テクニカル ボリンジャーバンド

トレンド相場でボリンジャーバンド!FXの真骨頂のひとつがコレ!

投稿日:

ボリンジャーバンドの使い方っていろいろあります。

ボリンジャーバンドは表示していてわかりやすいのが良いんですよね。

性質とか特徴とかをくわしくわかっていなくても、ボリンジャーバンドは感覚的に使えます。

この記事はむずかしく考えずにさらっと読んでもらえればとおもいます。

それでは、まず1つ目のチャートから見ていってみましょうか。

ボリンジャーバンド|ユーロドルチャートの15分足

borinja1

まずはこれはユーロドルチャートの15分足です。

どうでしょう?

チャート上に表示されている3本の線がボリンジャーバンドです。

この3本の線がいったいどういう計算で引かれているか?とかは考えなくても、こうやって表示させてみるとそれだけでトレードをするにあたってとても頼れそうなテクニカルのように感じられますよね。

まずはそれが大事です。

もうひとつ、上昇トレンド相場でのボリンジャーバンドを見てみましょう。

ボリンジャーバンド|ドル円チャートの4時間足

borinja2

これはドル円の4時間足チャートです。

時間足を変えて、ボリンジャーバンドの線の数も増やしてみました。

どうでしょうか?トレードの武器が出現したように見えませんか?

少なくともこのときには「ボリンジャーバンドの一番下の線まで来たら逆張りで買う」というルールで100%勝てるわけです。

これってすごいことなんですよね。

100%なんて、なかなかないです。

ボリンジャーバンド|NZDUSDチャートの15分足

borinja4

次は下降トレンドにおけるボリンジャーバンドです。

このチャートはNZDUSDの15分足ですね。NZDというのはニュージーランドドルのことです。

このときは特にチャートの左側でかなり急角度で下落したんです。

「ボリンジャーバンドのセンターのラインまで買い戻される前にまたすぐ下落」というリズムですからね。

そして、画面中央あたりまできてやっとセンターラインにタッチしたわけです。

ここでスキャルピングをやめたら、最後のトレードでは多少損失を出すことになりますが、それまでの下落分で大きく稼げているわけですから問題ないわけです。

ボリンジャーバンド|ポンド円チャートの4時間足

borinja3

最後に殺人通貨ペア、ポンド円の4時間足チャートを見てみましょう。

このときなんか本当にキレイにボリンジャーバンドがつかえたんですよ。

しかもポンド円らしく、途中からもはやセンターラインへ回帰しなくなっています。こういうリズムになったらもうホールドしっぱなしでいいくらいなんですよね。

そしてなぜこのチャートを最後の例に挙げたかというと、このチャートもまた最後は転換のときを迎えて下落しているからです。

これが現実ですよね。

だから最後のトレードではこの例においてもマイナスを出すことになります。

でもトータルでは完全にプラスになるということは、この上昇幅を見ればわかることですよね。

ボリンジャーバンド良いじゃん!と感じれました?

今回は何か結論めいたことは書きません。

いろいろ紹介することのみをこの記事のテーマにさせてもらいたいからです。

もし書くとすれば、「なるべく早くそのときの相場がトレンド相場なんだということに気づき、ボリンジャーバンドをすぐにつかいはじめる」ということでしょうか。

とにかく言いたいことはボリンジャーバンドはフィーリングで使えるんですよ、ということですね。

こういう簡単な検証でも勝てることが実感できるテクニカルってわりと少ないです。

ボリンジャーバンド、ぜひつかうようにしてみてください。

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-テクニカル, ボリンジャーバンド

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.