政治とFX

FXとトランプ大統領|中央銀行の金融政策

投稿日:2017年4月10日 更新日:

この記事は

FXとトランプ大統領|目指せ米ドル安!

の記事のつづきです。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

米ドルの値動きを中期目線で考える

前回は、なぜ米ドル安が理想なのか?というところで終わっていましたね。

この問いかけは、トランプ大統領はなぜ米ドル安を目指すのか?という意味合いでした。

この点を考えていくと、米ドルのチャートを中期的に考えていけます。

この「FXとトランプ大統領」のシリーズ記事の論点は、この点に集約されていくとおもいますので、これはこれからますます注目のシリーズ記事です。

ドル円チャートとトランプ大統領

nkeisan

とりあえず話の焦点は、ドル円チャートです。

一応書いておきますが、チャートの動きに決定的な方向性があるという話ではないので悪しからず。

そんなことがわかればFXで誰でも億万長者になれますからね(^◇^)

ドル円チャートに限定する理由ですが、米ドルのチャートと言ってもいろいろありますし、FXは通貨ペアのチャートにおける取引です。

的をしぼって考察していくことでトレード方針もなんとなくでも見えてきやすいです。

テーマとしては日銀の金融緩和を考えていってみます。

ドル円チャートを押し上げる日銀

日銀は中期的に見ると、今まで金融緩和をしてきたことでドル円チャートを押し上げる役割を果たしてきました。

円安にしていくことは、これは決して第一義の日銀の目的ではないです。

が、結果的にドル高円安になっているという事実が歴然とあるのが今現在の状態です。

黒田バズーカという造語も流行るほどに、そのインパクトは本当に大きなものでした。

なぜ日銀は基本的なスタンスとして、金融緩和という姿勢を崩さないのでしょうか?

それは、日銀が金融緩和を続けられないならば、日本経済そのものが打撃を受けるからなんですね。

日銀の政策と日本の輸出企業

日銀という中央銀行がとる政策の恩恵を直接受ける存在は誰なんでしょうか?

これは言うまでもなく日本の輸出企業ということになります。

つまり日銀が金融緩和をしてくれるおかげで、日本の輸出企業は自社製品をより高く外国に売り込むことができるわけです。

1ドルが100円だったときに比べて、1ドルが120円になれば、1億円の売り上げが1億2,000万円になるわけですからね。

労せず2,000万円も収益がアップするわけです。

実のところ、こんなおいしい話はないわけです。

日銀本来の目的に紐づけて考えれば、設備投資などの際に必要になる銀行からの借り入れに必要になる銀行の手数料が少なくなるという点が金融緩和の本質的な部分です。

が、ここではFXをするにあたって必要な為替の知識を説明することを第一の目標にします。

FRBの利上げ

さて、では肝心のアメリカです。

アメリカは今の日本の真逆の政策をとっていますよね。

つまり利上げです。

アメリカが利上げに踏み切った目的は、「金融政策の正常化」です。

FRBがなぜこの「正常化」という表現にこだわるのかという点も、じつはいろいろな話があるのですが、ここでは先を急ぎましょう。

ドル円チャートを押し上げるFRB

trump4

つまりはアメリカはリーマンショック前の水準まで経済が復活してきていて、いわゆる「好景気」の状態になってきたということなんですね。

少なくともFRBはそう判断したわけです。

それ故の利上げへの踏切りですから。

利上げの判断は当該国通貨の価値を高めます。

これは通貨経済学の基本ルールと言ってもいいですね。

もっとわかりやすく言えば、FRBの利上げの判断によって、米ドルはより買われるようになったんですよ。

次の記事はこちらです👇

FXとトランプ大統領|輸出企業に有利な通貨安

画像引用元:
https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc
http://www.nbcnews.com/politics/2016-election/

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-政治とFX
-, , ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.