http://fx-dakar.com

テクニカル ボリンジャーバンド

FXボリンジャーバンド|トレンドの方向はわからない?

投稿日:2017年5月21日 更新日:

この記事は

FXボリンジャーバンド|スクイーズとエクスパンション

の記事のつづきです。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

FXボリンジャーバンド|ミドルラインはOKですか?

AUDUSD

さて、前回の記事ではFXにおけるボリンジャーバンドのミドルラインについて、ぜひ勉強してみてくださいということを書いて終わっていましたね。

どうでしょうか?

ボリンジャーバンドのミドルラインについての認識を正しく持つことができるようになったでしょうか?

ボリンジャーバンドというのは、これからの値動きについて、バンドというかたちでチャート上にトレードの指針を視覚化してくれているものではあります。

でも、あくまでそれは統計学における確率の算出の仕方に従っているだけです。

「今の相場」におけるトレンドの方向や、正確な「今後の」値動きの幅を教えてくれるものではないんですね。

これ、とても重要な認識です。

FXボリンジャーバンド|標準偏差

ボリンジャ-バンドは、「移動平均線」と「標準偏差」で構成されています。

あらかじめ設定したある期間の移動平均値に、算出された幅(標準偏差)をその上下にバンドとして描くテクニカルがボリンジャーバンドです。

統計学ではデータが正規分布している場合、「平均値±標準偏差」内にデータが入る確率は約68%、「平均値±標準偏差の2倍」内にデータが入る確率は約95%であることが知られています。

ボリンジャーバンドはこの特性を活用したものです。

バンド内に収まる確率

ちなみに、だいたいのFX会社が提供するボリンジャーバンドの設定では、“上下3本ずつ”の描画になります。

ボリンジャーバンドのバンドウォークとは|トレードの方法 の記事にも書きましたが、確率に関しては正確には以下の通りです。

ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%

ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%

ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

ですね。

しつこいようですが、これはあくまで統計学の見地で定められる確率です。

FXでボリンジャーバンドを生かすには?

確率というのはあくまで数学的な見方です。

確率のデータを生かすには、トレードの回数を増やすのが良いですね。

分母が多いほど確率のデータは生きますので。

ロットを増やしたり減らしたりするようでは、確実に資金が増えていくとは限りませんので、それは念を押しておきます。

あと、時間ですよね。

決まった時間帯にトレードをしない場合も、この確率はあてはまりません。

それから通貨ペア。

当たり前ですが、トレードをするごとに通貨ペアを変えてしまうと、この確率のとおりに資金が増えていくことはないです。

FXボリンジャーバンド|スキャルピングでトレード

Black

確率のデータを生かすには上記のような方法がベターです。

が、ぼく自身がトレードをするときには、このボリンジャーバントの確率だけから判断してエントリーするということは、ほぼないです。

「主の判断理由」にすることはたびたびありますけどね。

じゃあ、実際にぼくがボリンジャーバンドをつかってスキャルピングをするときは、どういう感じなんでしょう?

このへん、じつは「Dakarの手法」に存分に書いてあります。

どんなテクニカルも、一定のルールを厳守してこそ、勝ち続けることができる武器になりえます。

ぼくというトレーダーが、いったいどんな風にボリンジャーバンドをつかいこなしているかに興味がありましたら、ぜひ DakarのFX手法 を入手してみてください。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

現実的に考えていきます。 いったいFX初心者が安定的に稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。 この記事はぼくがFXをはじめるときから長期的に考えていることを綴った保存版の記事です。 ぜひ ...

2
ロンドンフィキシングとは?リスクマネーの必要性とチャート大変動

ロンドンフィキシングは、ロンドン市場の16時、日本時間で言うと25時のフィキシングのことをいいます。 ロンドンフィキシングは英語で書くと、London Fixing ですね。 Fix って「固定する」 ...

3
ボリンジャーバンドはズルい?使い方を完全に理解して勝ちまくろう!

とある方から、ボリンジャーバンドはズルいテクニカルだと思います、という問い合わせがありました。ボリンジャーバンドのどこがズルいのかなーと思って、よくよく話を聞いてみると、「これはわりと深いかも!」と感 ...

-テクニカル, ボリンジャーバンド
-,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.