NZDJPYチャート 政治とFX

5月16日17日18日ニュージーランドイングリッシュ首相来日!

投稿日:2017年5月13日 更新日:

こんばんは。

今回はちょっとコアな話題、ニュージーランド首相が来日するという材料について書きます。

外務省のサイトによると、5月16日から18日まで、ニュージーランドのイングリッシュ首相が実務訪問賓客として訪日することが決定しました。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

5月16日にNZDJPYチャートが変動する?

nz

画像参考元:https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source

このニュースは5月11日に外務省のサイトにてリリースされました。

ニュージーランドの元首相、キー首相は2016年12月12日に辞意を表明しましたよね。

このニュージーランドのキー元首相に後継指名された、ビル・イングリッシュ副首相兼財務相(54才)がその日のうちに、与党、国民党の議員総会で党首に選出されたんです。

イングリッシュ首相は,前職の財務大臣(兼副首相)時代に3回訪日歴あります。

が、首相としての訪日は初みたいですね。

ニュージーランドイングリッシュ首相来日のニュースを外務省がリリース

1 5月16日から18日まで,ビル・イングリッシュ・ニュージーランド首相(The Rt. Hon. Bill English, Prime Minister of New Zealand)及び同令夫人が実務訪問賓客として訪日します。

2 滞在中,安倍晋三内閣総理大臣は,イングリッシュ首相と会談し,夕食会を催す予定です。

3 イングリッシュ首相及び同令夫人の訪日は,我が国とニュージーランドとの親善関係を一段と深めるものと期待されます。

引用元:http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/

FXとニュージーランド首相の来日

さて、じゃあ今回のこのニュージーランド首相の来日という材料で、FXトレーダーとしてはどのようなトレードプランニングをしていくべきなのか?

知りたいのはここですよね。

こういう要人の来日のニュースがリリースされた場合に、真っ先に考えなければならないことは2点あります。

1点目は、その当該国の通貨と日本円の通貨ペアのチャートで、自分は取引できるのか? ということですね。

今回の国はニュージーランドなので、このニュースに関わる通貨ペアはニュージーランドドルと円のチャートですね。

NZDJPYです。

このNZDJPYで取引ができるかということをまずは考えてください。

ちなみに、このブログでおすすめしているDMMFXであれば、NZDJPYでのトレードが可能です。

☟こちらから口座開設できますので、興味のある方はぜひどうぞ。

⇒DMM FXで口座開設

FXニュージーランドドル円チャートへの影響

次に、要人の来日のニュースがリリースされた場合に、真っ先に考えなければならないこと、の2点目ですね。

2点目は、その来日のニュースが、お互いの国にとってプラスの話題なのかマイナスの話題なのか、ということです。

これ、とても重要な考察です。

今回のイングリッシュ首相の訪日は、「昨年12月に首相に就任したイングリッシュ首相のアジアで初めての訪問先として、日本に招くことによって、両国間の政治・経済面の協力関係や、文化・人的交流の一層の強化を目指す」ことが目的です。

これは首相官邸での菅官房長官の記者会見のとおりですね。

NZDJPYチャートに変動はあるのか?

2017年5月第2週引け後のNZDJPYチャート4時間足
nzdjpy

つまり、ざっくり言ってみれば、「首相就任おめでとうございます。あらためて僕、安部です。日本のリーダーやってます。」「いやー、とうとうニュージーランドのトップになっちゃいました。改めて、僕イングリッシュです。」的な会だということですね。

そこには為替のプラスマイナスに関する材料は見当たりません。

よって、この材料でNZDJPYの変動に関し、事前にシナリオを描いておくことに意味はありません。

強いて言えば、突発的な材料が出る可能性に備えて、リアルタイムでチャートにはりついてみるというのもひとつの手です。

が、ニュージーランドって、みなさんもイメージあるとおもいますが、けっこう平和な国です。

平和っていうのは、経済的にも政治的にも、なにか常に議論の対象になる話題があるわけではないということですね。

大事なのは、こういう材料がこの日取りで予定されているということを知っておくということです。

少なくとも、ぼくはそういう認識でこの材料を考えています。

こういうのも、相場環境認識のひとつですよね。

5月16日17日18日ニュージーランドイングリッシュ首相来日!まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

今回は豪州市場のメイン通貨のひとつ、ニュージーランドドルについての話題である、「イングリッシュ首相、実務訪問賓客として初訪日」という材料について書いてみました。

菅官房長官は相変わらず滑舌が悪いですね(*'▽')

「実務訪問賓客」の「実務」が「じちゅむ」に聞こえます、、、

こういうのを見ちゃうと、官房長官は民主党の枝野さんとかの方が良いなーとかおもえちゃいますよね。

3.11のときの、作業着を着ての毎日の記者会見っぷりは、なかなか今でも評価が高いようですし。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-NZDJPYチャート, 政治とFX
-, , , , , , ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.