thanksgiving

当然、銀行のディーラーやヘッジファンドの社員も例外ではありません。

みんな11月中旬あたりからは感謝祭の4連休、 Thanksgiving holidays を楽しみにして過ごすんですね。

さて、特に勤め人の方なら想像しやすいとおもいますが、そういうときって仕事のやり方、どういう感じになるとおもいますか?

心おきなく七面鳥にかぶりつきたい!

hejjifand

これ、どの国も同じなんですね。

普通はキリのいいところで終わらせておきたいんです、仕事。休日に仕事のことでソワソワしたくないですからね。

トレードを生業にする人たちだって同じです。キリの良いところでトレードを終わらせるっていうのはどういうことでしょう?

そう、Exit しておくってことなんですよ。

トレンド相場で感謝祭前に過熱感 まとめ

yoyakuhaashita

当然、これはあくまで一般論です。

こういう通説を逆手にとってくるファンドだってけっこうあります。

でも、はじめの話にもどりますが、大事なのは「木を見て森を見ず」の状態にならないこと。

今回書いたようなExitの話があるが故に、「過熱感」の話は、基本的には毎年のセオリーなんですね。

つまり、もし教科書通りに相場が推移していきそうなのであれば、11月の第4週というのは、それまでのトレンドから逆行していくと考えるべきだってことです。

11月の第4週の月曜日~水曜日あたりにスキャルピングやデイトレをするのならば、「感謝祭」は看過すべきではない材料であるという点は、意識しておきましょう(^◇^)

Dakar

人気ブログランキング

おすすめの国内FX会社ランキング

第1位 DMMFX

ぼくが一番おすすめするFX会社はなんといってもDMMFXになります。証券会社として常に顧客満足度を重視している姿勢が評価高いです。スリッページ、スプレッドなど、あとになってこのFX会社でよかったと感じるのがDMMFXだとおもいます。口座開設は下の緑のボタンから無料でできますよ(^^)

第2位 インヴァスト証券 トライオートFX

トライオート

自動売買ができるFX口座ならばトライオートFXがおすすめです。もちろん通常の取引もできます。今現在、最先端のレンジ追尾システムなのではないでしょうか。口座は複数持っておくのが良いという点で、DMMFXに次ぐ第2の口座に、このトライオートFX口座をつくっておくと良いとおもいます。

第3位 マネックスFX


ドル円スプレッド0.2銭キャンペーン中マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(志摩力男氏)
ドル円スプレッド0.2銭キャンペーン中マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(志摩力男氏)?|?fx-on.com

今現在、一番優秀なドル円トレード環境を提供しているFX会社は、マネックスFXだとおもいます。スプレッドが0.2銭という点が魅力ですね。自己資金が少ない初心者ドル円トレーダーの方で、1円でも多く稼ぎたい方は、狭いスプレッドを追及したほうがいいです(^^♪

最近よく読まれている記事

1
XMの評価|人気海外FX会社を為替取引のプロ視点でレビュー

XMって海外FXに挑戦することを決めた方が一番よく選ぶFX会社なんですよね。 この記事では、ぼく、ダカール自身がXMと連絡をとって入手した情報も含め、XMについて書きます。 このブログはぼくのブログな ...

2
FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

現実的に考えていきます。 いったいFX初心者が安定的に稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。 この記事はぼくがFXをはじめるときから長期的に考えていることを綴った保存版の記事です。 ぜひ ...

3
ロンドンフィキシングとは?リスクマネーの必要性とチャート大変動

ロンドンフィキシングは、ロンドン市場の16時、日本時間で言うと25時のフィキシングのことをいいます。 ロンドンフィキシングは英語で書くと、London Fixing ですね。 Fix って「固定する」 ...

-スキャルピング, ドル円チャート
-, ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.