https://fx-dakar.com

FX用語 実需とFX

直物取引とFX|スリッページを憂慮すべきタイミングについて

投稿日:2017年8月4日 更新日:

ダカールです。

実需の話をします。

いきなり専門的な話から入ります。

ちょっとがんばって、ぜひついてきてください。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

直物取引とは?

daily

直物取引という取引形態があります。

直物取引とは、銀行間市場(外国為替市場)の外国為替取引の種類の一つです。

スポット取引とも呼ばれ、取引日から2営業日後に決済を行う取引のことを指します。

この際の為替レートを「直物レート」と呼びます。

一方、「為替予約取引」は取引の約束をしてから一定期間後(1ヶ月後、3ヶ月後など)に受渡しを行います。

この際の為替レートを「為替予約レート」と呼びます。

為替予約取引は、例えば輸出する企業が1年後に受け取る輸出代金を外貨から円に換える場合に、1年後に今より円高になり円建の売上が減少するリスクを避けるためなどの目的で行います。

為替取引によるプレミアムコスト

DeM

為替予約取引に使われる為替予約レートは一般的に直物レートに2通貨間の金利差等を加味して決められます。

この際に発生するのが為替取引によるプレミアムコストです。

相対的に高金利の通貨を買う場合に得られる利益を為替取引によるプレミアム、逆に相対的に低金利の通貨を買う場合に発生する損失を為替取引によるコストと呼びます。

実需とアベノミクス相場

ぼくの実務の話に入ります。

輸出企業は、円安局面では余裕があります。

なので、基本的には、社内想定レートに為替予約の金利コスト分を載せた水準をドルが少しでも上回れば、売りが出やすくなるんですね。

実際、「アベノミクス相場」の円安局面では、輸出企業には稼いだドルをいつでも売れるという余裕がありました。

一方、輸入企業は下がったところでドルを買わないと、すぐに上昇してしまうという警戒感が強く、結果として、ドル買いが入りやすく、ドル売りが出にくい状態が続いていたんですね。

円高基調における企業のスタンス

channel

しかし、2016年に入ってドル円は円高基調に転換しましたよね。

当初はこのドル円の下落が、長期的なトレンドかどうか市場でも見方が分かれまていました。

でも、結局、年初の120円付近から5月初めにかけて105円台まで下落するなど、相場環境は完全に円高方向になったんですよね。

円高トレンドが色濃くなる中で、輸出企業と輸入企業のスタンスはどうなったとおもいます?

この両企業の為替取引のスタンスは、見事に逆転したんですよ。

ドル円が反発したらすぐ売りたい

輸出企業には、ドル円が反発すればすぐ売りたいっていう焦りが生じる一方、輸入企業は「いつでも買える」っていう余裕が出てきたんですね。

当時は、想定レートが110円より上に設定されていた企業がほとんどで、各社とも「非常に動きづらい」状態だったんです。

同業の輸出企業の為替担当なんかは、「追い込まれてから円転(ドル売り/円買い)させられないように祈るだけだ」みたいなことをよくぼやいてましたから。

自律反発局面

為替相場って、ある程度下落基調がすすむと、必ず自律反発局面に移行するんですね。

でも、せっかく自然に反発する動きが出てきているのに、ドル円はこのへん、ちょっと特徴があるんです。

その特徴とは、長期チャートで行って来いのかたちがあらわれにくいという側面です。

つまり、ジェットコースター的に急上昇や暴落が起きたあとに、すぐに戻ることが少ないんですよ。

このドル円の特徴をつくりだしている要素のひとつに、あきらかにこういう実需の存在があります。

これは確実に言えることです。

まとめ

15m

円高が再開すれば怖いということで、106、107、108円と、大台が変わったところでは一部の輸出勢から早めに売りが出るんですね。

つまり、円相場のチャートにおいては、キリのいい数字で激しい値動きが起こりやすいということです。

この話をトレードに生かすとすると、キリのいいところでは、あまりロットを増やさないほうがいいということになります。

危ないですからね。

スリッページも起こりやすいのが、キリのいい価格帯におけるトレードの特徴です。

こういう円相場の特徴も、ドル円やクロス円でトレードをするときは、きちんと認識しておきましょう(^^)

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FX用語, 実需とFX
-, ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.