Dakar って誰?

Dakarの職場での仕事紹介のつづき

投稿日:2016年11月20日 更新日:

Dakarっていったい何者なの?どんな仕事をしているわけさ?

からのつづきです。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

けっこうマイレージたまります。笑

elly

要は営業マンと一緒に客先に赴いていろいろとシビアな話をするわけですね。

基本的には設計陣がはじき出したコストがすでに出ているわけなので、それがボーダーラインです。このへんは社会人の方にならご理解いただけるとおもいます。

商談にはさまざまなリスクがつきものですが、為替変動もその最たるもののひとつ。

財務諸表では「為替変動が理由じゃしょうがないね」的なかんじで為替差益欄、為替差損欄がありますが、実際にその分のお金で得したり損したりするわけですからね。

いち組織人としては絶対に看過できない話です。

株式会社のお約束

pasokon

財務諸表の話が出たのでこのへんも少し。

基本的には競合他社との技術力・コストパフォーマンスの競り合いで優良案件をどんどんゲットしていくのがビジネスの本流です。

でも事務部門のスタッフとしてはやはりどうしても避けて通れないのが決算報告なんですね。

このへんは完全にバックオフィス的なタスクですが、FXをするにあたってこのへんの仕事も役立ってはいます。

四半期決算の締めごとのドル円の値動きの特徴の把握、とかですね。

その他の職場での仕事

chart1120

他にも細々とした仕事をたくさんしています。

たとえばFXにダイレクトにつながってくるような仕事としては、海外サプライヤーとの交渉ですね。

上述のようなネゴでは営業マンと同行しますが、サプライヤーとの交渉はバイヤーと肩を組みます。

海外サプライヤーはヨーロッパ勢が多いんですよ。

自然、ユーロやポンド絡みのチャートも常に監視することになります。

とにかく為替関連の話ならとりあえず呼ばれるかんじです。笑

Dakar の仕事 まとめ

building

さて、いかがでしたでしょうか? Dakar の仕事についてさらっと書いてみました。

でもなんでブログにしていろいろ書こうとおもったの?という声も聞こえてきそうですがそのへんはまた今度の機会に書かせていただきます。

Dakar の仕事について少しでもわかっていただけたようであればうれしいです!(^^)!

※ ちなみに、ぼくの仕事についてはこちらの記事にもうちょっと詳細を書きましたので興味のある方はぜひどうぞ ↓

Dakarの為替の仕事をもう少しくわしく書いた記事!その1

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-Dakar って誰?

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.