MACD テクニカル

精度の良いテクニカル、MACD!FXのチャート上ではどう役立つ?

投稿日:2017年2月13日 更新日:

この記事ではテクニカルのMACDについて書いていきたいと思います。

MACDはオシレーター系の特徴とトレンド系の特徴、双方を併せ持つテクニカル指標です。

でもとってもポピュラーで精度の高さに定評があるんですね。

ちなみにMACDはマックディーと読みます。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

そもそもMACDってどんなテクニカルなの?

MACDとは、移動平均線をもとに計算されたテクニカル指標です。

Moving Average Convergence Divergence の略称ですね。

そして表示されるかたちですが、MACDは基本的に2つのラインとヒストグラムになります。

2つのラインはMACDとシグナルなんですね。

このへん少しややこしいんですよね。

普通、MACDと一言で言った場合ラインとヒストグラムの総称を指すのですが、表示画面の説明となるとラインの1つがMACDになるという説明の仕方になるんです。

オシレーター系テクニカル指標としてのMACD

macd02123

さて、オシレーター系のテクニカル指標としてのMACDはレンジ相場としてチャートを眺めるときにつかいます。

オシレーター系のテクニカル指標としてのMACDをつかうときに注目するのはヒストグラムです。

上の画面を見てください。

この画面でいうと青の山がMACDのヒストグラムです。そしてMACDが黄色、シグナルが水色になります。

こうして画面をすぐに紹介するととても簡単なことのように思えますよね。

要は下の山の頂点で買って、上の山の頂点で売ればいいわけです。

ところが実際はこういう風にキレイに山が出ているMACDを探すところから日々の作業はスタートするわけです。

これが意外と大変だったりするんですよね。

根気よく探しましょう。

まずはそこからです。

トレンド系テクニカル指標としてのMACD その1

macd0212

トレンド系のテクニカル指標としてのMACDは逆張り型と順張り型の2つがあります。

まずは逆張り型です。

これ、じつはFXをはじめたばかりの人にもオススメできる基本的なMACDの使い方なんですね。

かいつまんで言ってみれば、ゴールデンクロスとデッドクロスになります。

ゴールデンクロスは黄色いマルのところ。

黄色のMACDラインが水色のシグナルラインを上に抜けています。

真ん中の「0ライン」よりも下で上抜けしていることを確かめましょう。

では決済するポイントはどこでしょうか?

いくつかありますが、まずヒストグラムの山が小さくなってきたところがあります。

またラインが逆にクロスしたところでも手仕舞いできます。

ゴールデンクロスはかなり早い時期にサインが出るのでトレンドの転換を狙う逆張りによく使われます。

ダマシも発生しますが、ダマシが発生しないテクニカルは存在しないのでその場合はきちんと損切りを入れることが重要になってきます。

トレンド系テクニカル指標としてのMACD その2

macd02122

さて、次は順張り型です。

オレンジのマルの部分でMACDラインとシグナルラインが0ラインを下抜けしました。そこで売りでエントリーするんですね。

この使い方のほうがいわゆる順張りです。

0ラインをまたぐときにエントリーするといういたってシンプルな手法ですが、シンプルなやり方ほどじつは効果的だったりするんですよね。

ここではくわしい説明は省きますが、MACDの計算では単純移動平均線(MA)ではなく、指数平滑移動平均(EMA)が採用されています。

このEMAによって計算されているという点がMACDが支持されるひとつの理由です。

先行性が高いんですよ。

精度の良いテクニカル指標 MACD のまとめ

さて、いかがでしたか?

このように一つのテクニカル指標でもいろいろな使い方があります。

また、チャートとテクニカル指標が見やすいFX業者を使うかどうかでも違ってくるのでいろいろと試してみるのもいいかもしれません。

同じテクニカル指標でもチャートが使いづらいと判断を誤りますからね。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

現実的に考えていきます。 いったいFX初心者が安定的に稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。 この記事はぼくがFXをはじめるときから長期的に考えていることを綴った保存版の記事です。 ぜひ ...

2
ロンドンフィキシングとは?リスクマネーの必要性とチャート大変動

ロンドンフィキシングは、ロンドン市場の16時、日本時間で言うと25時のフィキシングのことをいいます。 ロンドンフィキシングは英語で書くと、London Fixing ですね。 Fix って「固定する」 ...

3
ボリンジャーバンドはズルい?使い方を完全に理解して勝ちまくろう!

とある方から、ボリンジャーバンドはズルいテクニカルだと思います、という問い合わせがありました。ボリンジャーバンドのどこがズルいのかなーと思って、よくよく話を聞いてみると、「これはわりと深いかも!」と感 ...

-MACD, テクニカル
-, , ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.