Road

http://fx-dakar.com

相場環境認識

相場環境認識|1日単位で考えてみる

投稿日:2017年6月25日 更新日:

この記事は

相場環境認識|時間的に前後を考える

の記事のつづきです。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

1日ごとの相場環境認識

前回のテーマでは時間的に前後を考える、ということで、1日の中での時間帯についての「前後」でした。

今回の記事では、時間軸をもっとひろげます。

どのくらいひろげるかというと、1日ごとです。

1日ごとに相場環境認識を持ってみることで、一昨日から昨日への流れ、そして、昨日から今日への流れを感覚的に持つことができるようになるんですね。

カテゴライズの仕方としては、「曜日」で区切るという意識をもっていただきたいです。

とある1週間のドル円1時間足チャート

week

さて、実際に考えていきましょう。

具体的に考察していったほうがわかりやすいですよね。

例によって、とある1週間のドル円1時間足チャートを貼りました。

そうそう、これはテクニック的なことですが、MT4をつかうならば、期間ごとに自動で垂直線を引くことができます。

ぜひこの機能はつかうようにしてくださいね。

1分足~1時間足:1日ごと

4時間足:1週間ごと

日足:1か月ごと

週足~月足:1年ごと

ちなみに、MT4の垂直線は上記のようなルールで引かれます。

とりあえず、この記事を書くために、Forexだけで検証してみたので、もしかしたら他の会社ではちがうルールで期間ごとの垂直線を引く設定になっているFX会社もあるかもしれません。

もし、「いやいや!この会社はこうだよ!」という情報があったらぜひ下さい。

共有させていただきます。

FOREXで口座開設するとMT4がつかえる!世界的FX会社の利点

ちなみにぼくは、MT4口座を開設するならば、この口座をおすすめしています。

まだMT4口座を持っていないという方は、ここからの申請は、かなりおすすめですよ。

なぜかというと、普通ならば有料の「未来予測チャート」が、なんと無料で入手できるからです(@^^)/~~~

週明けトレードスタートの日

月曜日から見ていきます。

月曜日は、翌週の月曜日を見てもらうとわかるですが、概して、先週のトレンドを引き継ぐことが多いです。

が、これはあくまで一般論。

ぜひ、ご自身できちんと記録をとるようにしてみてください。

たとえば、米雇用統計発表の翌週の月曜日の傾向、とかですよね。

ご存知のとおり、アメリカの雇用統計は毎月最初の金曜日に発表されます。

ということは、その翌週の月曜日というのは、その雇用統計の影響をかなり大きく受けて推移してく可能性が高いわけです。

火曜日は月曜日の流れを引き継ぐ?

次、火曜日ですね。

こうやって書き進めておいてなんなんですが、じつはこの曜日ごとの為替相場の特徴というのは、「Dakarの手法」で細かく記載させていただいている内容でもあるんですね。

なので、本当の核心の部分は、「Dakarの手法」でのみ記述しているという点はご了承くださいm(__)m

さて、火曜日は、端的に言えば、そんなに月曜日からの流れから変化はなく、推移していくことが多いです。

経済指標には注目ですけどね。

どの国の通貨に注目するべきかは、「Dakarの手法」にだけ書いています。

水曜日は注目

問題は水曜日。

為替チャートというのは、どういうわけか水曜日に大きく変動することが多いです。

上述のチャートも、はかったように大きく下落していますよね。

こういう変動も、曜日の特性をきちんと理解しておけば、「やっぱり水曜日だな」と、淡々と受け止めてトレードを継続することができるわけです。

こういう一種のアノマリーを知らないと、びっくりして、その日はまったくトレードができるような心理状態ではなくなってしまったりしますからね。

そうなってしまったら、機会損失なわけです。

前日からの流れをくみ取ろう!

次は木曜日です。

このチャートにおいての木曜日の説明にしましょう。

この木曜日の朝に、リアルタイムでこの1時間足を見た場合は、何を感じるべきなのでしょうか。

それは中期以上のもっと長い相場環境認識と、現状の比較です。

木曜日の朝の時点では、あなたが見ているチャートというのは、前日夜に大きく下落して、そこから半分ほど戻した(=つまり、上昇)チャートなわけです。

もし、この時点でドル円が長い目で見て上昇基調なのであれば、買う方向で考えてもいいでしょう。

逆に、長い目で見ても下落基調なのであれば、この戻しはいい押し目だと考えるべきでしょう。

つまり、「売り」でエントリーすべきタイミングということですよね。

それはその場その場の判断なわけです。

週末は今までの流れと週明けのイベントをイメージ

さて、最後は金曜日です。

今回のチャートで言うと、この週の金曜日は木曜日の流れを引き継いでいますよね。

木曜日にこれだけ勢いよく上昇しているので、そろそろ朝方から下落に転じても良かったようにおもいます。

が、こういう風に上昇がつづいたということは、アジアもロンドン、ニューヨークの流れを同じ方向で受け止めたということをあらわしています。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

ぼくは冒頭で、「曜日」で区切るという意識をもってほしいと書きましたよね。

これは、どういうことかというと、ぜひ自分で曜日ごとの通貨の値動きをデータベース化してみてほしいってことです。

つまり、前後の意識としては、昨日、今日、そして明日という感覚でOKなんです。

でも、この1日単位の値動きの把握の管理の仕方については、曜日ごとに、エクセルなりグーグルドライブなりに保存するようにしてほしいんですよ。

これをすることで以下のようなメリットがあります。

この相場環境認識ができることで、まず「昨日、今日、明日という流れの中での値動きの傾向から、リアルタイムのトレードにそのデータを生かすことができる」という利点が、ありますよね。

それに加えて、曜日ごとに傾向を保存しておくことで、「データベースがある程度の量まで貯まってきたら、それを曜日ごとの相場環境の傾向として体系化できる」というメリットが生まれます。

どうでしょうか?

1日ごとの値動きの把握につとめるということは、2つの利点があるということが、わかっていただけましたでしょうか(@^^)?

相場環境認識|移り行く季節の中で

の記事につづきます。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

おすすめのFX会社ランキング

数あるFXの口座を開設できる証券会社の中から、おすすめの会社をランキングにしてみました(^^)/

第1位 DMMFX

ぼくが一番おすすめするFX会社はなんといってもDMMFXになります。証券会社として常に顧客満足度を重視している姿勢が評価高いです。スリッページ、スプレッドなど、あとになってこのFX会社でよかったと感じるのがDMMFXだとおもいます。口座開設は下の緑のボタンから無料でできますよ(^^)

第2位 インヴァスト証券 トライオートFX

トライオート

自動売買ができるFX口座ならばトライオートFXがおすすめです。もちろん通常の取引もできます。今現在、最先端のレンジ追尾システムなのではないでしょうか。口座は複数持っておくのが良いという点で、DMMFXに次ぐ第2の口座に、このトライオートFX口座をつくっておくと良いとおもいます。

第3位 FOREX.com MT4口座


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆未来予測チャート

フォレックスで口座開設することのメリットはやはりMT4がつかえることです。世界中のFXトレーダーから支持されているMT4でトレードしたいならばFOREXで決まりです。このリンクから申し込むと無料でもらえる「未来予測チャート」もかなりおすすめです。本来有料なので、これは口座開設する意味があります(^^♪

-相場環境認識

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2017 AllRights Reserved.