FXの口座開設関連

XMボーナスの最高額を叩き出す方法!これは絶対知らなきゃ損!

投稿日:2019年2月12日 更新日:

この記事は、XMからいかにうまい具合にボーナスを1円でも多く絞り出すか?について書いてみました。つまり、XMから可能な限りボーナスをたくさん引き出すノウハウですよね。XMは、海外FX業者の中でもボーナスがかなりお得なブローカーです。なので、そんなXMのボーナス体制についての正しい知識も一挙に習得できるようにしてみたつもりです。正しい知識があれば、最大限「得する方法」もわかるわけです。あと、「もらえるはずのボーナスがなぜかもらえない!」なんて状況の方のために、問題解決のヒントになる話もまとめてみました。この記事を読んで、XMのボーナスについて正確に理解してくださいね(^^)

ぜひ今日もクリックをおねがいします!ブログランキングに参加しています。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

XMのボーナスは2種類

そもそもXMのボーナスが、口座を開設するとどんな風にくっついてくるのか?なんですが、これは大きく分けて2通りあるんですね。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 最大50万円の入金ボーナス

この2通りです。

なぜ2通りあるかというと、これはXMの強かなマーケティングですよね。

実際のところは、口座開設の時だけボーナスがつくかたちでもいいわけです。

それなのに、なぜ2通りのボーナスを用意するかというと、口座を開設してそれだけで終わらせないためです。

要は、口座開設の時の3,000円のボーナスだけで満足させてしまわないために、さらなる営業攻勢を準備しているということですね。

ただ、こう書くと、こういうXMの戦略が「ハマらないべき罠」のように思えるかもしれませんが、ぼくはそうは思わないんですよね。

ここまでサービス精神を大っぴらに出してきてくれてるのだから、これはむしろ利用すべきなんです。

3,000円の口座開設ボーナス

まず、3,000円の口座開設ボーナスですね。

こちらのボーナスについては、よくXMの広告でも大々的に宣伝されているので、知っている方も多いと思います。

これ、つまりは、XMの口座をつくったら無条件で3,000円あげちゃうよ!っていうキャンペーンです。

口座開設ボーナスって、初めてXMの口座を開設するトレーダーにプレゼントされるボーナスのことなんですね。

対象口座ですが、スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座、全ての口座タイプが対象になります。

リアル口座の有効化(本人確認書類の提出)を済ませれば、マイページ上からワンクリックで3,000円を受け取ることができるんですね。

ボーナス受け取り口座の初回最低出金額は6,000円からではありますが、当然、3,000円分の口座開設ボーナスで出た利益は、出金できます。

リアルマネーを入金することなく、XMの888倍ハイレバトレードを試すことが可能な太っ腹なボーナスが、この口座開設ボーナスってことですね。

最大50万円の入金ボーナス

さて、次です。

XMのボーナスには、入金ボーナスというものもあるんですね。

こちらのほうは、前述の口座開設の時のボーナスよりも一般的に認知されていないことも多いボーナスです。

これは、入金ボーナスは、仕組みが口座開設時ボーナスほど単純ではないので、調べても記憶に残りにくいっていう理由もあるみたいです。

なので、できるだけわかりやすく書いてみようと思います。

入金ボーナスは、2段階制なんですね。

まず、入金した額の最大5万円まで100%入金されるというボーナスがあります。

そして、その次のステップとして、5万円を超える入金には都度20%の入金ボーナス(ボーナス上限45万円)が入るようになります。

5万円までの入金は倍になる

100%入金ボーナスは、入金額分のボーナスがそのままトレードの証拠金として付与されるものです。

入金額の5万円までは入金額の100%がボーナスとしてつくんですね。

初回でまとめて5万円入金する必要はなく、上限の5万円までは入金の都度100%の入金ボーナスが支給されるんです。

ボーナス100%って、つまり入れたお金が2倍になるってことですね。

少額入金を繰り返しても、限度額に達するまで何度でもボーナスが獲得できるのはけっこうお得です。

5万円を超える入金には20%ボーナス

5万円を超える入金に対しては、上限に達するまで20%のボーナスが付与され続けます。

この場合も、5万円以下の時と同様、少額入金を繰り返しても付与され続けます。

20%ボーナスの上限は45万円のボーナス額付与分までです。

これはつまり、最大225万円の入金まで、20%ボーナスの対象となるということですね。

225万円×20%=45万円ってことです。

これはつまり、45万円のボーナスを受け取るには、225万円より少ない入金である必要があるということですね。

合計入金金額 ボーナス率 ボーナス額 取引できる額
1000円 1000円に対して100% 1000円 2000円
5万円 5万円に対して100% 5万円 10万円
50万円 5万円に対して100%
45万円に対して20%
5万円+9万円=14万円 64万円
100万円 5万円に対して100%
95万円に対して20%
5万円+19万円=24万円 124万円
230万円 5万円に対して100%
225万円に対して20%
5万円+45万円=50万円 280万円
300万円 5万円に対して100%
225万円に対して20%
5万円+45万円=50万円 350万円
500万円 5万円に対して100%
225万円に対して20%
5万円+45万円=50万円 550万円

XMの入金ボーナスのルールでは、入金額が230万円を超えると、頭打ちになります。

また、1000円の入金は自動的に2000円になるんですね。

XMからボーナス最高額を引き出すノウハウ

さて、ではいよいよ、そんなXMのボーナス体制の上で最大限得するためのテクニックを書いちゃおうと思います(^^)

まぁ、とは言っても、上の表をよーく見てもらえればわかることなんですけどね。

表を見ればわかりますが、XMのボーナス支給のルールを利用して、ちょっとした作戦を練ることが可能なんですよ。

その作戦が、「ボーナス最高額を叩き出す方法」ってことですね。

例えば10万円が手元にあるとするじゃないですか。

そういう時は、じつは5万円ずつに分けてXMの口座に資金投下した方が、よりたくさんのお金でトレードできるんです。

5万円を2回に分ければ、その2回分にそれぞれ100%のボーナスが付与されるわけですからね。

つまり、この場合は、20万円がトレード資金になるわけです。

でも、このボーナスのルールを知らないで10万円をそのまま投下した場合、100%ボーナスが付与されるのは5万円だけになり、残りの5万円には20%のボーナスしか付与されません。

その結果、この場合のトレード資金は、16万円になります。

10万円+5万円+1万円ということですね。

一番右の「取引できる額」の欄が合計取引額、つまり実際のトレード資金になります。

FX会社では、よく有効証拠金と言ったりする金額ですね。

XMのボーナスは申請不要!

さきほど少し触れましたが、入金は230万円がボーナス付与の上限なので、それ以降の入金分にはボーナスは加算されないということが確認できると思います。

XMはボーナス申請手続きが不要なんですよね。

取引口座に自動付与されるんです。

たまに、自分が入れたお金よりトレード資金が多くなっていて混乱する人もいるようですが、基本的にXMのボーナスは入金と同時に取引口座に自動反映されるんです。

クレジット欄に自動反映されるボーナスは、口座情報のクレジットに反映されます。

有効証拠金は残高(入金額)+クレジットの合計金額が表示されるんですね。

このへんも、わりとぼくはXMの評価が高いです。

というのは、わりと面倒な手続きを踏まないと、ボーナスが受け取れなかったりする海外FX会社が多いからです。

XMは余計な条件が一切ないということですね。

入金後、口座に即自動反映というのは、わかりやすいと思っています。

これは具体的に書くと、他のブローカーでありがちな

  • 隠れ条件(月に50lot以上でボーナス付与など)
  • メールやFAXでの入金申告

などというような面倒な背景・手続きが、ないということですね。

口座に入金すると即座にボーナスが反映され、そのまま取引で使えるスピーディーさを有しているというのは、この海外FX会社の長所のひとつだと思っています。

XMで入金ボーナスがもらえない場合

念のため、ボーナスが受け取れないという相談もいただくことがあるので、なぜ受け取れないことがあるのかも書いておこうと思います。

XMで入金ボーナスがもらえなくて困っているという話を聞く時に、一番多いパターンは、口座開設時に「ボーナスを受け取らない」を無意識的にチェックしてしまっているというパターンです。

もしくは、フォーマット記入時に、自動的にチェックが入ってしまっていたというパターンですね。

XMのサイトへ行くルートによってそうなってしまっていることもあるので、注意しましょう。

ちなみに、ぼくのサイトからXMのサイトに行けば、ボーナスはきちんともらえる設定になっていることを確認していますので、大丈夫です(^^)

⇒ボーナスを確実に受け取り、XMで口座をつくる

↑こちらですよね。

さて、次です。

XMのボーナスがもらえないパターンの2つ目は、ゼロ口座で口座開設をするというパターンです。

これは特に、ぼくがスキャルピングトレーダーだからという理由で勘違いする方が多いです。

XMの入金ボーナスの対象口座は、スタンダード口座とマイクロ口座だけなんですよ。

スキャルピング用の口座としてXMが用意しているゼロ口座は、入金ボーナス対象外なので注意しましょう。

さて、最後は、キャッシュバックサイト経由で口座開設したというパターンです。

キャッシュバックサイトで口座開設してしまうと、XMではボーナス対象外になります。

ボーナスを受け取るためには、必ず公式サイトから申し込むようにしてください。

キャッシュバックサイトに関しては、ぼくがXMを評価してみた記事でも書いた通り、通貨危機の際の救済措置の優先順位が低くなるという欠点もあるので、最近のそういった事情も加味すると、あまり利用しないほうがいいと思います。

もし上記に当てはまっていて、ボーナスが欲しい場合は、サポートに個別で問い合わせをしてみてください。

XMの日本語サポートセンター:japanese.support@xm.com

↑日本語対応をしてくれるXMのサポートセンターのメールアドレスは、こちらですね。

事情を伝えれば、わりとすんなりとボーナスを付けてくれたという話も聞きます。

問い合わせてみて損はないと思いますよ(^^)b

まとめ

さて、いかがでしたか?

XMのボーナスについて、理解を深めることはできましたでしょうか?

FXで莫大な額の資産運用をするというケース以外は、普通は極少ないお金でトレードをはじめることがほとんどだと思います。

その際に思いのほか大きな味方になってくれるのが、このボーナス体制です。

てっとり早く、少ないお金をどんどん増やすための選択肢としては、けっこう理想的なFX会社なんですよね。

海外FX会社はわりとボーナスを付加する会社は多いですが、XMは頭ひとつ抜け出ている感があります。

この先ずっとこういったボーナス奮発状態が続くという保証はないです。

もしXMの口座をまだ持っていないという方がいたら、良い機会なのでつくってみてはいかがでしょうか(^^)?

⇒XMで口座をつくる

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXの口座開設関連

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.