https://fx-dakar.com

複数通貨ペア同時監視

FXのモニター環境|複数金融市場を同時監視するPCについて

投稿日:

冒頭の画像は、メディアに出ているトレーダーの中でも有名なStephen Kalayjianさんのトレーディングルームです。この方は、基本的に1つのモニターに対して1つの通貨ペアや株式のチャートを表示しています。パッと見て、ちょっと圧倒される光景ですよね。たぶん、この部屋に入った瞬間、かなり圧迫感があるかなと思います。なぜこんなモニター環境をつくりあげる必要があるのでしょうか?こんなモニター環境を構築する目的は何なのでしょうか?今回は、複数金融市場同時監視の体制について書いていきたいと思います(^^)

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

FXのモニター環境|様々な体制

FXのモニター環境についてなんですが、ひとことで複数金融市場同時監視と言っても、その体制はいろいろなかたちがあります。

ステファンさんのように、1つのモニターに1つのチャートだけを表示するのであれば、オシレータ系テクニカルのサブウインドウを表示しても視認しやすいですよね。

また、MT4の初期画面なんかは、1つのプラットフォームに4つのチャートが出るようになっています。

普通、1つのモニターに表示するトレーディングプラットフォームは1つなので、この状態をそのまま使うならば1モニター4チャートという体制になりますよね。

あと最近、プロのFXトレーダーでもビットコインのチャートを表示する人が増えてきました。

それによって、常時監視チャートのセレクトが変わり、それまで見ていたチャートを省いた、なんて話も聞きます。

省くチャートも人それぞれなわけですが、例えば為替を中心に見ているアメリカ東海岸のトレーダーなんかは、オセアニア市場の指数とかを省いたとか、そんな話ですよね。

FXのモニター環境|すぐ見たい理由

なぜ一定数のトレーダーは複数金融市場をすぐに一瞥できる環境を整えるのでしょうか?

それは、いちいち手を動かしてチャートを確認しにいく手間を省くためです。

この理由に、尽きるんですね。

意外とFX初心者の方が陥ってしまうことが多い感覚のひとつは、

「たくさんのチャートを見るなんて自分にはまだ無理だ」

というようなものなんです。

が、それはちょっとちがうんですね。

むしろ、初心者なのであれば、なおさら複数の金融市場をなるべく長い間ウォッチして、その動向の特徴を知るようにするべきなんです。

例え為替で勝負することに決めていたとしても、株や商品のチャートまでチェックする。

これをすることでどんな利点があるかというと、それはずばり

「今現在の金融市場の雰囲気をつかむことができる」

ということです。

雰囲気をつかんだ後に、エントリーポイントをひたすら待つんですね。

これが、本当に大事なことなんです。

FXのモニター環境|分析の水準

手を動かしてチャートを見に行かないといけない環境だと、その作業だけで

「仕事をした感」

がでてきます。

これはけっこうリアルな話で、特に副業FXトレーダーにとっては、このへんの話が命取りになることもあります。

これ、どういうことかというと、なぜか1つのモニターでいろいろとテクニカルを表示したり複数の通貨ペアを順番に見ていったりしていると、なんだかだんだん

「もういいだろう」

みたいな気持ちになっていくようなんですね。笑

もういいだろう、というのは、要は、分析が、です。

大事なのはスタートの時点ですでに全体がきちんと見えていることなのであって、副業トレーダーは帰宅後にもう即、臨戦態勢に入っているべきなんです。

なんといっても、副業トレーダーは時間が限られていますからね。

この点を具体的に考えていくならば、例えばトレンド相場への参戦ですよね。

トレンド相場って、なるべく初動に近いところから相場参加していったほうが、利益を多く確保することができるんですよ。

スキャルピングで細かく抜いていくならば、どうしても最後は逆行で負けることになります。

その時に、トータルで確実にプラスにするための手段のひとつが、パッとひと目見ただけで複数金融市場を確認できるPC環境なわけですね(^^)b

FXのモニター環境|まとめ

さて、いかがでしたか?

これまで100万も200万も負け続けてきた、という方の話をよく聞くと、相場が見えていなかった故に負けていたというケースが多いです。

これは、ぼくがよくお問合せをいただくようになってから実際にぼく自身が相談に乗ることが多いことなので、事実です。

なぜ、そのチャートでトレードをしたのか?

ここを突き詰めていくと、かなり主観的な理由でチャートをセレクトしているケースも多いんですよ。

「大きく動いていて稼ぎ時だと思ったから」

とか。

これでは、あまりにも刹那的すぎなんですね。

そこは、ちゃんと考えましょう。

今、金融市場で何が起こっているのか?

それを知ることを、トレードプランニングの出発点にするんです。

冒頭のステファンさんなどはここの点を非常に突き詰めて考えているため、為替を中心に取引しながらも株価、指数、先物、商品のチャートまで表示しています。

トレードの大前提として、そのくらい見ておかないと勝負できないと考えているんですね。

副業FXで確実に勝っていくための手段としては、複数金融市場の同時監視っていうのは、自然に行きつく体制になるってことですよね(^^)b

追伸:

ステファンさんの部屋、かなり圧倒されますよね。

実際は、ここまでの環境をつくるのはなかなか大変かなと思います。

そういう意味では、現実的なのは、やはりモニターを数枚だけ用意して、自分は椅子に座って相場を眺めるというスタイルですよね。

でもモニターっていったい、いくつくらいあればいいんでしょうか?

FXのパソコン画面はいくつあるべき?モニターの数について

この問いに対する答えなんかは、↑この記事にすでに書いてます。

合わせて読んでみてくださいね(^^)

Dakar

もしためになったならば、ぜひ今日もクリックをおねがいします!Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-複数通貨ペア同時監視

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2021 AllRights Reserved.