https://fx-dakar.com

FXと外国為替について

FXに挑む主婦の方々へ|常に確率の高い値動きを想定せよ!

投稿日:2017年6月20日 更新日:

この記事は

主婦のFX|東京時間のドル円でシナリオを描こう!

の記事のつづきです。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

実需為替取引については別記事で

さて、前回は昼間のドル円においてもシナリオを描くことはとても大事だということの説明と、大口の機関投資家の紹介をしましたね。

大口の機関投資家の紹介では、生命保険会社の為替取引を例にとりあげました。

そして、ぼくの実需為替取引についても、さわりだけちょっと紹介しましたね。

このぼくの職場における実需為替取引の話なんですが、当初は、この「主婦FXトレーダーが稼ぐ」シリーズの記事で全部書こうとおもっていました。

でも、いろいろと草稿を練りはじめたら、おもったより長くなっちゃいそうな感じがしてきたので、次のシリーズ記事で書こうとおもいます。

主婦FXトレーダーへの助言その3

5月31日のドル円15分足チャート
usdjpy_0531

6月7日のドル円15分足チャート
usdjpy_0607

6月8日のドル円5分足チャート
usdjpy5min

で、肝心の、「主婦FXトレーダーが昼間のドル円で稼ぐ方法」なんですが、この3つのドル円チャートの特徴的な値動きについて、言っておきたいことがあります。

正直、これがこのシリーズ記事のキモですね。

2つあります。

まずは、東京時間のレンジ相場では多ロットのスキャルピングをおすすめするということ。

それから、2点目。

2点目は、ロンドン勢がトレードをはじめる、まさにその出鼻でトレンドの方向性を見定める、ということ、です。

この2点を持って、「主婦FXトレーダーへの助言その3」とさせていただきます。

日本時間の午前中はレンジ相場のドル円

順に書いていきます。

まずは東京時間のレンジ相場では多ロットのスキャルピングをおすすめするということについてですが、これはこれから書く実需為替取引シリーズの記事にくわしく書いていこうとおもいます。

なので、今後の展開に要注目ってことで、とりあえず先を急ごうと思います。

今の時点で書いてある記事としては、すでに紹介しましたが、以下の記事ですよね。

FXと実需について|東京時間のドル円がレンジ相場になりやすい理由

波に乗れ!

さて、2点目です。

ロンドン勢がトレードをはじめる、まさにその出鼻でトレンドの方向性を見定めることができれば、昼間のドル円トレードを制することができます。

このことについてなんですが、実は、その理由は、これまでの記事で書いてきていることになります。

なのでぜひこのシリーズ記事をもう一度よく読み込んでみてほしいんですよね。

ロンドンのディーラーの習性しかり、です。

が、それではこの記事がまとまらないので、一応表現を変えるかたちでもう一度書きます。

主婦FXトレーダーの方は家事もちょうど終わる頃なのでは?

要はですね、ドル円は、お昼から夕方くらいの時間あたりで、ドル円でなんとなく向かっていた方向とは、逆に向かうようになる可能性がけっこう高いんですよ。

これは確率論的な話ですね。

実際に、2017年6月の上旬のドル円短期チャートにおいては、無造作に抽出したチャートのうち、半分がこの法則にあてはまったわけです。

これは実際のチャートの値動きの話なので、異論はないとおもいます。

主婦FXトレーダーvsロンドン為替ディーラー

問題は、その「ロンドン勢のトレード開始によるチャート変動の方向性」が、上下どちらか、という点ですよね。

その予測を当てる方法は、果たしてどんなものなのでしょうか。

結論を書きます。

これは、正直なところ、「直近のドル円の値動きの傾向から類推する」というのが一番高確率な方法です。

つまり、泥臭くいろいろなパターンの記録をとっていくのが、結局は一番てっとり早く稼げるということですね。

実際、これはぼくもやっていますからね。

記録を自身のトレードに生かそう

肝心の、その「記録の取り方」ですが、今回は気合いを入れて書いているシリーズ記事ということで、ちょっとだけ披露しちゃいます。

たとえばこれは、曜日ごとの特徴です。

たとえば毎日の5分足チャートをただ単に記録していたんじゃ、これは能がないわけです。

そうではなく、「直近2か月の月曜日のチャート変動の傾向」とかですよね。

こういうまとめ方をしていくことで、今まで見えていなかった視点が手に入る可能性があるわけですね。

マメに記録をつけていくのが大事

もちろん、これは何の類似性も見いだせないときもかなりあります。

でも、そうやって泥臭く研究をつづけていくと、何10テーマにひとつかくらいは、かなりわかりやすい傾向があることがわかったりするんですよ。

ぜひ、この「かなりわかりやすい傾向」に巡り合うまで、この探求をつづけてみていただきたいんです。

1回でも見つかれば、その発見は、トレードにおいて相当な武器になりますからね。

ダカールから主婦FXトレーダーの方々へ

さらに突っ込んで書いておきます。

ぼくが日々考える他のカテゴライズの仕方としては、「月初月中月末」「雇用統計の日」「FOMC記者会見の日」「5・10日」などがあります。

月初月中月末、というのは、毎月の月初月中月末のドル円チャートの傾向をデータベース化しておいて、その傾向にのっとってトレードをする、ということですよね。

他、同じです。

雇用統計の日、FOMC記者会見の日、というのはそれぞれ雇用統計があるたび、FOMC記者会見があるたびにその前日・当日・翌日の傾向をデータベース化しておいて、リアルタイムで同じ材料が出てくるタイミングに生かすということです。

また、5・10日というのは、単純に5の倍数の日だけではありません。

5・10日が土日だったら、その前後も記録をとるんですよ。

祝日の場合も同じですよね。

いずれも、通常の5・10日よりも、10時前の米ドル買いが顕著になることが多いです。

これ、なんとなくどんどん書いていますが、けっこうリアルにトレードにつかえる情報を書いています。

ぜひ昼間のトレードに生かすようにしてください。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

一応、前々回、前回の記事と、今回の記事が、このシリーズ記事の核になる記事です。

ぜひ何度も見返して、日々のトレードに生かすようにしてくださいね。

次回は、ようやく最終回です。

例の、残った2つのチャートについて言及して、グランドフィナーレにしたいとおもいます。

それから、上述した「主婦FXトレーダーへの助言その3」の2つのポイントは、確率の高い値動きを想定しているんだということを、今一度自覚していただきたいです。

これはこの記事の副題にもしたことで、とても重要なことです。

記録を取り続けることで確率の高い値動きの方法と、そうではない方向、という認識の仕方ができるわけです。

どちらにしても、その結果は、ほかのトレーダーよりも一歩先を行く経験になるんですよ。

実際に「その方向」へチャートが変動したら、よりそのチャート変動のクセは信頼を寄せることができるようになるわけです。

逆に行ったら、そのときは「相場の転換点」である可能性があります。

たまにある「逆方向の動き」ではなく、まさに転換していく「その瞬間」を目撃することができたならば、あなたは他のどのトレーダーよりも先にトレンドに乗れるかもしれないわけです。

はっきり言って、こんなオイシイ話、ないですよ(^^♪

主婦FXトレーダーが稼ぐ方法|最終回!

の記事につづきます。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-FXと外国為替について

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.