スキャルピング

スキャルピングをするにあたって大事なメンタルとは?

投稿日:2017年4月27日 更新日:

さて、スキャルピングというトレード方法のように「なってしまう」話を書きたいと思います。

※この記事は 為替の値動きを信用しないならスキャルピングをしよう! の記事からのつづきです。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

積極的スキャルピング

15m

「スキャルピングをしよう」と心に決めてエントリーする場合、大抵はExitポイントの価格を明確に決めてトレードを開始するということはありません。

それはなぜかというと、Exitポイントを明確に決めることができるほど、トレードプランニングにつかうことができる時間がないからです。

スキャルピングって、超短期トレードです。

なので、トレードプランニングにそんなに時間を割いていたら、ものすごく時間効率が悪いんですね。

「スキャルピングをしよう」と決めてスキャルピングをする際の大きな特徴のひとつは、この「利確ポイントを明確に定めないまま開始することが多い」、という点です。

たとえばスイングトレードならば、テクニカル分析を用いつつ、1日~2日ほどチャートの動きを観察しながら自分のトレードプランを練り上げていくなんてことはザラです。

消極的スキャルピング

一方、スキャルピングのように「なってしまう」の方だとどうか。

そもそもスキャルピングになってしまう、というのはどういうことなのでしょうか。

これは言ってみれば、エントリーしたはいいものの、利確であろうと損切りであろうと、極短い時間でExitしてしまうトレードのことです。

Exitしてしまう最大の理由は、この先の相場展開に自信がなくなってきたからですね。

これ、非常に多くの初心者トレーダーの方がやってしまうトレードなんです。

スキャルピングとメンタル

このように、結果的に超短期のトレードになってしまうのには、メンタル的な側面がとても大きな影響を与えています。

ある程度明確なトレードプランを描いてエントリーしたはいいものの、途中で「ちょっと待てよ?」と思ってしまうんですね。

「ひょっとしたら自分はとてつもなく間違ったトレードをしているんじゃないか?」というように考えはじめてしまうんです。

これ、何の根拠もないんですよ?

チャート変動って所詮は上か下かしか選択肢がないわけです。

それなのに、自分がホールドした方向にはチャートは動いていかないんじゃないかという気持ちでいっぱいになるんですよね。

50パーセントも確率があるのに。

宝くじとスキャルピング

さて、この、スキャルピングのようになってしまっている状態についてなんですが、じつはけっこうこういう状況のトレードを続けている方って多いです。

ぼくのまわりにもわりといます。

どんなに良いトレーダーから手法を教わっても、チャート画面を目の前にすると、なぜか完全に自分の気持ちのままにEntryとExitを繰り返してしまうというパターンです。

PCのチャート画面って常に動いていますからね。

これが宝くじみたいに、当選番号の発表される期日が決まっていたらまた違うんだと思うんです。

なにをしても自分はすでに特定の番号のくじを購入しているわけですから。

当選発表日まで思考停止して過ごせるわけです。

でも、FXはそうはいきません。

上に行ったり下に行ったりするローソク足を見ていると、なんだか不安な気持ちでいっぱいになっちゃうんですよね。

スキャルピングを選ぶ億トレーダー

Second

前回の記事で、FXだけで稼いでいる億トレーダーはほんの一握りだということを書きました。

億トレーダーがFXをする場合は、スキャルピングをしようとしてトレードをすることが多いです。

スキャルピングを「しようとして」、FXをするということは、当該通貨ペアチャートの値動きに、一定の自信を持っているからです。

そうじゃなければ積極的なエントリーなど、できたものではありません。

でも、トレード方法がスキャルピングなのは、短期的な相場環境認識に自信がないからです。

どうでしょう?

ちょっとややこしくなってきましたね(*'▽')

ちなみに、この記事のタイトル、「スキャルピングをするにあたって大事なメンタルとは?」に対する答えは、上記の「積極的スキャルピング」の項の内容のような心持ちだということになります。

つまり、「スキャルピングをしよう」と決めてスキャルピングをするということですね。

あ、投入資金量は全くトレードの選択には関係ないのでそこは考えなくて大丈夫ですよ。

この話はぜひ、トレードのうまい人=億トレーダー=学ぶべきトレードスタンスを持っている人 という図式を崩さず読み進めてみてください。

把握すべきは中期の相場環境|土日にトレードプランを練る意味

の記事につづきます。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-スキャルピング

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.