Trade

http://fx-dakar.com

FXと外国為替について FX用語

外国為替市場とインターバンク市場について

投稿日:

さて、今回は外国為替市場と、その銀行相互間の為替取引、インターバンク市場について書きます。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

外国為替市場とは

eurusd0510

外国為替市場とは、「がいこくかわせしじょう」と読み、異なった通貨の売買を行う市場の総称のことです。

この外国為替市場は、取引所などのように、ある特定の場所に存在するのではなく、電話回線やコンピュターネットワークで繋がれたネットワーク全体のことを言います。

当然のことながら、外国の為替を取引する市場ですから、世界中で取引が行われます。

そのため、株のように何時から何時までが取引時間と言うことが無く、外国為替市場では、世界中のどこかで24時間、常にトレードが行われているため「24時間眠らない市場」などと言われることもあるんですね。

また、世界レベルで取引が活発に行なわれている時間帯をそれぞれ「○○市場」と呼び、ニューヨーク市場、東京市場、ロンドン市場などと呼ばれます。

そして一般的には、この3箇所が三大外国為替市場と呼ばれているんです。

通貨を交換する場が外国為替市場

外国為替市場は、円やドルなどの異なる通貨を交換する場です。

世の中には、異なる通貨の交換が必要となる様々な出来事があります。

例えば、海外旅行に行く際に銀行で円を外貨に両替するケースがあるほか、輸入を行う会社が海外との代金決済のために円を対価に外貨を調達するとか、国内の投資家が外貨建て金融資産を売買する際に円と外貨を交換する、といったケースも挙げられます。

こうした様々なニーズを満たすため、各国の通貨を売買する場として、外国為替市場があるんですよ。

外国為替市場の取引は、以下の2つに大きく分けることができます。

(1)個人や企業が金融機関と行う取引(金融機関からみて「対顧客取引」と呼ばれます。)

(2)金融機関同士が直接または外為ブローカーを通じて行う取引(外国為替市場における「インターバンク取引」と呼ばれます。)

この2つですね。

インターバンク取引

インターバンク取引という言葉はあまり耳慣れない言葉だとおもいますので、紹介しますね。

インターバンク取引は、外国為替銀行相互間の為替取引のことで、銀行間取引ともいいます。

銀行間取引の中心は,銀行にとって受動的な取引である対顧客取引によって発生する為替の資金調整および持高調整取引であり,通常為替ブローカーを介して行われるんです。

このいわゆるカバー取引に用いられる銀行間相場は,外国為替市場における外貨需給を示す相場であって、銀行は、この相場を基礎に市場動静や平衡操作動向などを勘案して対顧客相場を建てるんですね。

取引は米ドルの直物・先物取引、スワップ取引のほか、英ポンドなど主要通貨のクロス取引 (外貨対外貨) も行われますが、基軸通貨である米ドルの取引が圧倒的です。

取引単位は 10万ドル以上ですね。

対顧客取引

次に「インターバンク直結ではないしくみ」を説明しますね。

実は日本のFXの店頭取引(相対取引)では「インターバンク直結ではないしくみ」の方が圧倒的に多数派です。

FXの店頭取引の場合、顧客からの注文を約定させたFX会社は、それをずっとそのままにしておけば、相場変動という大きなリスクにさらされてしまいます。

だから、顧客から受けた注文をインターバンク市場(銀行間取引市場)に流すわけです。

これを「カバーをとる」といいます。

カバーをとらないFX会社は存在しないはずですが、インターバンク直結でない場合は、顧客から受けた注文すべてについてカバーをとっているわけではありません。

たとえば、顧客から米ドル/円で100万通貨の買い注文があると同時に、別の顧客から米ドル/円で100万通貨の売り注文があったとします。

すると売り買いが相殺できて、FX会社はカバーをとらなくてもリスクはないことになります。

そして、売りと買いのスプレッドの分がFX会社の利益になるんです。

これが顧客から米ドル/円で100万通貨の買い注文と80万通貨の売り注文があったとしましょう。

80万通貨については売り買いを相殺できるが、20万通貨の買い注文が残ります。

そこで、FX会社はこの20万通貨の買い注文の分だけカバーをとれば、相場変動のリスクがなくなるわけなんです。

まとめ

eurjpy

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は外国為替市場について書いてみました。

ちなみに、ぼくの昼間の仕事はインターバンク市場における取引です。

インターバンク市場の取引って、これはこれでおもしろい取引なんですよ。

ただ、基本的にはどちらも同じ外国為替市場。

普通に取引をしている分には、この2つの違いはそんなに深く考えなくてもOKです。

ただ、為替ニュースなどでたまにつかわれる用語なので、知っておいて損はないはずです(*^^)v

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

おすすめのFX会社ランキング

数あるFXの口座を開設できる証券会社の中から、おすすめの会社をランキングにしてみました(^^)/

第1位 DMMFX

ぼくが一番おすすめするFX会社はなんといってもDMMFXになります。証券会社として常に顧客満足度を重視している姿勢が評価高いです。口座開設は下の緑のボタンから無料でできますよ(^^)

第2位 インヴァスト証券 トライオートFX

トライオートFX

自動売買ができるFX口座ならばトライオートFXがおすすめです。もちろん通常の取引もできます。今現在、最先端のレンジ追尾システムなのではないでしょうか。

第3位 FOREX.com MT4口座


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆未来予測チャート

フォレックスで口座開設することのメリットはやはりMT4がつかえることです。世界中のFXトレーダーから支持されているMT4でトレードしたいならばFOREXで決まりです。

-FXと外国為替について, FX用語
-

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2017 AllRights Reserved.