相場環境認識

相場環境認識とは?FXでは視野を広く持とう

投稿日:2017年3月28日 更新日:

さて、相場環境認識についてです。

トレードって具体的にどこでエントリーするのかということが重要ですよね。

が、それ以上に重要なのは今自分がどういう相場環境でトレードしようとしているのかを把握することです。

今が上昇の流れなのか、下落の流れなのか。

近くにレジスタンスラインやサポートラインはあるのか。

こういうことを確認した上で具体的なトレードプランを考えていく必要があります。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします👇(^^)

相場環境認識とホールド時間

trend-range

目的地、つまり目指すExitポイントまでなかなか到達できないとか、途轍もなく時間がかかるというのはFXではよくあることです。

エントリーした途端、チャートが逆方向に行きはじめるなんてことはよくありますよね。

が、こういうときだって、相場環境認識さえきちんとできていれば最終的にはちゃんと勝てるんですよ。

時間はかかるかもしれないですが、勝てる可能性は格段にアップします。

相場環境をできるだけ正確につかむにはどれが一番重要だ、というようなことはありません。

多面的に複数の要素が絡み合って、相場環境認識のための方法論のようなものができあがるんじゃないかとおもっています。

エントリーの理由になるチャートより長い時間足のチャートを見る

よく言われることのひとつはこれですよね。

たとえば今現在自分の目の前にドル円5分足チャートが広がっていたとします。

その5分足チャートがあらわす値動きを、エントリーポイントを探るために眺めていたとしましょう。

このときに自身の感覚としてどういうイメージがあるかなんですよね。

たとえばそのドル円5分足チャートというのがこのようなチャートだったらどうでしょう。

5min

なんだか全然方向感がないチャートですね(*´ω`*)

でも取り急ぎ話を前にすすめるために、この5分足チャートであなたはこれからトレードをすると仮定しましょう。

さて、売り買いどちらでエントリーしますか?

正直このチャートだけから判断するのであれば難しい判断です。

とりあえず「買い」で入ったとしましょうか。

こんな相場環境だったの?!

4h

さて、次にこのチャートです。

じつはこれ、上述の5分足チャートと同じ時間帯のドル円4時間足チャートです。

こっちのチャートは誰が見ても明らかな下降トレンドになっていますよね。

言いたいのは、まさにこれが相場環境認識というものの実態のひとつだっていうことなんです。

モーレツ社員のFX

ちょっともう一度、一番はじめにもどって思考の経路をたどってみましょう。

話をリアルにするために、あなたは毎日激務に追われて過ごし、でも近い将来大きな仕事を任されることになっていてやる気に満ちている熱血サラリーマンだとしましょう。笑

まぁ、この前提はなんでもいいんですけどね(^▽^;)

でですね、とある平日にあなたは、いつものように帰宅後すぐにPCを起動し、ドル円5分足チャートを表示するんですよ。

このへんは兼業FXトレーダーとしては普段通りの行動です。

でですね、たまたまその日はこのドル円5分足チャートをMT4の画面で表示していたんです。

そしたらなんだかその日は気分が高揚していたのか、「お、これは買うしかないじゃん!」とおもったんですよ。

相場環境認識がなかった故に・・・

ところが、です。

エントリーした途端、なぜかチャートは下落の一途をたどるんですね。

最初のうちはけっこう余裕なんです。

「まぁ、押し目でしょ?」

という感じで過ごしているんですが、ちょっと雰囲気がおかしいんですね。

なんとその後、一度もエントリーポイントに戻ることなく、ドル円チャートはその日のうちに50銭も下落した、なんていう話です。

相場環境認識とは? まとめ


さて、いかがでしたでしょうか?

この話を客観的に表現するならば、これこそ「相場環境認識がない」という状況なんですよ。

つまりあなたは5分足チャートだけでなく、同時に4時間足チャートも見ていればドル円の、もっと大きな時間軸における下降トレンドに気づくことができたわけです。

これってものすごくもったいないことだと思いません?

だって、何か難しい技術とかが必要なわけではないんですよ?

ただ「見ていなかった」「認識していなかった」というだけで、損失を被るわけです。

ロットを多めにしていたのだとしたら、それこそ何十万、何百万の損失になっていた可能性だってあるわけです。

どうでしょうか?

相場環境認識の何たるかというところが、少しでも見えてきましたでしょうか?

さて、次の記事ではこの相場環境認識というものを、「時間の前後」という枠組みで考えていきます。

☟次の記事はこちらですね。

相場環境認識|時間的に前後を考える

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-相場環境認識
-

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.