https://fx-dakar.com

レンジ相場

FXのレンジパターンは2つだけ!絶対知っとくべき攻め方とは

投稿日:2020年9月30日 更新日:

FXのレンジ相場の攻め方を考えていきましょうか。FXのレンジ相場って、つまりは動かない相場です。動かない相場を攻めていくには、それなりにコツがありそうです。それはいったい、どんなことなのでしょうか?今回は、FXトレーダー視点で、一般的によく言われているレンジ相場の攻め方について書いていきたいと思います(^^)

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

レンジの攻め方|その1

レンジの攻め方、なんですが。

動かない相場で一般的によく勝つことができると言われている方法って、大きく分けて2つなんですよね。

まずは、上のツイートのような戦略です。

これは、ローソク足チャートへ直接ラインを引いて、トレードチャンスを考えていくやり方ですよね。

FXのレンジをラインで攻める

このへんの情報に関しては、投機筋のクオンツ運用の指針などが全体的に大きく変わったと言われている2010年以降の比較的新しい個人戦略の教科書的な話になります。

だいたい2010年以前のやり方とは、うって変わったやり方なので、よく把握しておくようにしてください。

と言っても、やり方自体はとてもシンプルです。

くわしい説明はツイート内容そのものなので端折りますが、ひとつだけこの個人戦略の特徴を書くとすれば、「TARGET BEFORE RESISTANCE」である点ですよね。

買いポジションを決済する話なのであれば、抵抗線に到達したところで利確するのではなく、「抵抗線に行き着く前に利確しましょう」、というやり方である点は、ひとつのポイントになってくるかなと思います。

レンジ相場はいつまで続くか?ローソク足の数と安心なトレード

ちなみに、↑この記事でもラインで攻める方法を書いています。

この記事は、チャネルラインの話ですよね。

実際のトレードの話を書いたので、こちらもぜひ読んでみてください(^^)

レンジに対応するAIを攻略しよう!

ところで、ですが。

これ、なぜ抵抗線までたどり着いてから利確するというルールではないんだとおもいます?

それは、最近なんかは対人工知能戦を考慮に入れた事情ですよね。

自分が、

「この相場はレンジだ」

と解釈してエントリーしたポジションを決済したいのは、自分だけではない、という可能性はけっこう高いんですよ。

自分が決済したいタイミングはまわりの多くのトレーダーも同じように待ち構えている可能性が高くて、それは機関投資家だって同じかもしれないわけです。

もしそうならば、抵抗線付近では何が起こる可能性が高いのか?

これは言わずもがな、多勢の利確による逆行ですよね。

そうなる前に、利確してしまったほうがいい、という考え方が、この「TARGET BEFORE RESISTANCE」という説明に行きつくわけです。

レンジの攻め方|その2

さて、FXのレンジで一般的によく勝つことができるといわれている方法、その2です。

その2は、オシレータ系テクニカルで頃合いを見計らって、実際のエントリーはプライスアクションで判断していくやり方ですよね。

この場合のオシレータ系テクニカルというのは、RSI、ストキャスティクス、RCI、ウィリアム%R、サイコロジカルライン、CCIなどになります。

オシレータ系テクニカルについては、↓こんな記事を書いていますので、読んでみてくださいね(^^)

オシレーター系テクニカル指標の紹介パート1

オシレーター系テクニカル指標の紹介パート2

オシレータ系って、サブウインドウに表示されるテクニカルのどの場所で売買していくかという視点で考えていく場合、2パターンあるんですよね。

ひとつは、テクニカルの上下、つまり、買われ過ぎ、売られ過ぎのゾーン、またはラインを売買のタイミングと考えるパターン。

もうひとつは、テクニカルのセンターに引くラインを売買のタイミングと考えるパターンです。

どちらでエントリーするかは、選ぶテクニカルによって変わる、ということになります。

ドル円1時間足トレードの話

この時のツイートなんか、今回のレンジエントリーの話を、端的にまとめてますよね。

そうそう、ぼくは、よくツイッターを「FX雑記」としてつかってます。

FXトレーダーDakarのツイッター

↑よければフォローしてみてください(^^)

それで、このときなんかは、明らかにローソク足チャートに2本の水平線が引ける相場で、且つRSIも使えた展開だったわけですね。

ここまできれいなチャート形状は、普通はあんまり出現しないんですけどね。

なのでコンスタントに勝ちを積み重ねていきたい場合は、ラインかテクニカル、どちらかのみで十分なので、どんどんトレードをするようにしてみてください。

なるべくエントリーのタイミングには、たくさん遭遇したいですよね。

なせならば、そのほうがより利益を積み増していけるからです。

エントリーのタイミングを増やしていくためには、ひたすら手を動かしてたくさんのチャートを視認し、たくさんのテクニカルをたくさんの時間足で試してみるのみです。

なんだかんだで、それが一番の近道ですからね。

多くのチャート展開を確認することで、リアルタイムの相場観も養われていきます。

これをしないで、勘だけのトレードを続けていても、全く腕は上がっていきません。

がんばりましょう(^^)

そうそう、上のツイートの話はドル円ですが、もちろんこのトレードスキルは、他の通貨ペアでも使えます。

FXユーロドルトレードでつかうべきテクニカル|秘伝のワザも!

この記事↑なんかは、ユーロドルのシリーズ記事のひとつですよね。

ユーロドルで役立つテクニカルって、ポピュラーなテクニカルなわけですが、その中のひとつとして、この記事ではRSIの使い方を紹介しています。

つまり、ユーロドルなんかでもレンジ攻めをしていくことができるんですね(^^)b

レンジは相場の7割

なぜ今回はこんな記事を書いたかなんですが、レンジ相場ってじつは為替相場の7割を占めると言われているんですね。

これは、現代の為替相場というのは、通常は当局の政策によってほぼコントロールされているからなんです。

Under Contorol となっている時間が長ければ長いほど、相場はボラティリティがない状態がつづくわけで、それがすなわちレンジ相場になるということですね。

この傾向というのは、今後もつづくと言われています。

というのは、人工知能の台頭などによって、相場にはますます厳しい管理の目が行き届くようになってきているからです。

トレードって、時代の流れに合致した技法を選ぶべきなんですよね。

一昔前までは、荒ぶるチャートに豪快に飛び乗っていくようなトレードがもてはやされた時期もあったそうです。

でも今は、ちょっともうそんな時代じゃありません。

ドッドフランク法など、適切な法整備が進められてきた現代においては、レンジ相場にも積極的に参戦していったほうが、トータルの収益は多くなるという統計も出ています。

ちょっとした利幅に見えるかもしれませんが、結局はそういう時の稼ぎが過去の負けを相殺してくれることになったり、未来の負けに対するリスクヘッジになったりもするんですね。

「なんだか冴えないつまらなそうな相場だなぁ」

なんて言わないで、今回書いたレンジ相場での振舞い方を糧にして、ぜひレンジ相場トレードにもトライしてみてください(^^)

レンジの攻め方|まとめ

さて、いかがでしたか?

今回の記事は、

FXで動かない時も稼ぐ方法|レンジに魅力無しなんて嘘!

↑この記事に書いたことと非常に関連性があるんですよね。

上の記事でぼくは、

「限られた時間しかチャートを見ることができない生活環境の自分にFXは向いてない、とは考えるべきじゃない」

という趣旨のことを書きました。

そして、レンジ相場は相場の7割を占めるということも書きました。

これはつまり、さまざまな通貨ペアをきちんとひとつひとつ見ていく体制を整えていれば、レンジ戦術はほぼいつでも有効ということになると思いません?

ぜひ、貪欲な気持ちで、レンジトレードに取り組んでみてください。

これまでまともにレンジトレードをしたことがなかった場合、やってみると相場観が変わると思います。

まず、エントリーチャンスが2倍にも3倍にも増えます。

そうすると、自然とPDCAの循環が早くなるんですね。

そうなったら、しめたものです。

PDCAが早くなるってことは、成長のスパイラルが早くなるってことです。

レンジ攻めを覚えたら、一足飛びに常勝トレーダーへの道を駆け上がっていけるかもしれませんよ(^^)

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-レンジ相場

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2020 AllRights Reserved.