http://fx-dakar.com

FXと外国為替について

FXと中国|香港からはじまった海外会社の企て

投稿日:2017年7月18日 更新日:

さて、今日の記事は中国とFXについてです。

中国ではまだ個人の為替取引は自由化にいたっていません。

ひと昔前の日本と同じですね。

では、ちょっと興味本位的な記事ですが、書いていってみます(^◇^)

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

中国のFX市場について

china1

現在、中国において個人がFXをやることについては、グレーゾーンになっています。

FXは個人がブローカーに保証金を預けて、通貨を売買する取引ですね。

ブローカーはインターバンク市場で実際に通貨を売り買いするわけです。

されど、中国政府は、元々共産主義であったこともあり、現在も市場に対しては厳しい規制をかけているんですね。

そのため、中国においては、まだまだ自由に通貨を売り買いできる状況にはないんです。

海外のFX会社が市場を形成

china3

じゃあ、中国人はFXに参加できないのでしょうか?

これは絶対にできないかと言えば、答えは「ノー」なんですね。

さきほどグレーゾーンと書きましたが、これはあくまで、「ブローカーが中国企業」という図式が許されていないというだけの話なんです。

どういうことかというと、海外の会社は堂々と中国で顧客を増やしているってことです。

主に、アメリカ、イギリス、オーストラリア、香港などの会社が多いみたいですね。

海外のFX会社と当局の規制

usdchfday

こういう外国のFX会社は、顧客サービス、勧誘を目的として、中国国内に法人を作っている会社もあるんですが、取引自体は海外に作った口座から取引をする形をとっています。

これは法律の都合ですね。

つまり、中国人個人から保証金を自社の海外の銀行に預けてもらっているんですね。

でもこれ、じつはよくわからない点もあります。

たとえば、1回あたりに海外に持ち出せる金額の規定などは、かなり曖昧なんですよ。

中国当局が規制している範囲におさまらない金額を、外国のFX会社が許可していたりするんです。

う~ん、このへんは、あまり掘り下げないほうがいい話題かな。笑

やめておきましょう(^^;)

中国FX市場の歴史

さて、そもそも中国のFX市場って、どうやって開拓されてきたのでしょうか?

この点については、1992年から93年にかけて、まずは通貨の先物取引が発展したのがはじまりと言われています。

その際に香港に本籍を置く多くの会社が中国大陸へ進出し顧客開拓したんですね。

つまり、このタイミングで多くの香港の会社が中国国内の法人・個人を顧客に持ったんです。

やはり中国にけしかける商売人は、香港人なんですね。

失敗は成功の母?

しかし、国内の大多数の顧客は先物取引/外為取引を理解しておらず、盲目的に参加した結果、多額の損を被ることになったらしいんです。

この中には多くの国有企業もあったみたいなんですよね。

これ、ちょっとおどろきですよね。

このへんはやはり中国で、外国のアドバイスなどは受けずに、我流で運用をしたりする会社が多かったから、らしいんです。

こういう流れを受けて、1994年8月、中国証券監視委員会が全面取締を行う文書が発行されます。

これ以降、中国域内で行われる外国為替証拠金取引(=FX)には、厳しい規制がひかれることになったんですよ。

これが今もつづいている規制の流れです。

FXと中国 まとめ

People check currency exchange rates at an currency exchange office in Istanbul December 16, 2014. REUTERS/Murad Sezer

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は世界ナンバー2の経済大国、中国のFX事情について書いてみました。

中国の自国通貨、「元」は、いまだに完全に市場が開放されていません。

中国人のFXと共に、この「元」についてもぜひ考えてみていただきたいんですよね。

トレードに参加するにしろ、自国通貨を自由に売買するにしろ、人口の多さという点で、一大勢力になるのがこの中国という国です。

近い将来の相場環境認識を見据え、現状の中国を少しずつでも理解するよう努めておくことは、長くFXトレーダーとして稼ぐ腹積もりの人にとっては、避けては通れないテーマです。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

現実的に考えていきます。 いったいFX初心者が安定的に稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。 この記事はぼくがFXをはじめるときから長期的に考えていることを綴った保存版の記事です。 ぜひ ...

2
ロンドンフィキシングとは?リスクマネーの必要性とチャート大変動

ロンドンフィキシングは、ロンドン市場の16時、日本時間で言うと25時のフィキシングのことをいいます。 ロンドンフィキシングは英語で書くと、London Fixing ですね。 Fix って「固定する」 ...

3
ボリンジャーバンドはズルい?使い方を完全に理解して勝ちまくろう!

とある方から、ボリンジャーバンドはズルいテクニカルだと思います、という問い合わせがありました。ボリンジャーバンドのどこがズルいのかなーと思って、よくよく話を聞いてみると、「これはわりと深いかも!」と感 ...

-FXと外国為替について

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.