自動売買

FX自動売買をはじめるにあたって初心者がまず最初にすべきこと

投稿日:2017年5月11日 更新日:

FXの自動売買って良いですよね。

自動売買って、今や本当にたくさんの人が取り組むトレード方法です。

てっとり早くFXでお金を増やす方法のひとつに、この自動売買が挙げられるというのはたしかです。

今回は、初心者がFXで自動売買をはじめるにあたって、まず最初にするべきことはいったい何なのか?ということを書きたいとおもいます。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

FXの自動売買は人気あります!

近年ではプログラムを活用したFX自動売買がかなり注目されています。

その理由は、本来は自分の手でする必要がある、チャートの分析や経済指標の確認などを、一切やらずに、EAにすべての売買を任せることで、メンタル的な負担が軽減できるからです。

この理由に勝る理由はないんですよね。

正直言うと、自動売買をすることによって劇的に利益率が良くなるということはないです。

でも、FXで自動売買ならば、結果的に同じ収益を相場から得るにしても、心的疲労が少なくてすむんですよ。

これは思いのほか大きいメリットです。

なので、ぼくは基本的に自動売買賛成派です。

こう書くとなんで今でも裁量トレードをつづけているのか?と言われてしまいそうですが、この点に関してはとりあえず他の記事に譲ることにしますね。

FX初心者の自動売買

さて、こういう理由で、FX初心者にもかなりおすすめの自動売買。

しかし、現実には、自動売買でFXに取り組む初心者の方は、いきなり安定した収益を獲得できるなんてことはまずありません。

これはいったいなぜなんでしょうか?

FX初心者が自動売買ではじめからお金をどんどん増やすことができないのは、ずばり為替の値動きの原理原則をわかっていないからです。

これに他ならないんですね。

テクニカル要因、経済指標の結果、要人の発言、政府機関の介入など、さまざまな材料でチャートは変動します。

そもそもなんですが、自動売買っていう言葉自体、ちょっと誤解を招く表現なんですよね。

自動というのは、あくまでトレードが自動ということなんです。

これ、どういう意味だとおもいます?

FX自動売買のトレードプランを決める

つまりですね、ぼくが言いたいのは、いくら自動売買と言っても、その時々における相場環境に合致したトレードプランの設定は、自身でするものだということです。

これはFX初心者の方が一番誤解しやすい点なんです。

いくら自動売買と言っても、相場環境認識とトレードの基礎条件のセッティングは自分でしなければなりません。

自動売買というくらいなのだから、自己資金をつっこんでおけば、あとはほったらかしでどんどんお金が増えていくんでしょ? と考えてしまう方がわりと多いんですね。

でも、たとえば、大きな枠組みだけ少し書けば、トレンド相場とレンジ相場というのは全く異なる相場環境になります。

trend0511

例を挙げます。

この上のチャートで考えてみれば、この場合は順張りブレイクのトレードですね。

下落トレンドの起点でエントリーするというトレードプランで「売り」から入るストラテジーです。

range0511

しかし一方、全く同じ時間の同じチャートに、もうちょっと角度のついたサポートラインを引こうものなら、このラインで折り返すというシナリオも描けるわけです。

この場合、レンジの設定でプログラミングしていれば、このサポートラインで自動で「買う」わけです。

今回は適当に通貨ペアを選んだので、わりとこのチャートには角度がついています。

故にトレンド気味に見えなくもないですが、これがもっと方向性のない相場であればどうでしょう。

その設定を、あなたは正確にすることができるでしょうか。

現に、参考までに表示しておいたんですが、移動平均線は、本当に微妙な角度ではありますが、相場が上昇基調であることを示しています。

もしトレードをするにあたって、移動平均線を重視した戦略をとるならば、この場合は「買い」から入るプランニングが正しいようにも思えるわけです。

ライン引きの設定までしてくれる自動売買ソフトもありますが、さまざまなソフトがある中で、「そのライン引きの計算をする自動売買ソフト」を購入するという判断は、やはり自分自身がしますよね?

基礎を学んでから自動売買へ

要は、自動売買をするのならば、最初は裁量トレードの基礎を理解するというステップを踏むべきだっていうことですね。

このステップをきちんと踏めば、実際に現在の自動売買ってかなり優秀です。

きちんと基礎を習得すれば、勝ち続けるFXトレーダーになることも可能だとおもうんです。

だれだって、FXの自動売買でほったらかしでどんどん稼げるようになりたいですからね。

冒頭にも言いましたが、その目標自体、ぼくは全然否定しないです。

でも、まずはトレードの基礎を学ぶべきなんだということがわかったからには、そこは、行動するべきなんですよね。

FX自動売買で稼ぐために初心者が最初にすべきこと

この記事を読んでくれている方が、FXの自動売買をはじめてみようと思っているのであれば、ぼくからひとつの提言をさせていただきます。

はっきり言って、これを入手し、学んだ後で自動売買のセッティングをすると、おもしろいほどどんどんお金が増えていきます。

それは何かというと、Dakarの手法 ですね。

これ、ぼく自身が毎日トレードをしているトレードルールを解説した、いわば虎の巻です。

FX自動売買と秘伝の書

3年で50万円を数千万円にまで膨らませた大手企業為替担当ダカールの手法、本当は「秘伝の書」のまま、ぼくは持っているつもりでした。

でも、今現在、とても多くの方に支持をいただき、まだまだ販売しつづけています。

ひょっとしたら何かのきっかけで販売することができなくなってしまうことも考えられるので、もし興味のある方はお早めに入手してくださいね。

以上、今回はFXの自動売買にスポットライトをあてて記事を書いてみました。

ご精読ありがとうございました(^^ゞ

追記1:

先日、ぼくの手法を購入していただいた方から連絡をいただきました。

そのメールの中に書いていただいたことのひとつに、「ダカールさんの手法で一番役立っているのは、相場環境の認識方法の説明です!」という内容がありました。

これ、こういう便りをいただけるほどにこのぼくの「Dakarの手法」は、相場環境認識に秀でたトレーダーになっていけるものなんだとおもうんです。

なんだか客観的な言い方ですが、なんというか、ぼくはこのメールをいただいてちょっとしみじみしてしまったので ^^) _旦~~

やっぱり最初はこの「Dakarの手法」、おすすめです。

これで、少しでもチャートの行く末をイメージする力を養っていただければ、あとはプログラムをセッティングするだけですからね。

トレードの基礎を身に着けたら、その上で、いよいよ自動売買に着手するってことです。

きちんとした相場環境認識とシナリオを構築するための実力が身についたあとであれば、本当に「ほったらかしでお金が増えていく」ようになりますよ(^^♪

追記2:

自動売買については、ぼくは副次的なスタンスとしておすすめしています。

つまり、メインのトレードはあくまで裁量であるべきということですね。

これは、自動売買をメインにすると、相場環境認識に疎い状態でどんどんトレードが自動的に遂行されていってしまうことになるからです。

同じチャート変動というものは二度とありません。

このことを踏まえると、自己資金すべてを自動売買にあずけるというのは、いくら余裕資金と言えど、危ないことなんですよ。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-自動売買

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.