はじめての方へ トレード方法 メンタル

はじめての方が陥りやすい心理状態とそれを避けるためのトレード方法

投稿日:2016年11月19日 更新日:

ドキドキわくわくしながらはじめてエントリーしてみたはいいものの、思っていた方向とは逆に行きはじめてしまった。

でも設定しておくべきと言われていた損切りラインまでも行かず、気が気ではない。

いっそ損切りラインに早いところ到達してくれれば迷わずExitできるのに・・・

なんて経験、だれでもあります。笑

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

ルールを守るのは大事だけど

manekineko

こういうのって、FXをはじめたばかりの方にとてもよくあることです。

根がまじめなのでしょう。

一度決めたのだから、ということで、どんなに時間がたってもホールドし続けてしまうんですね。

たしかにルール厳守という観点ではこれは正しいです。

でも、そもそもその損切りラインというのは適切なものなのでしょうか?

トレードの前提条件を疑ってみる

tamago

どんな人にも素人時代というのはあります。

なのでこういうことを言われて落ちこみすぎないでくださいね。

きっとその損切りラインは、今の相場と今のご自身の資金力と照らし合わせると、間違っています。

そしてこれを糧に絶対に学んでほしいことがあります。

それは適切な時間足をつかってトレードをするということです。

時間足によって見える景色はまったくちがう

daijobukana

おそらく短期で考えていらっしゃるのなら、テクニカルを根拠にしてエントリーされたのでしょう。

でもそのエントリーしたチャートの時間足はどれだったのでしょうか?

1時間足? 4時間足? 日足?

もし一番短い1時間足をつかっていたとしても、エントリーしてすぐマイナス状態になってしまったからといって右往左往しはじめるのは、本質を理解していない証拠です。

まずは落ち着きましょう。

トレンドにはのっかりたいものですよね

hajimete

たとえば上のチャートは2016年11月19日時点のポン円の4時間足です。相場環境としてはいわゆる「トランプショック」の状態ですね。

このチャートでボリンジャーバンドでトレードをするとします。

その判断自体は間違ってないんですよ。トレンド相場とボリンジャーバンドは相性ピタリですからね。

ボリンジャーバンドのセンターラインで逆張りをしようとして「A」で「買い」でエントリーしたとしましょう。

葛藤がはじまる。でもちょっと待って

nayamu

でもここからあなたの心は冷静さを失います。

なんとチャートはセンターラインでとまらず、どんどん下方向に動いていくじゃないですか。

するとこう思い始めるんですね。「じつは今が転換のタイミングなんじゃないだろうか?」と。

いろいろと理由をつけて転換なんだという方向に気持ちをもっていってしまうわけです。

すぐにでも損切りしたほうが気持ち的には楽ですからね。

どんな上昇トレンドにも押し目有り

chikyuugi

ただ、トレーダーが踏ん張るべきポイントというのはまさにここなんです。

上述したのはただの「心理」です。

そもそものあなたがエントリーしたチャートというのは4時間足なんですよね。

ロウソク足2本分くらい待つ構えであれば、少なくともあと4時間は監視を続けなければいけないんですよ。

そうじゃないと正確な判断は不可能です。

実際、このときの「B」地点までの下げはただのヒゲで終わり、ポン円相場は相変わらず上昇し続けました。

その下落は約30銭。このあきらかな上昇トレンドの最中にあって、この程度の押し目はとっても普通です。

落ち着きをとりもどせ!

sunadokei

つまるところ、マイナス状態において重要な認識のひとつは、エントリーした時間足で物事を考えるようにする、ということです。

エントリーした時間足で考えてトレードをする、なんて考えてみれば当たり前なんです。

上の例で言えば、同時刻に5分足を見ようものなら、きっと10本分でも20本分でも下落のロウソク足が並んでいたことでしょう。

でも5分足ならばたとえ20本並んだとしても100分です。4時間足のロウソク足は2本目のロウソク足さえ出現していません。

このことについてまずは十分考察してみてください。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-はじめての方へ, トレード方法, メンタル

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.