FXと外国為替について

良いFX教材の条件とは?詐欺商材を買わないためにも知っておこう!

投稿日:2017年1月4日 更新日:

ぼくは基本的に、このブログではてっとり早くFXで稼ぐためには何が大事か? 正しい相場環境認識は? そしてそのトレード方法とは? というあたりのことを多面的にご紹介しています。

初心者の方にもどんどん読み進めてもらえたらなぁとおもっています。

今回はそんな中でも、ある程度の初期投資は辞さない覚悟でFXに臨もうとしている方への優良情報です。

はっきり書かせていただくと、初心者の方でも良い教材を利用するとトレードの飲み込みの早さが断然ちがいます。

良いFX教材の条件っていったい何だと思います?

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)


FXに実際に取り組む手順を記載

FXにはじめて取り組む方が一番知りたいのが、取り組む手順だったりします。

FXをやりたいけどいったい何から手をつけていいかわからないという状況の人は、わかりやすくその手引きをしてくれる内容の教材は重宝するべきです。

FXとはそもそも何なのか? というところからはじまり、開設口座の選択、取引ツールの使い方、情報源の選択、トレードルールの構築の仕方、相場環境認識、そしてトレード方法までです。

少なくともこれくらいは網羅されていないと指南書としてはつかい辛いかなとおもいます。

シンプルで再現性が高いトレード方法

そしてこれです。

まずトレード方法がシンプルであること。

これはトレードについての理解とその上達の早さに関わってくることです。

要は複雑なやり方を延々と語られてもはじめてFXに取り組む人の頭には全然入ってこないんですよね。

サラリーマンの方など特に、平日つかれて帰ってきた後に複雑怪奇なトレード方法に取り組むというのは、とてもしんどいです。

そしてもうひとつは再現性の高さ。

これはいわずもがな、説明されている内容が実際には役立たなかったら何の意味もありません。

「そこに書いてあることをそのまま実行すればだれでも稼げてしまう」というのが究極の指南書になります。

現在の相場環境に合っている手法

相場環境はだいたい7~8年周期で変わると言われています。

また、歴史は繰り返すので、大きなサイクルが7~8年周期でぐるぐるとまわっているとも言えます。

FXでより大きく稼ぐためには、そのときどきの相場環境にできるだけ合致した手法でトレードするべきなんですね。

この点、教材は入手後のアフターフォローがどのくらい充実しているか? という点が注目するべきポイントです。

提供者が長期視点で教材のブラッシュアップをつづけていく気構えがあるかどうかをきちんと見極めるようにしましょう。

プロのトレーダーのスキルを伝授

どんなに大ボリュームの内容の教材でも、そのトレード内容が実践に基づいたものでなければ全く説得力がありません。

知りたいのは通貨経済学を専門にする大学教授の講義内容ではなく、プロのトレーダーの、たくさん稼げるトレード方法ですよね。

これは考えてみれば当たり前のことなのですが、わりと巷には上滑りしているFX商材も多いです。

たとえば証券会社や銀行のアナリスト監修を謳っているような商材ですよね。

アナリストの専門というのはアナリティクス、つまり相場の分析です。

トレードではありません。

価格をおさえた努力が見える

こと優良教材に限って言えば、とことん購入者目線で中身がつくりあげられています。

提供者にやる気があれば当然そうなります。

そしてそのマインドは販売価格にも表れてきます。

ぼくはFXの教材というのは、上記の条件をクリアしていれば平均20万~30万円くらいの価値はあるとおもっています。

これは株などと比べて投資対効果が高いというFXの特徴を考慮した試算です。

その価格帯を基準にすれば、10万円より安く抑えられているのにある程度のボリュームがあり、購入者の評価も高い商材であれば、まずまずと考えても良いとおもっています。

良いFX教材の条件 まとめ

FXの教材を買うのって抵抗がある方もやっぱり多いです。

ただそういう方に限って、教材というものを誤解されていることも多いんですよね。

たしかに世の中には詐欺商材がとても多いです。

でも、ごく普通の生活をおくっていたんじゃちょっと知ることができないことを教えてくれるのが、教材の良いところです。

つまりその道の専門家ががんばって「普通の生活をおくっている人」に専門知識を授けようとしてくれているんですね。

FXはお金をいつの間にか失っちゃうから怖い、というようなパブリックイメージがあります。

なぜ怖いかというと、わからないからなんですよね。

つまりわからないという状態から脱することができれば怖さはなくなり、トレードにも集中できるわけです。

知ること、理解することが大事なんですね。

得体の知れないFXというものを理解するには、情報を得ることこそが解決策になります。

教材は、知りたい情報を提供してくれるものなんですよ。

はっきり言っちゃうと、購入費用をもったいぶらない限り、教材は手に入れるべきだとおもいます。

学生の方でも、なけなしのお金をつかい購入に踏み切って成功した方はたくさんいます。

「優良教材をトレード初期の段階で手に入れる」ことが実は「てっとり早くFXでお金を増やす方法」として最良の解決策になるってことですね(^^)b

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXと外国為替について

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.