https://fx-dakar.com

ポンドドルチャート ポンド円チャート ユーロドルチャート

ポンドドルとユーロドルの比較|最後に行き着いたチャートは?

投稿日:2016年11月23日 更新日:

ぼくは、よくポンドドルとユーロドルを比較します。今回は、実際にぼくが執行したことがあるトレードをとりあげることで、チャートの比較からトレードにいたる流れのひとつの例を書いてみますね(^^)

会社でポンドドルを何と呼んでいるか

daidokoro

冒頭のチャートは、ポンドドルの4時間足です。

ポンドドルは、ポンドルと略しちゃうことが多いんですよね。

ぼくの職場でも、通常はポンドルと呼んでいます。

「ポンドドル」と言おうとすると、舌を噛みそうになりますしね。

この呼び方は、ぼくの勤め先特有のものではないです。

この業界では、ポンドドルのことをポンドルと言っても、ほぼほぼ絶対的に通じます。

まぁ、文面ではちょっとわかりにくいかもしれないので、今回は「ポンドドル」で行きましょうか(^^)

ポンドドルとトランプショック

trump2

さて、そのポンドドル。

ユーロドルと比較してみると、ちょっとおもしろいことがわかる時があるんですね。

これ、どんなことだと思います?

今回はそれがわかる、米ドルの値動きが注目された材料を取り上げようと思います。

その材料とは、2016年のアメリカ大統領選挙。

トランプ大統領が当選を果たした時のポンドドルチャートです。

冒頭のチャートが、その時の状態ですね。

ユーロドルは米ドル売買のものさし

doru

注目していきたいのは、この時の米ドルの買われ方です。

ポンドドルに対して、ユーロドルは世界で一番取引量が多い通貨ペアですよね?

そのユーロドルのチャートの動きというのは自然、USDの売買の強さを計るバロメーターの役割も果たすんですよ。

これは、ユーロドルチャートが世界一のリクイディティを誇る通貨ペアだからです。

ユーロでFX|EURUSDは世界一流動性のあるチャート!

そのへんのことは、↑この記事に書いてありますので、まだ読んだことがないという方は、ぜひ読んでみてください。

ユーロドルは世界で一番トレードされているので、米ドル自体の売買が透けて見えてくることが多いんです。

同じ4時間足の、当時のユーロドルのチャートを見てみましょう。

当時のユーロドルチャート

eurusd1123

これが、当時のユーロドル4時間足のチャートです。

どうです?

下落しているということは、大統領選挙開票後はかなりUSDが買われていたということがわかりますよね。

この記事には貼りませんが、当時はこのことは、ドル円のチャートを見ても明らかなことでした。

ドル円チャートは、上昇していたんですね。

ポンドドルのチャートに戻ろう

england

では、もう一度冒頭のポンドドルのチャートを見てみてください。

比較して見てみるとよくわかります。

ポンドドルはユーロドルほど下落していないんですよ。

このことから何を察知するべきか?

ポンドドルは踏みとどまっている

odoroki-sumaho

ずばり、この時察知するべきだったのは、ポンド買いの動きが出てきているのではないか、ということだったんですね。

でなければ、ポンドドルのチャートもユーロドルと同じくもっと下落するはずなんですよ。

そして、こう思いいたったら、やることはひとつです。

ポンドドルを見たらポンド円も見る

gbpjpy1123

そう、ポンド円のチャートの確認です。

上のチャートは、このときのポンド円4時間足です。

当時はおもったとおり、上昇していたんですね。

これは円が売られているというより、明らかにポンドが買われていると考えるべきでしょう。

なぜなら、上昇し始めが大統領選挙開票日のタイミングだったからです。

最後に、念のため当時のポンドドルの、より長い時間足のチャートを見てみましょう。

そして長い時間足も見る

hiashi-gbpusd

どうでしょうか?

このチャートは、当時のポンドドルの日足です。

やっぱり、そんなに下落していないですよね?

ブレグジット、ハードブレグジットと、大きな下落が短期間に2度あったことで、ポンドドルのチャートは当時、買い戻しが入っていたんですね。

ポンドドルとユーロドルの比較 まとめ

scotland

つまり、この時に有効なトレード手順はこんな感じだった、ということですよね。

ポンドドルとユーロドルを比較し、ポンドが買われていると分析。

トレード対象通貨ペアは、より利幅がとれそうなポンド円。

スキャルピングベースでその日に利益がのるとは限らないけれど、押し目でしつこく細かくポンド円を買っていけば勝てる確率は高いと考え、買いのトレード開始。

もしエントリー後にマイナスになっても、折を見てナンピン。

どうでしょう?

なぜしつこくナンピンをしていく戦略をとるかというと、ポンドが買われているという相場環境認識だからですよね。

シンプルに自身の分析を前提にトレーディングをつづけていけば、勝てた相場だったわけです。

実際、ぼくは当時そうしていました。

この当時のぼくのトレードを振り返ると、最後はポンド円に行き着いてスキャルピングをしていたということですよね(^^)

Dakar

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-ポンドドルチャート, ポンド円チャート, ユーロドルチャート
-, , ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2020 AllRights Reserved.