FXと外国為替について

ブルームバーグについて感じていること|現場最前線の感覚

投稿日:

さてさて。今回の記事では、ブルームバーグにスポットライトをあててみようかなと思います。ブルームバーグは、経済、金融情報の配信、通信社、放送事業を手がける、アメリカの大手総合情報サービス会社です。元々「情報を通じて世界の資本市場の透明性を高め」るべく立ち上げられた会社ですね。つまり、マスコミ的な立ち位置が色濃い感じの会社になります。経済や金融情報の配信に特に力を入れていますが、時代の変化で情報を「提供する」だけの立場から情報を「つなぐ」立場になってきたかなというのが、現場で取引を続けているぼくの率直な感想です(^^)

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

ブルームバーグという社名

ブルームバーグって、元々ソロモンブラザーズの元幹部の人が立ち上げた会社なんですよね。

その名も、

「マイケル・ブルームバーグ」

さんです。

ブルームバーグって、創業者の名前だったんですね。

ちなみにぼくは、入社した年に先輩から職場で、

「ブルームバーグはハンバーグの一種だ。さすがアメリカ人はシャレが効いているよな、社長が好きな食べ物を社名にするなんて。」

と言われて一瞬信じた、ということがありました。笑

さすがに当社の人との会話でボロが出てはいけないのですぐその場で今のは冗談ってことを明かしてくれましたが(^^;)

要は、世界に冠たるジャパニーズメーカーで考えれば、ブリヂストンと同じってことですね。

石橋さんが創業したからブリヂストン、ブルームバーグが創業したからブルームバーグ。

ただそれだけの、とてもシンプルな由来ってことです(^^)b

配信力のブルームバーグ

さて、そんなブルームバーグ。

冒頭で紹介したとおり、この会社は特に経済や金融情報の配信に注力している会社です。

ロイターとブルームバーグ

ブルームバーグは超大手の会社で、全世界的にはロイターと双璧を成している感じなんですよね。

ロイター記者と為替担当の雑談より|金融マスコミの本音?

ロイターについては↑こんな記事を書いているので、ぜひ読んでみてください(^^)

ブルームバーグとロイター。

どちらもさまざまな側面で他社を圧倒している会社ですが、強いて言えば現場力のロイター、配信力のブルームバーグというイメージです。

現場力、配信力というフレーズはあくまでぼくの感覚的なものですが、そんなに間違ってないんじゃないかと思っています。

ブルームバーグは、配信のためのWeb環境を、かなり積極的に整備・開拓してきた実績があるんですね。

勤め先のメインPCについて

ぼくの勤め先でも、為替情報を仕入れているメインPCには、当然のようにブルームバーグ社と契約しているサービスを取り入れています。

メンテナンスや期間契約のための交渉、時節的な訪問、人事異動があった、等々、わりとしょっちゅうこの会社の営業マンとは話をする機会があります。

そして、わりと長く彼らとも付き合いはあるので、年月が経ってくるとけっこうブルームバーグの内部事情とかもぽろっと話してくれたりします。笑

あ、さすがにこの記事ではそういう話は全部書けないですよ?

そういう為替業界の裏側みたいな内容も含む話に興味のある方は、無料メルマガ↓に登録してみてください(^^)

Dakar Club 公式無料メルマガ

メルマガでは、たまにその手の話も展開しているので。

プロフェッショナルサービス

ブルームバーグのプロフェッショナルサービスは、この業界では有名なものです。

利用者の使い勝手や操作性、データの見つけやすさなどを向上させるようにソフトウェアの開発を常に行うことを強みとしている彼ら。

自社が強くそうアピールしているだけあって、ちょっと他にはここまでしてくれる会社は思い当たらない、というのが本音です。

ブルームバーグ端末のアカウントを開設すると、35万人を超える世界で最も影響力のある意思決定者のコミュニティに瞬時に参加できるんですね。

取引相手の検索もできるので、利用者にとっては、このあたりはだいぶメリットがあるわけです。

やっぱり使えるのはニュース!

サービスの内容にはいろいろなものがありますが、やっぱりニュース発信が使えるかなと思っています。

プロフェッショナルサービスを使うと、重要なニュース、市場の動向を左右するニュース、ビジネスの行方を一変させるようなニュースに瞬時にアクセスできるので、ビジネスの競争優位を得ることができるわけですね。

このあたり、ブルームバーグはかなり

「トレーディングのための情報発信」

を意識しています。

例えばファンダメンタルズの話ならば、単に地政学的リスクが顕在化した旨のニュースを発信するならばそれは読売新聞とかとたいして変わらないわけじゃないですか。

地政学的リスクとは?短期FXトレーダー必見の材料がじつはコレ!

あ、地政学的リスクについては↑こちらの記事、ご参考ですね。

投資活動を意識した配信

それで、話を戻しますが、でも、リスク顕在化のニュースと共に、今後どのチャートが上がる可能性が高いとかどの通貨が売られるかもしれないみたいな話が掲載されていたら、どうか?

彼らの発信は、そのあたりまで当たり前のようにカバーしているわけですね。

ちなみに、このプロフェッショナルサービスの内容の一部を、ぼくの勤め先では少し改良して社内共有までしています。

身内で共有したいレートの多くは、圧倒的に円相場ですね。

円相場の話は、為替取引を執り行う部署から他部署へ積極的に周知しておきたい話なんです。

ドル円、ユーロ円を中心に、各部署に知らせたい分析結果を発信するんですね。

社内のいろいろな場所に設置するデジタルサイネージに出したりもしています。

大学生のトレーニングコース

あと、ぼくのイメージとしては、ブルームバーグと言えば、投資活動に関する教育への意識が高いです。

ブルームバーグは、ビジネスの現場でプロフェッショナルが使用しているいろいろなアプリケーションが利用できる、教育機関向けのソリューションパッケージを提供しているんですね。

トレーディングの話なんかも、もちろんこのパッケージの中には含まれているわけです。

要は、企業と学生の間で、現場の投資戦略の橋渡し的な役目もブルームバーグはしているんですね。

例えば2019年には、大学生と大学院生を対象にした半日トレーニングコースを開催しています。

これなんかは、金融業界での就職に関心のある大学生は、最先端のテクノロジーに触れながら投資業務が実践できるチャンスだったわけです。

ブルームバーグでは、現役学生が金融や投資の世界を広く深く体験できるように、

「未来への投資」

をテーマとしたさまざまな取り組みを実施しているんですよ。

このあたりは、ブルームバーグの企業としての長期的な取り組みってことですよね。

まとめ

いかがでしたか(^^)?

今回は、ブルームバーグについて書いてみました。

ぼくのブログ記事をはじめて読んだよという方は、他にもいろいろ書いているので、これを機会にぜひぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

おすすめ記事とかから読み始めるといいのかな(^^)b

そうそう。

ちなみにこの上の写真は、この記事のヘッダーにしたブルームバーグのぼくの担当者の名刺の、裏側なんですよ。

このコーポレートメッセージ、すごいと思いません?

「FASTEST」

ですからね。

でもこれ、あながちバカにはできないキャッチコピーなんです。

それは、今回の記事に書いたような理由ですよね。

ブルームバーグの情報網とその「伝えるためのシステム構築力」は、他の追随を許さないものがあります。

ブルームバーグのキャッチコピーは、だいぶ攻めてますよね。

「他社ではなくウチこそが1番早いんだ!」

というメッセージですからね。笑

さすが、合理主義の代表格。

アメリカ企業らしい側面だなと思ってます(^^)

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

XM口座のつくり方!

この記事では、海外FX会社のXMで口座を開設する方法をどこよりもわかりやすくご紹介しています(^^)/ 具体的には、XMの会員ページをつくってログインができるようになるところまでです。本人確認書類を提出して口座を有効化したり、MT4をインストールしたりするためにも、この手順は必須ですよ(^^)b

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

最近よく読まれている記事

1
ドル円は水平線が効果的!下落後の反転予測に使えるワザとは?

ドル円チャートって、水平線を引きやすいんですよね。今回は、そんな話をしていきたいなと思います。ぼくはふだん、ツイッターをしているんですが、今回の記事はよりツイッターの内容とリンクした構成にしてみました ...

gyakubari12 2
ドライバーズFX|ガソリンスタンドから始まる必勝法とは?

FXで勝っていくにあたっては、毎日のようにクルマを走らせている方々だけが持ち得る優位性が存在します。それは、資源国通貨トレードのひとつです。たまにいただくお問い合わせの中には、「いつも運転しているんじ ...

3
雑誌外国為替にFXトレーダーDakarを掲載いただきました。

2022年8月31日に、FX情報誌「外国為替」の創刊号が発売されました。ぼく、Dakarも僭越ながらその創刊号に他のFXトレーダーの方々といっしょに掲載いただきました。それにあたって、ちょっとブログ記 ...

-FXと外国為替について

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2023 AllRights Reserved.